【鬼滅の刃】不死川兄弟(しなずがわきょうだい)考察【子孫転生】

鬼滅の刃転生

今回は【鬼滅の刃】子孫転生キャラ紹介!不死川兄弟(しなずがわきょうだい)について考察!していきたいと思います。

この中では私の考察と感想を含み紹介しますので、最後までお付き合い宜しくお願いいたします。

警官という役職でしたが、2人が一緒にいる姿をみて微笑ましく感じました。

では鬼滅の刃】子孫転生キャラ紹介!不死川兄弟(しなずがわきょうだい)について考察!についてみていきましょう。

不死川兄弟(しなずがわきょうだい)転生の警察

鬼滅の刃】 現代の風柱・不死川実弥さんの顔がヤバすぎて笑うwww : あにまんch
引用元:鬼滅の刃205話より

過去:不死川実弥・不死川玄弥 出生:転生

警察官への転生は”前世の約束”が影響している?

危険行動常習犯の炭彦を追う警察官二人組は、実弥と玄弥の転生者。

思わず村田先生が叫び声をあげてしまうほどの強面は、さすが不死川”兄弟”といったところでしょうか。

しかしながら、転生者のふたりは兄弟ではない様子・・・。玄弥が実弥を「先輩」と呼んでいること、そして警察では原則親族間で同じ配属先にならないように際慮されていることからも、転生後のふいたりに血縁関係はないと推測されます。

本編でふたりを見守ってきた独やの立場からすると、少し切ない気持にはなりますが、考え方によっては、今世でも同僚警察官という関係性は二人の願いが反映されたベストな形だといえるのではないでしょうか。

かつて実弥と玄弥は父親の死後「2人で家族を守ろう」と約束を交わしてします。

この時のやりとりや決意がお互いの心に深く刻まれていて、転生の”核”となったのかもしれません。

現代では同僚警察官として街の平和を守りながら、前世での約束を果たしていくのではないでしょうか。

また、兄弟の名字「しなずがわ」の頭文字と、前世の兄弟時代の誕生日を足した「し・12-36」というナンバープレートも、ふたりの縁の深さを象徴しているかのようです。

警察官である以上、今後もずっとふたりで同じ勤務場所で働ける確立は低そうですが、鱗滝や桑島のように晩年まで交流が続いてくれたら嬉しいですよね。

まとめ:【鬼滅の刃】子孫転生キャラ紹介!不死川兄弟(しなずがわきょうだい)について考察!

今回は【鬼滅の刃】子孫転生キャラ紹介!不死川兄弟(しなずがわきょうだい)について考察!してみました。

兄弟とう形でないにしても、近くにいて一緒に時を過ごし、お互いの幸せを願い合える立場での転生という形は凄くいいのではないかと思えます。

最後まで御愛読いただきましてありがつございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました