抹茶パフェアイスバー

9月29日以降がお得!
マツコの知らない世界で放送決定
1,000円引き

詳細はこちら

世界のアソビ大全51ボードゲームその2【徹底解説】

世界のアソビ大全51

世界中の51の遊びが詰まったゲーム「世界のアソビ大全51」。

あなたも興味津々でしょう。

今回は、世界のアソビ大全51収録ゲームを紹介します。

今回は

・コネクトフォー

・ヒット&ブロー
・ナインメンズモリス

・ヘックス

・チェッカー

を紹介します。

Amazon・楽天・Yahoo!で世界のアソビ大全51購入を検討されている方は下記リンクより購入が可能です。

ゲームの詳しいルールはこちらで解説いたします。※リンクをクリックすると詳細解説記事に移動します。

記事一覧解説ゲーム名
ボードゲーム編その1・マンカラ
・ドット&ボックス
・ヨット
ボードゲーム編その2・コネクトフォー
・ヒット&ブロー
・ナインメンズモリス
・ヘックス
・チェッカー
ボードゲーム編その3・ウサギと猟犬
・五目ならべ
・ドミノ
ボードゲーム編その4・チャイニーズチェッカー
・ルドー
・バックギャモン
駆け引きゲームリバーシ
・チェス
・将棋
・5五将棋
・花札
・麻雀
カードゲーム編その1・ラストカード
・ブラックジャック
テキサスポーカー
大富豪
7ならべ
カードゲーム編その2スピード
・神経衰弱
・戦争
・たこ焼き
・ぶたのしっぽ
スポーツゲーム編その1・ゴルフ
・ビリヤード
・ボウリング
・ダーツ
キャロム
スポーツゲーム編その2トイテニス
・トイサッカー
・トイカーリング
・トイボクシング
・トイベースボール
スポーツゲーム編その3

・エアホッケー
・スロットカー
・フィッシング

バラエティゲーム編・VSタンク
・協力タンク
・的あて
・6ボールパズル
1人ゲーム編スライドパズル
・麻雀ソリティア
・クロンダイク
・スパイダー
ルドー・恐ろしいゲーム

重力付き四目並べとも!その4:コネクトフォー

コネクトフォーは重力付き四目並べとも言われます。

遊び方

横方向に7マス×縦方向に6マスの、縦の盤があります。

上からコマを落とし、縦横斜めどこでもいいから4つ並べた方が勝利。

普通の五目ならべとは違い、石を上から落としていきます。

頭を使う推理ゲーム!その5:ヒット&ブロー

ヒット&ブローは推理ゲーム。

コマ4つの色とその順番を当てるゲームです。

遊び方

まずは、適当にコマを置いてみましょう。

例えば「」と置いたとします。

世界のアソビ大全51のヒット&ブローでは、上部分に2×2の4マスの穴があって、どれだけ正解しているかを教えてくれます。

赤が1つあれば、色も場所も正解の場所が1つあることを指します。

白1つあれば、色は正解だけど場所が違うコマが1つあります。

ここでは、赤2つ出てきました。

緑と青が正解であると仮定し、「」と置いていきます。

すると赤2つ白2つ付きました。

緑と青は正解で、黄と白の場所が逆のようです。

」と置き、正解。

といった流れで推理していくゲーム。

世界のアソビ大全51では

対戦型ゲームではないですが、世界のアソビ大全51ではあなた→COM→あなた・・・と言った順にコマの組み合わせを推理します。

また、答えの同色の有り無しを設定できます。

同色無しだと、答えはすべて違う色になり、同色有りだと答えに同じ色が2つ以上入ることがあります。

ローマ帝国時代のゲーム!その6:ナインメンズモリス

画像のような盤面にコマを置いていくゲーム。

3つ並べば、相手のコマを1つ選んで消せます。

遊び方

まずは、9つあるコマを自分と相手交互に置いていきます。

途中で3つ並べば、相手のコマを1つ消せます。

9つのコマ全て起き終わったら、次はコマを動かしていきます。

コマを動かせるのは、線で繋がっているマスだけです。

コマが残り3つになれば、空いているマスどこへでもコマを動かせます(これをフライングと言う)。

相手のコマを2つにまで消せば勝利。

デンマークの数学者発案のゲーム!その7:ヘックス

ヘックスは、六角形型のコマをマスに置いていく遊びです。

盤面は画像のようなものを使います。

遊び方

画像を見てもらえればわかりますが、四角形型の盤面の対辺が同じ色です。

自分のコマと同じ色の2辺を、コマでつないでいけば勝利。

ルールは非常にシンプルですが、相手の動きを読んで先回りしなければいけない、奥深いゲームです。

初心者には少々勝ちづらいゲームですが、Youtubeの攻略動画がありましたのでそちらをご覧ください。

将棋やチェスに似た遊び方!その8:チェッカー

チェッカーは、将棋やチェスのようにコマを進めていく遊びです。

コマは1種類しかありませんが、12個のコマが用意されています。

遊び方

画像のようなチェック模様の盤を使います。

自分のコマと相手のコマを12個ずつ置かれます。

世界のアソビ大全51の場合、画像で言えば「黒の部分、手前3列」の12マス。

コマは斜め方向に1マスしか進めません。

画像で言えば、コマは黒マスの部分の斜め前1マスにしか動けないですね。

斜め前に相手のコマがあって、その後ろにコマがない場合。

こうなると、相手のコマを飛び越えられる上、飛び越えた相手のコマは消せます。

飛び越えた先に消せるコマがあると、さらに飛び越えて消せます。

消せるコマがある場合、必ずコマを消さなければならないルールがあります。

コマが一番奥(自分から見て)まで到達すると「キング」になり、以降は斜め前に加えて斜め後ろにも動けます。

コマが全部なくなるか、動けなくなった方が敗北。

二人零和有限確定完全情報ゲーム

チェッカーは「二人零和有限確定完全情報ゲーム」に属します。

・・・と聞かれても、何のことだかわかりませんよね。

二人零和有限確定完全情報ゲームをざっくりと解説すると、運の要素が一切なく、相手や自分や全体の戦況が両方に公開されるゲームです。

すごろくは戦況が公開されていますが、どうなるか分からないサイコロを振ります。

運の要素が強いですよね。

じゃんけんは自分で出す手を選べますが、相手がどの手を出すかわからないです。

相手の情報や戦況が公開されないですよね。

その点チェッカーは、どう進むか自分で決められ、ゲームのすべての情報が公開されます。

これを二人零和有限確定完全情報ゲームと言います。

二人零和有限確定完全情報ゲームには、将棋・チェスの他、マンカラも該当します。

見出しにあった「将棋やチェスに似た遊び方」とは、将棋やチェスと同じ系統のゲームという意味なのです。

まとめ

世界のアソビ大全51の収録ゲームはいかがでしたか。

・コネクトフォー:四目並べ。駒は上から落とされる。

・ヒット&ブロー:コマの色とその順番を当てる推理ゲーム。
・ナインメンズモリス:自分のコマを3つ揃えて相手のコマを1つ消す。

・ヘックス:自分のコマで対辺を繋いでいくゲーム。

・チェッカー:将棋やチェスに似た遊び。相手のコマを飛び越えて消す。

今回解説したゲームも聞き馴染みのないゲームだと思いますが、どれも遊んでみれば面白いですよ。

ゲームの詳しいルールはこちらで解説いたします。※リンクをクリックすると詳細解説記事に移動します。

記事一覧解説ゲーム名
ボードゲーム編その1・マンカラ
・ドット&ボックス
・ヨット
ボードゲーム編その2・コネクトフォー
・ヒット&ブロー
・ナインメンズモリス
・ヘックス
・チェッカー
ボードゲーム編その3・ウサギと猟犬
・五目ならべ
・ドミノ
ボードゲーム編その4・チャイニーズチェッカー
・ルドー
・バックギャモン
駆け引きゲームリバーシ
・チェス
・将棋
・5五将棋
・花札
・麻雀
カードゲーム編その1・ラストカード
・ブラックジャック
テキサスポーカー
大富豪
7ならべ
カードゲーム編その2スピード
・神経衰弱
・戦争
・たこ焼き
・ぶたのしっぽ
スポーツゲーム編その1・ゴルフ
・ビリヤード
・ボウリング
・ダーツ
キャロム
スポーツゲーム編その2トイテニス
・トイサッカー
・トイカーリング
・トイボクシング
・トイベースボール
スポーツゲーム編その3

・エアホッケー
・スロットカー
・フィッシング

バラエティゲーム編・VSタンク
・協力タンク
・的あて
・6ボールパズル
1人ゲーム編スライドパズル
・麻雀ソリティア
・クロンダイク
・スパイダー
ルドー・恐ろしいゲーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました