コミックシーモアで『呪術廻戦』を70%で読む!

【呪術廻戦】西宮桃(にしみやもも)について考察

今回は【呪術廻戦】西宮桃(にしみやもも)について考察してみたいと思います。

箒にのり魔女のような姿ですが、空からの策敵に長けているのが長所ですよね。

真衣の事が大好きなのも西宮だからこそ分かる真衣の長所や努力が分かるからなのではないでしょうか。

あまり登場回数が多いわけではありませんが、渋谷事変でもまだ生き残っています。

では【呪術廻戦】西宮桃(にしみやもも)についてみていきましょう。

呪術廻戦コミックネタバレ一覧

0巻 1巻 2巻 3巻
4巻 5巻 6巻 7巻
8巻 9巻 10巻 11巻
12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻
目次

西宮 桃(にしみやもも)とは

呪術廻戦】忘れられない名言まとめ!言葉に個性が凝縮している?名言から伝わる信念とは? | 漫画ネタバレ感想ブログ
引用元:https://images.app.goo.gl/rPjsNTGtpyAezfzc7

愛用の竹箒を使って魔女のように術を繰り出す

ツインテールが特徴の呪術高専京都校の3年生。

箒を自在に操り、空を飛ぶさまは「魔女の宅急便」のキキを彷彿させます。

京都姉妹交流会では、上陸からの策敵や情報伝達、怪我人の運搬など、多方向で活躍していました。

同学年の真衣とと三輪とは仲が良く、一緒に出かけることもしばしば。

西宮は特に真衣のことを慕っており、真衣を侮辱する人には容赦しません。

「女の呪術師が求められるのは、”実力”じゃないの”完璧”なの そして真衣ちゃんはそれ以上の”理不尽”と戦ってるの」

という、彼女の言葉から、禪院家でのしがらみに耐えつつ、その中であがく真衣を、敬愛しつつも心配していることが分かります。

西宮の術式は、愛用の箒を使用します。箒にまたがって自由自在に飛びまわることはもちろん、手元から話した状態での遠隔操作によって相手にダメージを与えることもできます。

釘崎はこの遠隔操作によって”ご尊顔”にダメージを負いました。

また人1人うを浮かせるほどの風を放つこともでき、遠距離からの攻撃も可能です。

他の呪術師と比較すると、西宮の術の攻撃力や防御力が高いとは言い切れません。

しかし、箒術が生み出す自由な空間移動は大きな強みでしょう。

また、箒の後ろにはもう1人乗せることが可能なため、仲間のサポートとう面では非常に有用な人物です。

西宮桃の性格は?

西宮桃は“女の呪術師が求められるのは、実力じゃないの。完璧なの”と語っています。彼女がこのように語るのは、なぜなのでしょうか。

西宮は気が強い性格で、2級呪術師の階級を持つ実力もあります。そのうえで彼女は見た目のかわいさにも気を使ったり、小柄なことで舐められないようにピアスをつけたりしていました。

女は実力があってもかわいくなければ舐められ、またかわいくても実力がなければ舐められるという考えを持つ西宮。呪術師としての実力だけでなく、女性としての魅力も“女性呪術師に必要”とする考えが「完璧」という言葉につながっています。

三輪霞とも仲良し

西宮桃は呪術師界でエリート家系生まれの禪院真依と仲良し。西宮は真依のことを“真依ちゃん”と呼び、真依は西宮のことを“桃”と呼び捨てにしています。学年で言うと西宮の方が上ですが、これは2人の関係性によります。

西宮は真依が禪院家で“落ちこぼれ”と呼ばれ辛い立場にあるなか、それでも呪術師として高みをめざしていることを知っています。西宮はそんな真依を敬愛しており、彼女を悪く言う者は許せません。

また西宮は同じく京都校2年の三輪霞とも仲良しです。真依とともに三輪にイタズラをしている描写もありました。西宮と真依・三輪はふざけあえるほどの絆があるということです。

さらに西宮はメカ丸死亡により三輪が泣いたことで、“かわいい後輩を泣かした奴をブチ殺す”と発言。きつい性格の中にも、後輩を想う優しさを持っています。

西宮桃の強さ・術式

西宮桃の術式は、呪力の風で箒を自在に操るというもの。風の強さは人を浮かせられるほどです。空からの索敵能力が高く、攻撃力は低め。

しかし、風で人を浮かせられるので、けが人の運搬なども得意としています。そのため、西宮はどちらかと言えばサポートに向いていると言えます。

術式自体に直接の攻撃力はありませんが、箒を遠隔操作して攻撃するなど遠距離攻撃向き。とはいえ攻撃力の面で見ると、他の生徒よりは一歩劣る印象です。

領域展開が使えるかは2021年1月時点では不明です。今後西宮が領域展開を披露する可能性は低く、そもそも使えないと予想。理由はサポート要員という要素が強いためです。

交流戦の野球に参加!ほうきに乗って外野で活躍

呪術廻戦】 西宮桃とは?術式・領域展開|二級術師としての強さ・女性観について - 漫画考察エンタメ人生
引用元:https://images.app.goo.gl/msSogb6urJQtcZpb7

交流戦1日目の途中、敵組織の乱入を受け人が亡くなっています。無事解決には至りますが、交流戦2日目の対決内容を変更し、五条案の野球対決となりました。

西宮も京都校チームの1番外野手として参加しています。 外野手は人数不足のため、1人だけ呪術の使用OK。

西宮は東京校禪院真希の打ったホームランボールを箒にまたがり、かなりの高さのところでキャッチして1回裏をなんとか無失点で切り抜けました。

また京都校が攻撃の回で、東堂が顔面にデッドボールを受けています。

その際には他の京都校生徒らと共に西宮が、相手ピッチャーの真希に“ナイッピー”と声をかける場面も描かれています。

まとめ:【呪術廻戦】西宮桃(にしみやもも)について考察

今回は【呪術廻戦】西宮桃(にしみやもも)について考察してみました。

魔女の宅急便がモデルでしょうね!

呪術廻戦は沢山の作品をオマージュしていますよね。そのうちの一つではないかと思われます。

西宮は強い!とはいえませんが、死ぬ確率は低いように感じます。前線タイプではなく、サポートタイプなのもありますが、狙われるという点では薄いかな?と感じました。

最後まで御愛読ありがとうございました。

呪術廻戦コミックネタバレ一覧

0巻 1巻 2巻 3巻
4巻 5巻 6巻 7巻
8巻 9巻 10巻 11巻
12巻 13巻 14巻 15巻
16巻 17巻 18巻 19巻

呪術廻戦を6冊半額で読む方法

ebookjapanで6冊半額で読む手順

ebookjapanにいく
②呪術廻戦の読みたい巻を選ぶ
③「購入へ進む」をクリック
④Yahoo!アカウントでログイン
⑤電子書籍で読み始める

\6冊半額クーポンがもらえる!/

「呪術廻戦」が読めるおすすめアプリ

\累計6,000万部突破/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる