ヒゲダンオンラインライブ情報

U-NEXT初回登録の方
50%OFF

詳細はこちら

【煉獄杏寿郎】名言を深掘りして分かった真相を解説【最新情報】

鬼滅の刃

今回は【煉獄杏寿郎】名言を深掘りして分かった真相を解説【最新情報】について検証していきたいと思います。

今回の鬼滅の刃は少し趣向を変えて煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)の名言・名台詞から紐解く性格と真相心理についてネタバレ・感想をご紹介していきたいと思います。

鬼滅の刃は私たちに多くの感動を与えてくれました。その名言についてまとめてみたいと思います。

どんなことにも前向きで、信念を貫き通した姿は感動しない人はいないでしょう。言葉のひとつひとつに重みを感じましたよね。

この内容はジャンプ最新刊(最終話)までのネタバレを含みますので注意して下さい。

この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。

では今回は【煉獄杏寿郎】名言を深掘りして分かった真相を解説【最新情報】について検証していきたいと思います。

[kanren postid=”25360,27388″]

鬼殺隊に火を灯し続けたアニキ【煉獄杏寿郎】

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編は2020年公開、煉獄杏寿郎が抜刀する特報 ...

引用元 https://images.app.goo.gl/zfEcCbsZ6CUksn8EA

正義感に溢れ弱気者を救う炎のような存在

杏寿郎が生まれた煉獄家は炎の呼吸を伝える名家です。杏寿郎は幼少期に弟と共に、父から呼吸の手ほどきを受けていましたが、父は途中で2人への教育を止めてしまします。

それでも煉獄杏寿郎は、家にある指南書を頼りに独学で鍛錬を積んで型を会得し、柱になるまでの力を見に着けたのです。

明るく快活な好漢!面倒見の良いアニキ

いつも目を大きく開いてはっきりと話し、明るく振る舞う杏寿郎には「明朗解決」という言葉がぴったりです。

また柱として家を離れる前には、剣の才能が無いことを引け目に感じる、弟の背中を押すような温かい言葉を賭ける優しさも見られます。

のちに炭治郎らと再開した際には、彼らを継子として鍛えようとする面倒見の良さを見せ、読者からは「兄貴」「煉獄の兄貴」などと呼ばれています。

名言・名台詞から紐解く性格と深層心理

第55話「そんなことで俺の情熱は無くならない!心の炎が消えることはない!」

魘夢により眠らされてしまった、杏寿郎が見た夢の中の過去。父親に柱になったことを報告した時の話です。

父親にはそれを喜んでもらえず「くだらん・・・どうでもいい」と言い放たれますが、その後 杏寿郎が弟の千寿郎に語った台詞です。自分の信念を貫く杏寿郎らしさが表れています。

 

第63話「老いることも しぬことも 人間という儚い生き物の美しさだ 死ぬからこそ 堪らなく 愛おしく 尊いのだ」

猗窩座が杏寿郎に「鬼になろう杏寿郎。そうすれば百年でも二百年でも鍛錬し続けられる。強くなれる。」と勧誘してきた時の 杏寿郎の解答です。

鬼として強くなることよりも、人間として限りある命を全うすることに価値を見出す 杏寿郎 は、猗窩座の誘いをバッサリと斬り捨てます。

 

第64話より「俺は俺の責務を全うする!!ここにいる者は誰も死なせない!!」

猗窩座との戦闘中、自分の柱としての責任を全うする杏寿郎。自分が存在している限り、誰も犠牲者は出さないという強い信念を感じさせます。

そしてその言葉通り誰も死なす事はありませんでした。

 

第66話より「弟の千寿郎には自分の心のまま 正しいと思う道を進むよう伝えて欲しい 父には体を大切にしてほしいと」

猗窩座との戦闘後に自分が長く持たないことを知る杏寿郎は、炭治郎たちに家族への遺言を残します。

自分のことよりも家族や仲間の事を考えている、杏寿郎らしさが溢れ出ている台詞、シーンとなっています。

 

第66話より「胸を張って生きろ 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け」

猗窩座に敗れ瀕死の状態の杏寿郎が、炭治郎や伊之助、善逸ら次の世代の剣士たちにバトンを渡す最後の言葉です。

炭治郎はこの後も、苦闘の際に何度もこの杏寿郎の言葉を思い返すほど、大きく絶大な影響を受ける言葉となりました。

 

第66話より「竈門少年 猪頭少年 黄色い少年 もっともっと成長しろ そして 今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ 俺は信じる 君たちを信じる」

杏寿郎が本当の死の間際に3人に残した台詞です。煉獄杏寿郎を語るにあたっては、なくしてならない言葉となります。

この言葉を胸に今後3人はどんなに、辛いこと、悲しいこと、打ちのめされようなことがあっても、前を向いて進むことができるようになった、鬼滅の刃においても屈指の名言といえるでしょう。

 

5月10日は煉獄さんの誕生日! 「鬼滅の刃」公式、煉獄杏寿郎の特別画像 ...

引用元 https://images.app.goo.gl/VztKr5RY8N1h1h3x5

母の言葉を胸に・・・人を守ることに強い誇り

突如として剣を捨てて、無気力となった父に罵倒されながらも、表では笑顔を浮かべ、弟千寿郎を導きつつ、柱の一人として鬼殺隊も支えました。

そんな杏寿郎を支えたのが、亡くなった母の瑠火の「強く生まれた者は弱者を助ける責務がある」という言葉でした。

死んでいく儚さも含めて人間という存在を愛しており、鬼の驚異からそんな人々を守る為に日輪刀を振るうことに強い誇りを抱いています。

[kanren postid=”27388″]

世間の声

まとめ【煉獄杏寿郎】名言を深掘りして分かった真相を解説【最新情報】

今回は【煉獄杏寿郎】(れんごく きょうじゅろう)名言を深掘りして分かった真相を解説【最新情報】について検証してみました。

いつもどんな時も明朗な性格で、すこしずれているところも、勇気を与えてくれました。

柱の中で一番最初に死亡してしまいましたが、その言葉や生き様は、決して消えることはありません。

いつも心に炎を灯してくれた、炎柱・煉獄杏寿郎!本当にありがとう!

最後まで御愛読ありがとうございました!

[kanren postid=”25360,27388″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました