宇治抹茶スイーツお試しセット

<期間限定>
1,000円引き
10月10日(土)まで

詳細はこちら

【鬼滅の刃】産屋敷輝利哉(きりや)について考察【最新情報】

鬼滅の刃

今回は【鬼滅の刃】産屋敷輝利哉について考察【最新情報】 について 検証 していきたいと思います。

前お館様の跡をついで8歳で鬼殺隊を率いる事になった産屋敷輝利哉。年齢を考えると恐ろしい統率力を秘めていますが、まだ子供の面を見せてくれるのも魅力です。産屋敷に代々伝わる先見の目で見事無惨をうち滅ぼすことには成功しました。

この内容はジャンプ最新刊までの内容を含みますのでネタバレに注意して下さい。

この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。

では【鬼滅の刃】 産屋敷輝利哉について考察【最新情報】 に ついてみていきましょう。

産屋敷輝利哉とは?

最初の登場は最終選別案内役?

鬼滅の刃【産屋敷輝利哉】声優は『悠木碧』出演作をご紹介! - 何話 ...
引用元
https://images.app.goo.gl/dpQmA9zWCmqoDVCK8

実は炭治郎が最終選別を受けた時の案内役として、初期から登場しているのです。

医療が発達していなかった時代は、女児よりも男児の方が病気などで死亡する確率が高い傾向にありました。昔の人はこれを男児のみに病を移す悪霊や鬼がいると考えていました。

そして魔除けとして、男児に女の子の格好をさせ、魔物から欺こうとしたのです。産屋敷家の次期当主である 産屋敷輝利哉 を災いから救い、一族を絶えさせないという両親の親心が伺えますね。

若き鬼殺隊の先導者

鬼滅の刃】産屋敷家って何で女装してるんだっけ : ねいろ速報さん
引用元
https://images.app.goo.gl/Tm9bJLL3QUKdBgTw6

柱や炭治郎が鳴女に囚われ無限情に取り込まれたために、共に生き残った妹のかなた・くいなと共に戦局を見通すために、協力者である 愈史郎 の血鬼術を使って城内の製図化、および指揮をとることになった。

その際の見事な采配や鬼殺隊士を名前で呼んでいつことからも、既に当主とsぢての自覚が現れていますよね。

しかし無惨が繭の状態かた回復し、その場にいる隊士たちが皆殺しにされた際には動揺が隠せずに指示が出せなくなるといった、当主としてまだ精神面では未熟である一面が描かれています。

まさにヒーローの登場の仕方だったw | 放浪者の日々
引用元
https://images.app.goo.gl/Tm9bJLL3QUKdBgTw6

また禰豆子が炭治郎の危機を察して飛び出そうとする時に。「禰豆子は大丈夫」という亡き先代の声を聞いた時には父を思い出して涙を流すなど、まだ子供であること、この状況を指揮しなければいけない重圧を強く感じますね。

両親からは 産屋敷家 が短命であるがゆえに、人よりも早く大人になるべく厳しい教育をうけていたが、全ては愛情ゆえのことで、同時に深い愛情をもって育てられていて、両親をとえも慕っていたことも明かされた。

鬼殺隊の運営資金は?

財力のイラスト素材 [20885651] - PIXTA
引用元
https://images.app.goo.gl/U3Cry6eTc4vWXm7x5

鬼殺隊は政府から正式に認められていない組織と説明されています。それでも隊員に払う給料や、その他もろもろの必要な経費はどうやっつてまかなっつているのでしょうか?その答えは 産屋敷家 がもつ特異な能力にあります。

第139話「 産屋敷家 は先見の明とも言える未来を見通す力によって財を成した」と説明されています。平安時代には、陰陽師など占いを得意とする者が貴族を占って助言を与えていたといわれていますが、 産屋敷家 も為政者に重用されていたのかもしれません。

鬼殺隊は政府非公認ではありますが、鬼による民間への被害が出ている以上、政府が鬼や鬼殺隊の存在を全くしらないとは考えられません。

政府は公に認めないものの、上層部などは鬼殺隊と関わりをもっており、資金援助を行っているのかもしれません。また先見の明を活かして投資を行っていた可能性もありそうですよね。

大きな成長を見込める武家や企業財閥などに助言し、見返りに多額の報酬を得ていたのではないでしょうか?推測です・・・。

世間の声

まとめ【鬼滅の刃】産屋敷輝利哉について考察【最新情報】

今回は新しい当主として 産屋敷輝利哉 は無惨討伐に尽力を尽くしました。無惨討伐とともに気を失ってしまっているようですが、鬼化した炭治郎を見ていないという事ですよね?

司令塔としてのお館様。早く指示を出して欲しいところですが、今は炭治郎をめぐる各キャラクターが想いをかけてなんとかしようとしています。しかし何度も言うようになってしまいますが、鬼滅の刃はえぐいです。

今回も最後まで御愛読ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました