【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の技を紹介!チート級の能力がかなりヤバイ!

呪術廻戦コミック

今回は【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の技を紹介してみたいと思います。

呪術師最強とされる五条悟。

その五条のチート級の能力や技や領域展開についてご紹介したいと思います。

この中では私の個人的な考察を含みますので、ご了承ください。

では【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の技を紹介についてみていきましょう。

関連 【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の復活はいつになる?その方法や展開を考察してみた!

五条悟の呪術とは?

呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)のプロフィール・術式まとめ|呪術廻戦図書室 | 呪術廻戦 五条, 呪術, 五条

無下限呪術

本来、『無下限呪術』は脳に大きな負担がかかる術式のため、常時使い続ければ、脳が焼き切れてしまうのですが、六眼による呪力の微細なコントロールができる悟は、反転術式によって脳を回復し続けることができるため、常時『無下限呪術』を発動することができます。

五条家相伝の術式のため、先代の築いた術式情報が残っており、相伝者は取扱説明書が手元にあるので使用方法に困ることはありません。

また、御三家にはその術式情報が知れ渡っている状態。ただし、五条が自分で編み出した虚式「茈」は、五条家の中でも一部しか知りません。

六眼

『六眼』という初見の術式情報を視認できるばかりか、無下限呪術を操作できるレアな目の持ち主。その特殊性は、術式情報の視認や綿密な呪力操作にあります。

優れた呪力操作と体術

『無下限呪術』と『六眼』だけでも十分に強力な能力を持っている悟だが、基礎的な呪力操作と体術も優れています。

渋谷事変では、特級呪霊3体(漏瑚、花御、脹相)を相手に、己の強みである無下限呪術を自ら解き、近接戦闘だけでも渡り合うほどです。

術式順転「蒼」

呪術廻戦 五条悟 術式(能力)無下限呪術 まとめ | 呪術廻戦考察部屋

無下限呪術の『収束』という特徴を強化した技で、ヒトやモノを強引に吸い込むことが可能です。

また、応用することで超高速移動を可能としており、漏湖戦では一瞬で悠仁を連れてきました。

術式反転「赫」

呪術廻戦】五条の術式順転、赤青とかよくわからん : ねいろ速報さん

無下限呪術の『収束』を反転させ、無限を発散させる技で、触れた対象を遥か遠くに吹き飛ばすことが可能です。

虚式「茈」

呪術廻戦】第75話ネタバレあらすじ感想|五条覚醒!?無下限呪術虚式「茈」発動!!|「ジャンプ」マンガ好き.COM

蒼の順転と赫の反転を衝突させ、仮想の質量を押し出す技。言うならば、赫の上位互換です。

その威力は凄まじく、特級呪霊・花御を地面まるごと吹き飛ばし、広範囲過ぎて生死を確認できなかったほど。

一度は悟を倒した超人・伏黒甚爾を倒したのもこの技です。

領域展開「無量空処」

呪術廻戦】五条悟とは?能力や人物像、名言まとめてみた | ぴょるろぐ。

人差し指と中指を交差させた印を結ぶことで発動する悟の領域展開。

無下限の内側に敵を引き込み、生きるのに必要な”知覚”と”伝達”という行為に無限回の作業を強制することで、敵はいつまでも情報が完結しない状態になり、故に何もできなくなります。

一番最初にこの領域展開を使用したのが、アニメでいうと「急襲」での漏瑚との戦いです。

この時は虎杖に領域展開を教えるために、連れてきました。

まとめ:【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の技を紹介

今回は【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の技を紹介しえみました。

さすがは最強術師、生き物の格が違うという虎杖の表現は正しいと思います。

五条が技を使うシーンはアニメではまだ少ないと思いますが、それが映像化された時はまた、素晴らしくかっこよく描かれるんでしょうね。

今から楽しみです。

そんな五条すら封印してしまう獄門彊も恐ろしい特級呪物ですね・・・。

最後まで御愛読ありがとうございました。

少年ジャンプ公式サイトはこちら

関連記事 【呪術廻戦】五条悟(ごじょうさとる)の目や素顔について考察!アニメ化で分かった全貌!

コメント

タイトルとURLをコピーしました