抹茶パフェアイスバー

9月29日以降がお得!
マツコの知らない世界で放送決定
1,000円引き

詳細はこちら

【カードゲームその1】世界のアソビ大全51【徹底解説】

世界のアソビ大全51

世界で遊ばれているゲームを51種類集めた「世界のアソビ大全51」。

メジャーなゲームからマイナーなゲームまで様々ですが、どれも遊べば面白いゲーム。

どんなゲームが入っているか気になりますよね。

今回は、世界のアソビ大全51の収録ゲームを解説します。

この記事では

・ラストカード
・ブラックジャック
テキサスポーカー
大富豪
7ならべ

の5つを紹介しています。

Amazon・楽天・Yahoo!で世界のアソビ大全51を購入される方は下記リンクより購入が可能です。

ゲームの詳しいルールはこちらで解説いたします。※リンクをクリックすると詳細解説記事に移動します。

記事一覧解説ゲーム名
ボードゲーム編その1・マンカラ
・ドット&ボックス
・ヨット
ボードゲーム編その2・コネクトフォー
・ヒット&ブロー
・ナインメンズモリス
・ヘックス
・チェッカー
ボードゲーム編その3・ウサギと猟犬
・五目ならべ
・ドミノ
ボードゲーム編その4・チャイニーズチェッカー
・ルドー
・バックギャモン
駆け引きゲームリバーシ
・チェス
・将棋
・5五将棋
・花札
・麻雀
カードゲーム編その1・ラストカード
・ブラックジャック
テキサスポーカー
大富豪
7ならべ
カードゲーム編その2スピード
・神経衰弱
・戦争
・たこ焼き
・ぶたのしっぽ
スポーツゲーム編その1・ゴルフ
・ビリヤード
・ボウリング
・ダーツ
キャロム
スポーツゲーム編その2トイテニス
・トイサッカー
・トイカーリング
・トイボクシング
・トイベースボール
スポーツゲーム編その3

・エアホッケー
・スロットカー
・フィッシング

バラエティゲーム編・VSタンク
・協力タンク
・的あて
・6ボールパズル
1人ゲーム編スライドパズル
・麻雀ソリティア
・クロンダイク
・スパイダー
ルドー・恐ろしいゲーム

UNOに似ているけど違う!その21:ラストカード

UNOや大富豪に似ています。

自分の手札をいち早く使い切ったプレイヤーが勝利というゲーム。

特にUNOとは酷似しており、親しんでいる人には遊びやすいです。

カードの種類

大きく分けると「数字カード」と「特別カード」の2種類。

そしてすべてのカードに4色のカードが存在します。

赤(ハート)・青(スペード)・オレンジ(ダイヤ)・水色(クローバー)。

数字カードは1~9まであります。

数字カードの場合、「同じ色のカード」か「同じ数字のカード」を出せます。

青の4だったら、青色のカードか4のカード。

特別カードには

  • スキップ:次の人の手番をスキップする
  • リバース:順番を逆にする
  • ドロー2:次の人に2枚カードを引かせ、さらに手札のカードを出させない
  • ドロー3:次の人は3枚カードを引かせ、さらに手札のカードを出させない
  • カラーチェンジ:出せるカードの色を変えられる

の5種類あります。

スキップ・リターン・ドロー2・ドロー3は、「同じ色」か「同じカード」なら出せます。

カラーチェンジだけは色の概念がないので、色に関係なくいつでも出せます。

遊び方

出せるカードを出していき、手札残り1枚になれば「ラストカード」を宣言。

宣言を忘れると、ペナルティとして5枚カードをひかなければなりません。

最後の1枚が特別カードでも大丈夫。

最後の1枚がカラーチェンジなら、無条件であがれます。

世界のアソビ大全51では

「誰かが上がればゲーム終了」にするか、「3人が上がってゲーム終了」にするかを選べます。

21を目指すゲーム!その22:ブラックジャック

カードの数字合計を21に近づけるゲーム。

世界のアソビ大全51では、チップの数で勝負。

遊び方

最初にチップを賭けます。

チップは初期状態で100持っていますが、賭けられる限度額は100。

所持チップがマイナスになっても関係なく、チップを賭け続けられます。

チップを賭け終わると、2枚のカードが配られます。

そしてカードの数字合計を21に近づけていきます。

21を超えると負け。

カードの扱い

2~10は、そのままの数字。

ジャック・クイーン・キングは10。

Aは1にも11にもなります。

用語

  • ヒット:カードを引く
  • スタンド:カードを引かず、勝負
  • ダブルダウン:賭けるチップを2倍にして、もう1枚引いて勝負
  • バースト:21を超えて負けること

世界のアソビ大全51では

プレイヤーの他にCOMが3人とディーラーがいます。

カード勝負するのはディーラー。

COMとはチップの数で勝負します。

  • ダブルダウンの有り無し
  • 5ラウンド勝負か10ラウンド勝負か

を選べます。

普通のポーカーとは少し違う!その23:テキサスポーカー

テキサスポーカーは普通のポーカーとは違い、「手札2枚」と全プレイヤー共通の「場の5枚」で勝負します。

1967年にラスベガスでプレイされ、1988年に普及されました。

世界のアソビ大全51では、所持チップで勝負。

遊び方

ブラックジャックと同じく、プレイヤー(と3人のCOM)は最初に100のチップを持っています。

行動1番手はチップを2、2番手は5を強制的に賭ける必要があります。

そして4人のプレイヤーにそれぞれカード2枚が渡されます。

カードを渡されたプレイヤーだけが内容を知っています。

場に一気に3枚のカードが出て、その後5枚になるまでカードが1枚ずつ出されます。

チップを賭けられるのは

  1. プレイヤーに2枚のカードが渡される
  2. 場に3枚のカードが出た
  3. 場に4枚目のカードが出た
  4. 場に最後のカードが出た

の4回。

プレイヤーが賭けたチップはポットにたまります。

そして4人のプレイヤーは手札を見せて、そのラウンドが終了。

役が一番強いプレイヤーが勝利、ポットにたまったチップを総取りできます。

チップが0になるとゲームに参加できません。

賭け方にも特徴が

チップを賭ける機会ごとに、最初にチップを賭けることを「ベット」と言います。

次の人は、ベットされたチップと同じチップを賭けないといけません。

  • コール:前の人と同じ数を賭ける
  • レイズ:前の人の2倍のチップを賭ける、後ろの人もそれと同じ額を賭けないといけない
  • ドロップ:そのラウンドは諦めること。賭けていたチップはそのまま放棄
  • オールイン:コールする時にチップが足りない場合、残りのチップ全部を賭けること
  • パス:チップを賭けない。チップを賭ける機会ごとに、誰もチップを賭けていない場合に使える

  • ノーペア:文字通り、何も役が出来なかったこと
  • ワンペア:同じ数字が2枚ある状況。例えば「ハートの5」と「スペードの5」
  • ツーペア:同じ数字2枚が2組ある状況。
  • スリーカード:同じ数字が3枚ある状況
  • ストレート:数字が5つ並んでいる。例えば「7・8・9・10・J」
  • フラッシュ:同じマークのカード5枚
  • フルハウス:同じ数字のカード3枚と2枚。例えば「4・4・4・Q・Q」
  • フォーカード:同じ数字が4枚ある状況
  • ストレートフラッシュ:同じマークのカード5枚で、その数字が並んでいる
  • ロイヤルストレートフラッシュ:ストレートフラッシュの「10・J・Q・K・A」

ちなみにカードは、2が一番弱くAが一番強いです。

世界のアソビ大全51では

5ラウンドか10ラウンドを選べます。

みんな一度は遊んだはず!その24:大富豪

自分の手札からカードを出して、先に自分の手札を0にしたプレイヤーが1位。

みんなも一度は遊んだゲームです。

遊び方

流れは単純、自分の手札を出してカードを減らし、先に手札のカードを使い切ってあがったプレイヤーが1位。

2番目にあがったら2位、3番目にあがったら3位。

最後まであがれないと最下位。

カード

場のカードよりも強い数字を出します。

3が一番弱く、数字が上がるにつれてカードが強くなります。

Aが2番目に強く、一番強いのは2。

ジョーカーはどのカードにも勝てます。

出せるカードがないときはパス。

全員がパスしたら場のカードは没収。

最後にカードを出した人が、自由にカードを出せます。

最初にカードを出す人は、2枚出すことも可能。

他の人も同じように2枚出す必要があります。

3枚も同様。

「同じ数字のカード」あるいは「数が並んでいるカード(5・6・7みたいな)」の時だけ、2枚以上カードを出せます。

3枚も同様。

4枚出した場合、“革命”が発生します。

革命が発生すると、カードの強さが逆に。

2が一番弱く、3が一番強いです。

ジョーカーの強さはそのまま。

流れ

最初のラウンドは、全員渡された手札のまま勝負。

2ラウンド目以降、1つ前のラウンドで1位と最下位だった人が2枚カードを交換。

2位と3位だった人が、1枚カードを交換。

1位は、最下位に渡す2枚のカードを選べます。

最下位は、持っているカードの中で最強のカードとその次に強いカード、2枚を差し出します。

2位と3位の場合も同様。

2位は好きなカード1枚を差し出し、3位は強いカード1枚を差し出します。

3ラウンド目・4ラウンド目以降も同じ。

最後のラウンド、一番先に手札のカードを使い切ったプレイヤーが勝利。

世界のアソビ大全51では

8切り・スペード3返し・しばり・都落ちの有り無しを選べます。

  • 8切り:8を出すとその瞬間で場のカードが没収、出した人がまたカードを最初に出せる
  • スペード3返し:スペードの3だけジョーカーに勝てるルール
  • しばり:出せるカードをマークでしばる。2枚しばりは同じマークが2回、3枚しばりは同じマーク3連続で発動。
  • 都落ち:1位で抜けたプレイヤーは、次のゲームで1位を取れないと強制的に最下位

5ラウンド10ラウンドかも選べます。

ちなみに

最終ラウンドで抜けた順番が、そのままそのゲームの順位になります。

つまり、その手前のラウンドまででどんなに成績が良くても、最終ラウンドには“直接的には”関係ないのです。

トランプゲームの超定番!その25:7ならべ

7ならべは、番号が繋がるように手札からカードを出すゲーム。

もちろん勝負の1つとして遊ばれますが

  • カードが52枚ちゃんとそろっているかの確認
  • カードをマーク別に番号順に片付ける

目的で遊ばれることも多いです。

遊び方

最初に7のカード4枚がマーク別に場に出され、プレイヤーには手札としていくつかのカードが渡されます。

同じマークで、且つ場に出されているカードと数字が繋がるカードを出せます。

例えば場にダイヤのマークが9まで出されている場合、ダイヤの10を出せます。

先に手札を使い切ったプレイヤーが勝利。

世界のアソビ大全51では

パスの回数を「5回」「3回」「1回」「なし」から選べます。

パスの回数が「なし」だと、カードを出せなくなった地点で負け。

逆にパスの回数が多いと、戦術の幅が広がります。

ハートの6が手札にある場合、自分がハートの6を出さないと他プレイヤーがハートのA~5を出せません。

なので、ハートの6を出さずあえてパスするのもあり。

AとKが繋がるか繋がらないかの設定もできます。

まとめ

世界のアソビ大全51のゲーム紹介はいかがでしたか。

ラストカード:同じ色か同じ数字のカードを出して、手札を使い切るゲーム

ブラックジャック:カードの数字合計を21に近づけるゲーム

テキサスポーカー:手札の2枚と場の5枚で役を作る

大富豪:場のカードよりも強いカードを出して、手札を使い切るゲーム

7ならべ:場のカードと数字が繋がるカードを出して、手札を使い切るゲーム

今回は、テキサスポーカー以外は遊んだ経験のあるゲームかと思います。

遊んだ経験があるからこそ、楽しいゲームばかりでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました