今週のおすすめマンガ「マイクロ」を50%OFFで読む!

【呪術廻戦】加茂憲紀(かものりとし)について考察

今回は【呪術廻戦】加茂憲紀(かものりとし)について考察してみたいと思います。

偽夏油の中身も加茂憲倫ですが、違う人物なので間違えないようにしないといけませんね(笑)

加茂家に生まれた加茂憲紀は相当の呪術の使い手で、同じ名前である加茂憲倫を恨んでいました。

この中では私の個人的な考察を含みますので、ご了承ください。

では【呪術廻戦】加茂憲紀(かものりとし)について考察について考察!についてみていきましょう。

五条悟の人気記事一覧

あわせて読みたい
【呪術廻戦】五条悟の過去とは?伏黒甚爾との戦い! 今回は【【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の過去を紹介考察!してみたいと思います。 五条悟にも学生時代があり、親友は当時生きていた本物の夏油です。そして五条は...
あわせて読みたい
【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の技を紹介!チート級の能力がかなりヤバイ! 今回は【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の技を紹介してみたいと思います。 呪術師最強とされる五条悟。 その五条のチート級の能力や技や領域展開についてご紹介した...
あわせて読みたい
【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の目や素顔について考察!アニメ化で分かった全貌! 今回は【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の目や素顔について考察!!してみたいと思います。 五条悟は普段は目を隠していますが、素顔はどんな顔をしているのでしょう...
あわせて読みたい
【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の復活はいつになる?その方法や展開を考察してみた! 今回は【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の復活はいつ!?について考察!してみたいと思います。 獄門彊に閉じ込められた五条ですが、現在も封印されたままです。今は...
あわせて読みたい
【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)が封印された理由と獄門彊(ごくもんきょう)について考察! 今回は【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)が封印された理由と封印に使われた獄門彊(ごくもんきょう)について考察!してみたいと思います。 アニメスタートから爆発的人...
あわせて読みたい
五条悟の名言集!12選を激選!あの名言を今一度聞いてみよう! 今回は【呪術廻戦】五条悟の名言集!12選を激選!あの名言を今一度聞いてみよう!について紹介したいと思います。 この中では私の考察を含みますのでご了承ください。 ...

スポンサーリンク

目次

加茂憲紀とは

呪術廻戦】 加茂憲紀とは?術式・赤血操術|御三家としての強さ・技について - 漫画考察エンタメ人生
引用元:https://images.app.goo.gl/D1YHfbttmSujZJ2A7

自分の血液と血液がついた物を自在に操れる【赤血操術】

長い黒髪を持ち、いつも和服を着用している加茂憲紀。

呪術高専京都校3年生で、1級呪術師でもあります。

御三家のひとつである加茂家の出身で、実際は側室の子供です。正室が加茂家相伝の術式を継いだ男児を産めなかったため、術式を継いでいた加茂を、6歳の時に本家に迎えいれたのです。

実の母親は加茂家内で「穢れた側室」として虐げられ、加茂が幼い時に家を追われています。

そんな壮絶な状況にあっても、最後まで自身を案じ続けてくれた母親への強い思いが、彼の原動力となっています。

加茂は、自身の血とそれが付着したものを操る、加茂家相伝の「赤血操術」を駆使して戦っています。

しかし毎回大量の血を流していては戦闘もままならないため、事前に摂っておいた自身の血を血流パックにして常備しています。

メカ丸曰く、「赤血操術は加茂家相伝の術式のひとるとして重宝されている その理由は近・中・遠距離全てに対応できるバランス力だ」

その「赤血操術」は血中成分を操り、ドーピングを施すことによって、自身の身体能力を向上させる効果があります。

それに加えて、血を付着させた矢尻によって、物理法則を逸脱した動きを実現することが可能であり、非常に凡庸性の高い術式であるといえます。

敵対している術師に留めを刺す際に、呪力を伴った攻撃で殺したり、狗巻家相伝「呪言」へ即座に対応するなど、術師としての才能と、冷静沈着さを併せ持つ加茂。

京都姉妹交流会で伏黒と対戦した際は、熱くなり「私は 負けるわけに尾はいかないのだ」と声を荒げる場面も見受けられました。

加茂家相伝の術式「赤血操術」

赤鱗躍動 (せきりんやくどう)

引用元:https://mojinoblog.com/wp-content/uploads/2020/11/sekiriyakudou.bmp

自身の血流を操作することで、一時的に身体能力を向上させる技です。

赤縛 (せきばく)

引用元:https://mojinoblog.com/wp-content/uploads/2020/11/sekibaku.bmp

血液パックの血液を開封し、網状にして相手を拘束する技です。

苅祓 (かりばらい)

引用元:https://mojinoblog.com/wp-content/uploads/2020/11/karibarai.bmp

血液パックの血液を使って、飛び道具のように相手に投げつけて攻撃する技です。

百歛 穿血 (びゃくれん せんけつ)

引用元:https://mojinoblog.com/wp-content/uploads/2020/11/byakuren.bmp

血液を両手で挟み、圧縮した血液を一気に放出して攻撃する技です。
(作中の描写だと、赤血操術の中で最も攻撃力が高く見えます。)

「御三家の汚点」加茂憲倫(かものりとし)と読みが同じなのはなぜ?

呪術廻戦】加茂憲倫(かものりとし)とは?衝撃の正体・呪胎九相図との関係 - 漫画考察エンタメ人生
引用元:https://images.app.goo.gl/1NHKJuSr5NQFTNWX7

呪術界の歴史には「史上最悪の術師として名を残す御三家の汚点」として「加茂憲倫(かものりとし)」という術師が存在したことが明らかになっています。

これまで紹介してきた加茂は「憲紀」という漢字になりますので字は違いますが、読み方は全く同じになっています。

嫌がらせによる命名

元々側室の子として生まれた彼は、本来であれば、むしろ虐げられる立場の子だったはずなので、「御三家の汚点」である加茂憲倫と同じ読みと名前をつけられた。
しかし、正室が加茂家相伝の術式を継いだ男児を産めなかったため、急遽彼が本家に迎えられてしまった。

簡単に言うと、「嫌がらせで名前をつけたら、不足の事態で次期当主候補になってしまった」ということですね。

次期当主につける名前が「のりとし」なだけ

「ただ単に次期当主の名前は代々「のりとし」という読みにしているだけ」

というのもありえますよね。何か由緒正しき家系とかだとこんなことをしているイメージがあります。

側室として生まれたときは実は違う名前で、本家に迎えられたタイミングで「憲紀」になったとかであれば一応筋は通りますよね。

同じ名前なのは伏線?

上記2つの理由だと伏線とは言えないため、単行本の説明ページとかで補足すれば済んでしまう話なんですよね。

その説明が今までされていないと言うことは、これは芥見先生が仕組んでいる「伏線」である可能性も十分あります。

まとめ:【呪術廻戦】加茂憲紀(かものりとし)について考察

今回は【呪術廻戦】加茂憲紀(かものりとし)について考察してみました。

呪術廻戦 京都校の3年生、赤血操術の使い手にして加茂家次期当主「加茂憲紀」について紹介しました。

個人の思いよりも加茂家当主としての思いを優先させているが、虎杖と会話したことで心境に変化が生まれたように見えますね。

最後まで御愛読ありがとうございました。

呪術廻戦コミックネタバレ一覧

0巻 1巻 2巻 3巻
4巻 5巻 6巻 7巻
8巻 9巻 10巻 11巻
12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻

「呪術廻戦」が読めるおすすめアプリ

\累計6,000万部突破/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次