U-NEXTの無料期間終了した方

まんが王国が激アツ!
今なら22巻が無料で読める!
Twitterアカウント3分で完了!

まんが王国公式

宇髄天元(うずいてんげん)の名言集!色男で生き残った柱に注目【最新】

鬼滅の刃
この記事は約5分で読めます。

今回は宇髄天元(うずいてんげん)の名言集!色男で生き残った柱に注目【最新】について検証していきたいと思います。

今回の鬼滅の刃は少し趣向を変えて宇髄天元の名言・名台詞から紐解く性格と真相心理についてネタバレ・感想をご紹介していきたいと思います。

鬼滅の刃は私たちに多くの感動を与えてくれました。その名言についてまとめてみたいと思います。

宇髄といえば色男で、派手が口癖の自称祭りの神でしたが、遊郭戦ではかっこいい姿を見せ、引退という花道を飾ってくれ、生き残った柱としても嬉しく思います。

この内容はジャンプ最新刊(最終話)までのネタバレを含みますので注意して下さい。

この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。

では今回は宇髄天元(うずいてんげん)の名言集!色男で生き残った柱に注目【最新】について検証していきたいと思います。

[kanren postid=”24558,25695″]

戦いの場に身を置き続ける元忍び【宇髄天元】

Amazon | 鬼滅の刃 マイクロファイバー 宇髄天元 | アニメ・萌えグッズ ...

引用元 https://images.app.goo.gl/PZdCc64Fhh7iF4717

鬼殺隊の悲願である上弦討伐を成し遂げた

元々は滅びかけている忍者の、次世代の頭領として育てられていました。一族の存続しか考えない無機質な父や、弟のような人間になりたくないという一心で3人のくのいちと共に抜け忍に。

その後、産屋敷輝哉に拾われます。堕姫/妓夫太郎戦いで鬼殺隊130年ぶりの上弦討伐を成し遂げますが、左目と片腕を失った宇髄は前線を退き、後進の育手となりました。

「派手を司る神」を自称するマッチョな色男

大正時代には珍しい六尺(約180㎝)以上という、長身で筋骨隆々という、恵まれた体躯を持った伊達男。

大の派手好きで「派手に」が口癖。炭治郎たちには「派手を司る神」「祭りの神」と自称していました。素顔は非常に整っており、色街の女将が思わず顔を赤らめる程のイケメンです。

名言・名台詞から紐解く性格と深層心理

第75話より「恥じるな 生きている奴が価値なんだ 機会を見誤るんじゃない」

宇髄と炭治郎、善逸、伊之助が遊郭で潜入調査をしていましたが、約束の時間になっても善逸が戻ってきませんでした。その時に炭治郎と伊之助に放った台詞です。

忍と聞くと命より任務が優先と思われがちですが、宇髄は全く逆の考えで、生きることをまず第一に考えろと説いているのです。

 

第80話より「俺は派手にハッキリと命の順序を決めている まずお前ら三人 次に堅気の人間たち そして俺だ」

くのいちである3人の妻に向けた台詞です。一般人も守るが、ぶっちゃけて言うと自分は、お前たち3人の命が一番大事だから死ぬなよと。

くのいちは命を懸けるのが当然という、教育を受けていたために、妻の一人まきをは戸惑います。宇髄の妻思いな性格と、全ての命を守ることが、いかに難しいかを理解している台詞です。

 

第87話より「俺が選ばれている?ふざけんじゃねぇ。俺の手の平から今までどれだけの命が零れたと思ってんだ」

妓夫太郎に「選ばれた才能が妬ましい」と挑発された時に宇髄が返した言葉です。今まで厚顔不遜な自身過剰な態度だった、宇髄の意外な思いがあらわされています。

この言葉を述べる時の悔しそうな表情から、過去に自分が弱くて守れなかった命が多くあったのであろうということが想起させられ、宇髄の心の葛藤があらわされています。

 

第87話より「俺の方こそ感謝したい 貴方には」

忍は命をかけ手当然、全てのことはできて当然。矛盾や葛藤を抱える者は愚かな弱者、幼少期からずっとそんな環境で育ってきた宇髄。

そんな宇髄の事を理解してくれて、宇髄の生き方を肯定してくれるお館様に感謝の気持ちを述べる台詞。宇髄にとっても他の柱にとってもお館様への信頼のほどあ伺える台詞となっています。

 

第97話より「いいや若手は育ってるぜ確実に お前の大嫌いな若手がな」

蛇柱・伊黒小芭内が炭治郎のことを(最初は)、憎く思っていることは柱の中では周知されているとの事です。

しかし上弦の陸は宇髄と炭治郎、善逸、伊之助が協力したからこそ倒す事ができました。宇髄は炭治郎の可能性が無限大であることに着目し、伊黒への皮肉を込めて言った台詞です。

 

他者想いで気さく・・・命の重さを理解できる兄貴分

音柱・宇髄天元(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ | RENOTE [リノート]

引用元 https://images.app.goo.gl/fk9eeJfCDHVLbgGm8

下級の隊士に「俺は神でありお前らは塵だ」「俺の機嫌を常に伺い全身全霊でへつらえ」と言ってはばかりない傲岸不遜な体育会系です。

しかしその実、他者の命を尊重したいがために抜け忍となったように、部下や妻たちの命は絶対に守ろうとします。

豪快で気さくな兄貴分といった性格の宇髄ですが、全ての命を守り抜くことが、いかに難しいかを体感で知っているからこその、発言や態度なのだと思われます。

世間の声

まとめ宇髄天元(うずいてんげん)の名言集!色男で生き残った柱に注目【最新】

今回は宇髄天元(うずいてんげん)の名言集!色男で生き残った柱に注目【最新】について検証してみました。

常にド派手な宇髄天元は、柱としても男としてもド派手な一面を見せてくれました。

柱を引退してからも、その存在感は健在で、色男としても名高い宇髄天元!ド派手な生き様をありがとう!!

今回も最後まで御愛読ありがとうございました。

最後まで御愛読ありがとうございました!

[kanren postid=”24558,25695″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました