【呪術廻戦】五条悟の過去とは?伏黒甚爾との戦い!

呪術廻戦コミック

今回は【【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の過去を紹介考察!してみたいと思います。

五条悟にも学生時代があり、親友は当時生きていた本物の夏油です。そして五条は一度死にかけています。

この中では私の個人的な考察を含みますので、ご了承ください。

では【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の過去を紹介考察!についてみていきましょう。

\コミックシーモア/
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
初回50%OFFクーポン付き

五条悟の過去

呪術廻戦】五条悟と夏油傑の関係や過去をネタバレ!親友への最期の言葉とは……? | マンガアニメをオタクが語る――ドラマ化や映画化への感想・ネタバレサイト
引用元:https://images.app.goo.gl/gh79kefmLddiCGV88

呪術界の要:天元の依頼で五条と夏油が戦場へ赴くという過去があります。コミックス9巻に収録されてますので、是非読んでみて下さい。

星漿体・天内理子を天元の元まで護衛

呪術廻戦】天内理子がかわいいけど悲しき天元の器?本心や結末などを詳しく紹介! | コミックキャラバン
引用元:https://images.app.goo.gl/nt1AaDZi33Vybb2R8

第65話から始まった懐玉編では、最強の呪術師・五条やその親友・夏油の学生時代が描かれました。

呪術高専の2年生として、呪霊を祓う日々を過ごしていた五条と夏油。学生ながら最強クラスの呪術師として名を馳せていましたが、そんな二人に新たな任務が降りました。

それは不死の術式を持つ呪術界の要・天元から直々に依頼されたものでした。

天元は高度な結界術の使い手であり、補助監督が使用している帳の強度を増したり、結界術によって高専の呪物などを守っている、呪術界にとってなくてはならない存在です。

ただ協力すぎる力の反動なのか、ある程度歳をとってしまうとじゅつしきが勝手に肉体を作り変え、人ではなくなり意志のない高次存在へと進化してしまうのです。

その場合、呪術師が天元の補助を受けられなくなるのはもちろんのこと、最悪の場合は天元が人類の敵になってしまう可能性もあるというのです。

このような状況に陥らないために、天元は500年に一度「星漿体」と呼ばれる自身と適合する人間と同化し、肉体の情報を書き換える必要があります。

そして五条と夏油に下った任務は、現代の星漿体・天内理子を、同化当日まで護衛することでした。

さまざまな勢力が天内を狙い襲撃!

星漿体の少女を狙ってきたのは、大きく分けると呪詛師集団「Q]と宗教団体・盤星教「時の器の会」の2つです・

「Q」は天元を暴走させることによって、現在の呪術界を転覆させようと目論んでいる勢力であり、「時の器の会」は天元を妄信的に崇拝しえいるある種のカルト教団といったところでしょうか。

さらに盤星教から少女の暗殺を請け負った伏黒甚爾や他の呪詛師など、次から次へと襲ってくる刺客に五条たちの精神は擦り減り疲弊していきます。

式神使いの呪詛師は、呪霊操術の使い手である夏油が対応。夏油は金銭戦闘が不得意なように振る舞い、敵が踏みこんできたところで掌底での強烈なカウンターを繰り出し撃退。

途中、天内の付き人である黒井が誘拐されてしまうアクシデントこそありましたが、五条と夏油の活躍で決められた時間までに天内を安全地帯である高専の結界内へと送り届けることに成功します。

高専結界内で五条と伏黒甚爾が激突

呪術廻戦】9巻の発売日とネタバレ|最新巻|呪術廻戦のネタバレ考察
引用元:https://images.app.goo.gl/jtGVjJNFTLFcgbLL9

高専結界内の内側へとたどり着き、安堵の表情を見せていた五条たち・・・。

しかしここで、他の呪詛師を利用しながら暗殺のチャンスをうかがっていた伏黒甚爾が牙を剥きます。

五条に悟られることなく背後へと回り込んだ伏黒甚爾は、五条の腹部へと刀を刺すことに成功。

さらに大量の蠅頭を呼び出し、戦闘機のチャフのように使役することで五条の六眼の精度を落とし、特級呪具「天逆鉾」で喉を貫きました。

一方、夏油は天内を連れて高専の最下層にある薨星宮の目前へと辿り着いていました。

中に入ってしまえば、天内は天元と同化し自我を失うことになります。中学2年生という若さにして、死同円の状態になってしまう・・・。

そんな過酷な未来が待ち受けている彼女に、夏油は「それか引き返して黒井さんと一緒に家に帰ろう」(第72話)と、彼女自身の人生を歩む道を示します。

どんな選択をしえも自分や五条が君を守る。

そんな夏油の熱い言葉に天内は涙っし、引き返そうとしますが、追ってきた伏黒甚爾の手にかかり帰らぬ人となってしまいました。

五条が新たに身に着けた反転術式とは?

伏黒甚爾はそのまま天内の遺体を盤星教の元へ持ち帰り、多額の報酬を得ます。

しかし、そこに殺したはずの五条が現れます。五条は負の力同士を掛け合わせて正のエネルギーを生み出す反転術式を身に着け、生死の狭間から蘇っていたのです。

五条は新たに身に着けた反転術式を縦横無尽に操り、一度は破れ去った伏黒甚爾を圧倒します。

反転術式によって生まれた正のエネルギーを自らに刻まれた無下限の術式に流し込む。

さらに五条は、五条家の中でもごく一部にしか知られていない順転と反転の複合術式を繰り出し、伏黒甚爾にとどめを刺しました。

こうして五条が伏黒甚爾を討ちとったものの、天内の伍英という任務は失敗に終わりました。

そして天元の星漿体としてではなく、か弱い少女を死なせてしまったという事実は、五条と夏油の未来に深い影を落とすことになるのです。

\コミックシーモア/
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
初回50%OFFクーポン付き

まとめ:【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の過去を紹介考察

 

今回は【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の過去を紹介考察してみました。

五条と夏油の道が分かれたのはここからです。夏油の過去は別途記載してありますので、是非読んでみて下さい。

五条は一度死んでいるといっても過言ではありませんし、それを成し遂げた伏黒甚爾も一度死んでいます。

この意味はまた伏黒甚爾についてお話する機会があればと思います。

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました