【鬼滅の刃】13巻のネタバレと感想!107話から115話【最新】

今回は【鬼滅の刃】13巻のネタバレと感想!107話から115話【最新】を紹介しようと思います。

第13巻は「遷移変転」です。

上弦の伍・玉壺から小鉄を助けた時透は戦い中で除所に失われた記憶を取り戻す。

炭治郎は同期の不死川玄弥とともに、上弦の肆・半天狗と対峙。

激選の中、玄弥と兄の風柱・実弥の間の悲しい過去が明かされる・・・

それでは12巻に引き続き【鬼滅の刃】13巻ネタバレと感想!107話から115話【最新】についてみていきましょう。

【鬼滅の刃】12巻ネタバレ・感想!98話から106話【完全無料で読む】

2020年6月3日

第107話「邪魔」

ネタバレ注意】鬼滅の刃 107話「邪魔」【ジャンプ21・22号2ch感想 ...
引用元 鬼滅の刃13巻

玄弥の撃った銃が半天狗に直撃した。しかし玄弥の武器は日輪刀と同じ匂いのする銃だった。半天狗に斬りかかろうとする玄弥に向かい炭治郎が「どんなに強い武器でも倒せない!」斬ったら斬っただけ分裂し、若返ること、頚をわざと斬らせていることを告げた。

半天狗の急所は頚ではない、しかしどこかに急所が必ずあるはずと考えているところにまた一体新しい分身体が現れた。今現れている4人の分身体はそれぞれに能力が違うものである。禰豆子に玄弥を手助けするように言ったと同時に玄弥は槍のようなもので射されてしまった。

炭治郎に向かっても攻撃が飛んできてきたが、ぎりぎりでかわす事ができた。枝に捕まりながら地面に落下した炭治郎は里を守らなければならない、そう思いつつもさきほどの落雷で身体が痺れ耳も聞こえない状態になっていた。そんな炭治郎を背後から襲おうとする半天狗の姿に・・・。

無一郎の変化

ネタバレ注意】鬼滅の刃 107話「邪魔」【ジャンプ21・22号2ch感想 ...
引用元 鬼滅の刃13巻

かなり遠くに飛ばされてしまった無一郎は、途中で子供と鬼が戦っている現場に到着した。鬼の気配から術で編み出されたものと気づき、助ける優先順位は低いと判断したが、炭治郎の「人のやめにすることは巡り巡って自分のために」という言葉を思い出し、子供、小鉄を助けた。

第108話「時透君ありがとう」

頚と思われる場所を切断しても消えない術、無一郎は鬼の体についていた壺をたたき割った。すると鬼の術は壊れ血鬼術で作られていたことが判明した。小鉄は助けてくれた無一郎に抱きつき感謝とチョットした暴言を口にした。

鬼滅の刃 第108話「時透くんありがとう」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

立ち去ろうとする無一郎に鉄穴森も襲われていること、鋼鐵塚蛍も刀の再生で不眠不休だから助けて欲しいと懇願した。無一郎は断ろうとするが、お館様の言葉や過去の記憶が断片的に蘇り、小鉄を連れて鉄穴森たちの元へ向かうことにする。自分の判断が正しいかどうかは今の無一郎には分かっていない。

 

しかし自分はできる、「僕はお館様に認められた鬼殺隊霞柱・時透無一郎だから」

増える半天狗

炭治郎は自分に向かってくる半天狗を反射的に斬ってしまったので、さらに分身体が増えてしまうことになった。しかし強くなっていく分裂が無限ではないこと、口の中に見えた喜怒哀楽の文字の書かれた4体の状態が一番強い状態であると判断した。

ネタバレ注意】鬼滅の刃 108話「時透君ありがとう」【ジャンプ23号2ch ...
引用元 鬼滅の刃13巻

1体だけでも倒して早く禰豆子と玄弥のところへ向かわなければ、半天狗の爪が炭治郎を引き裂いたかのように見えたが、炭治郎も半天狗に対して攻撃を与えており、半天狗の舌の部分を切り刻もうとしているとことであった。

禰豆子の元には3人の分身体が集まっていた。さっさと手足を捥いでしまえといい、儂がとどめを刺すといい、玄弥に突き刺した槍を取ろうとしたところ。槍が抜けない・・・玄弥は生きていた!そして分身体の頭に向かい銃を発射した。

第109話「死なない」

玄弥の体から槍が抜かれてしまったが、槍が抜かれた玄弥はまだ死なず、阿弥陀経を唱え出した。哀絶と呼ばれた分身体が玄弥にとどめを刺そうと槍を振りかざしたが、そこに玄弥の姿はなく半天狗の後ろに回っていた。

頚を斬ろうとしたが、落雷の攻撃を受けてしまった。雷は避けようがないからである。

鬼滅の刃 第109話「死なない」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

しかし何度致命傷を与えても死なない玄弥に、疑問を感じ始めた分身体は玄弥をぼこぼこに殴りつけ始めた。それを見ていた禰豆子と交戦中の分身体は、禰豆子の体を足で突き破り、積怒という分身体に雷を落とし続けて動けなくしようともちかけた。

それぞれの場所で

そして禰豆子の手足を引きちぎろうとするが、禰豆子の強烈な蹴りを喰らい爆血で燃やされ始めた。そして扇のようなものを奪い取ると積怒に向かって風をおこし吹き飛ばした。

 

しかし雷を操る分身体に体を痺れさせられてしまった。

鬼滅の刃】不死川玄弥の名言・名シーンまとめ|サブかる
引用元 鬼滅の刃13巻

早く禰豆子と玄弥の元に向かいたい炭治郎だが、何かを考えたらしく構えをとった。玄弥はまた 阿弥陀経 を唱え始めていた。まだ生きている玄弥に不信感を覚え名前を聞いた「俺の名前は不死川玄弥 テメェを殺す男の名前だァ」と叫んだ。

第110話「あばら家でこそこそ」

禰豆子たちのいる建物のすぐ近くに来ていた炭治郎は、一刻も早く禰豆子と玄弥を助けるために、飛行する半天狗を利用しようと考えていた。炭治郎は飛んでいる半天狗に刀を突き刺し、飛行を利用して禰豆子と玄弥の元へとたどり着いた。

鬼滅の刃 第110話「あばら屋でこそこそ」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

電撃を受けている禰豆子をみて、飛びかかる炭治郎に 錫杖を突き刺そうとするが、炭治郎は さきほどの空を飛ぶ空喜の足を利用して雷を防いだ。炭治郎は舌を狙って攻撃を仕掛けた。

舌を斬られるとこの分身体たちは、回復速度が僅かに遅れることを見破った炭治郎は、禰豆子に刺さっている 錫杖 を抜こうとしたが後ろから突きさされそうになっていた。

攻撃は来なかった。禰豆子が爆血を使って燃やしていたからである。禰豆子の攻撃が効いていつところにさきほど吹き飛んだ団扇分裂体が、風を巻き起こした。

 

凄い重圧の風で建物ごと地面に叩きつけられ、とどめを3体から刺されそうになっている炭治郎と禰豆子。

鋼鐵塚蛍の元へ

鬼滅の刃 第110話「あばら屋でこそこそ」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

鉄穴森の元へ小鉄を運んだ無一郎は、早く自分の刀を出してくれといい、すぐに刀を渡すことになった。炭治郎が無一郎の刀のことを頼んでいたこと、しして無一郎のことを分かって欲しいと頼んでいたことが明かされた。

鋼鐵塚蛍が作業をしているという小屋にはまだ魚の化け物はきていないという小鉄。鉄穴森も中に渡す刀があるからそれを持って里長のところに向かって欲しいと無一郎に頼んだ。

 

しかし何かを感じた無一郎は2人を制して足をとめた。そこには上弦の伍・玉壺の姿があった。

第111話「芸術家気取り」

鬼滅の刃 第111話「芸術家気取り」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

自己紹介を始める玉壺、殺す前に自分の作品を見て欲しいと言ってきた。作品という壺に取り付けられていたのは、刀鍛冶の里の屍骸であった。玉壺はこの作品とはいえぬものをあたかも素晴らしい芸術であるかのように語り始めた。

無一郎が怒りを露わにし、玉壺に斬りかかったが玉壺は壺から壺に移動が可能な様子で、作品の説明を最後まで聞けというが早く無一郎は壺を破壊し続けます。

自分の壺という芸術を理解していないと怒りだし、壺から金魚のようなものを取り出し千本針魚殺という血鬼術を使ってきた。

鬼滅の刃 第111話「芸術家気取り」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

無一郎は避けれたけれど、小鉄に攻撃の刃が向いていると即座に判断した無一郎は、鉄穴森と小鉄を自らの体を挺して守った。

邪魔だから隠れてくれという無一郎に向かって、玉壺は毒で手足が麻痺してきたのではないか?と問い、「つまらない命を救ってつまらない場所で命を落とす」と。

記憶の断片

無一郎の記憶の断片に同じことを言われた記憶が蘇ってくる。無一浪は記憶を遡ろうとしていた。体が麻痺して動けないと思っている玉壺は柱をどのような作品にしようかと考えているようだったが、一瞬で無一郎に頚を斬られそうになった。

鬼滅の刃 第111話「芸術家気取り」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

玉壺はまた壺を取り出し、血鬼術水獄鉢の中に無一郎を閉じ込めてしまった。鬼狩り最大の武器である呼吸を止めて、もがき苦しんで歪む顔を想像すると堪らないと、あくまも趣味の悪い芸術家気どりをする玉壺。

里を壊滅することができれば鬼狩りに大打撃を与えることが出来、弱体化出来れば産屋敷の頸もすぐそこだと。

その頃甘露寺密璃が里に向かって進んできていた。担当区域から刀鍛冶の里が近いことに驚きつつも、頑張るぞぉと・・・。

第112話「遷移変転」

刀鍛冶の里は大騒ぎになっていた。各一族の当主を守ること、柱の刀を持ち出すこと、そして長を逃がすことである。玉壺の血鬼術である壺から魚が生えた化け物の襲われる中、甘露寺密璃が到着した。

鬼滅の刃 第112話「遷移変転」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

里常駐の鬼殺体が殺され、里で最も優れた技術をもつ長が殺されそうになつている、到着した甘露寺は奇妙な日輪刀で「私いたずらに人を傷つける奴にはキュンとしないの」と一瞬で片をつけた。

 

可愛くても柱の実力は確かである。大きい魚の化け物に捕らわれていた鉄珍(長)が甘露寺の活躍で解放された。

爆血刀

何だ?何だろうこれは この匂いは・・・と炭治郎は気絶から回復し禰豆子を庇いながら逃げていた。団扇の攻撃で気を失い、禰豆子が崎に意識を取り戻して自分も意識を取り戻したこと、逃げながら敵に大打撃を与える方法、すぐに回復させない攻撃を考えていた。

鬼滅の刃 第112話「遷移変転」感想・考察(画像あり) | 本の虫, 刃, 滅
引用元 鬼滅の刃13巻

禰豆子が瓦礫の下敷になってしまったが、禰豆子は日輪刀から手を放そうとせずに、禰豆子の血で刀が燃え、刀の色が黒から赤に変わっていった、爆ぜる血をまとう、炭治郎の刀は爆血刀へと進化した。

第113話「嚇刀」

普段は黒曜石のような漆黒なのに戦う時だけ赤くなる刀・・・記憶の遺伝の中で炭治郎は耳飾りの剣士と自分の刀の色が同じだったことに気付く、そして今禰豆子の力を借りて刀が赤く色が変わった。

強くなったと思っても鬼はまたさらに強く、生身の体は傷を負いボロボロになり、でもその度に誰かが助けてくれる命を繋いでくれる、俺も応えなければ 俺に力を貸してくれるみんなの願いは 想いは一つだけだ 鬼を倒すこと 人の命を守ること

鬼滅の刃 第113話「赫刀」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

小細工しても勝てないとぬかす半天狗の分身が嚇刀を見た瞬間に顔色が変わった。無惨の記憶の中にある、無惨を追い詰めその頚を斬りかけた剣士の刀 その姿が重なった。

炭治郎は嚇刀からヒノカミ神楽・日暈の龍頭舞いを繰り出し、3体の分裂体を同時に斬り刻んだ。炭治郎はずっと考えていたのだ。呼吸・力の入れ方・燃えるように熱くなった体中 そして額が。

玄弥の豹変

ジャンプ28号】鬼滅の刃 第113話 赫刀【感想】 : ジャンプニエール
引用元 鬼滅の刃13巻

後1体、1度に4体斬らないと、そう思っていると玄弥が4体目の頸を斬っていた。同時に頚を斬れていれば。そう思ったが玄弥の姿がまるで・・・。頚を斬られたがまだ死んでいない半天狗の分身体。玄弥の状態がどうなっているかは分からないが、1体斬ってくれたことで炭治郎の中で何かがわかった。

この喜怒哀楽の鬼への攻撃は殆ど意味がないこと、頚が急所じゃないことがあるのか?違和感の正体は一瞬だけした匂い、5体目の匂いがした。

 

5体目の鬼の頸を切ればきっと、すると玄弥に掴まれ「上弦を倒すのは俺だ!上弦の陸を倒したのはお前じゃない、だからお前はまだ柱になってない、俺が柱になるのはおれだ!」

鬼滅の刃 第113話「赫刀」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

炭治郎は玄弥に首を絞められていることと、玄弥の言葉を受けて「なるほど!!そうか分かった!俺と禰豆子が全力で援護する 3人で頑張ろう」といい、5体目の鬼がいるから探す間時間を稼いでくれと伝えた。

炭治郎の曇りなき目を見た玄弥は絶句したが、炭治郎から禰豆子だけは斬らないように念を押された。

 

鬼は復活をし始めている。炭治郎は集中して鬼の位置を探った。

団扇で風を使ったことにより温泉の硫黄の匂いが飛び、半天狗の本体を見つけることに成功した!

第114話「認められたかった」

鬼の位置を把握した炭治郎は玄弥に5体目の位置を伝えた。援護するから向かってくえといい、禰豆子にも玄弥の邪魔をさせないように頼んだ。

鬼滅の刃 第114話「認められたかった」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

分裂体の重なる攻撃に耐えながら、炭じろうが無惨からもたらされた情報よりも桁違いの反射、戦いへの適応、瀬戸際での爆発的な成長に驚いていた。禰豆子も爆血で攻撃し、玄弥を本体へと近づけるように誘導する。

しかしなかなか見つけられないでいた。もっと低い位置にいると言われ見てみると、手の平サイズあるかないかの本体を見つけることができた。

こんな小さな本体を見つけるほうが困難であり、あの4体をこの小さな鬼が操っているのなら、今まで鬼殺体の人間がやられてきた構図が見えてくるというものだ。

玄弥の願い

鬼滅の刃 114話感想「認められたかった」【ジャンプ29号】 | ジャンプ ...
引用元 鬼滅の刃13巻

玄弥の刀が本体に当たり首を斬ろうとした瞬間に、本体に当たった刀が折れてしまった。銃で撃っても効いていない。そこへ後ろから攻撃がくる気配を感じた。

玄弥は柱になって兄貴に認められたかった。そして「あの時」のことを謝りたかった。

第115話「柱に」

鬼滅の刃 第115話「柱に」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

俺の御袋は体の小さな人だった。早い段階で俺はお袋よりも大きくなった。お袋は朝から晩までとにかくよく働いて寝ているところを見たことがなかった。

親父は図体がでかいうえにろくでもなかった。

人に恨まれて刺されて死んだのは自業自得だ。小さな体で化け物のような親父に怯みもせず俺たちを庇ったお袋は凄い人だと思う。

 

ある日母親がなかなか帰ってこなかった。

心配する兄弟に兄ちゃんが探しにいってくれてるから大丈夫と、ドンドンと扉を叩く音がしたので兄弟は母親が帰ってきたと思って扉の近くに行ってしまい、そこで兄弟たちは殺された。「玄弥逃げろ!!」と実弥が叫び、玄弥はまだ少し息のある兄弟を残して外へ飛びだした。

鬼滅の刃 第115話「柱に」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

そこで目にしたものは包丁を片手にもって立ちすくむ兄の姿と、死んだ母親の姿だった。玄弥は実弥が母親と殺したと思いこみ「人殺し!!」と言った。

酷いこと言ってごめん兄ちゃん。全部が全部言い訳にしかならないけど混乱していたこと、兄弟たちが冷たくなって返事をしなくなり、もう死ぬというのが分かってしまい、あの狼だと思ったものは鬼になった母ちゃんだった。

玄弥の走馬灯

自分たちえお守るために戦って、夜が明けて家族を襲ったのが母ちゃんだと気付いた時、兄ちゃんはどんな気持ちだっただろうか。最愛の母を手にかけて打ちのめされていた時に必死で守った弟から罵倒されてどんあ気持ちだったろうか一緒に守ろうって約束したばっかりだったのに。

鬼滅の刃 第115話「柱に」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

玄弥、家族は俺たち2人で守ろう。親父は刺されて死んでしまった。いない方が清々するけど父親がいないと皆心細いだろうから これからは俺とお前で御袋を弟たちを守るんだ いいな?これからは!じゃなくてこれからも!だよな というと実弥は笑った

謝れないまま俺は死ぬ。兄ちゃんに笑いかけてもらった都合のいい走馬灯をみて、俺才能なかったよ兄ちゃん 呼吸も使えないし、柱にはなれない。柱にならなきゃ会えないのに、頑張ったけど無理だったよ

鬼滅の刃 第115話「柱に」感想・考察
引用元 鬼滅の刃13巻

「テメェみたいな愚図俺の弟じゃねぇよ 鬼殺隊なんかやめちまえ」何でだよ!!俺は兄ちゃんの弟なのに!!「玄弥ーー諦めるな!!」絶対に諦めるな!次は斬れる!俺が守るから頚を斬ることだけを考えろ!炭治郎は「柱になるんじゃないのか!!不死川玄弥!!」と鼓舞した。

その時炭治郎に向かって落雷が飛んできて、炭治郎はまともに喰らってしまったかのように思えた。しかし玄弥は炭治郎を守ったのだ。自分では斬れないから今回だけはお前に譲る。玄弥の気持ちをくみ取った炭治郎は半天狗を追いかけた。半天狗の頸に日輪刀が当たったかと思うと半天狗は舌に「怯」という漢字を出して叫んだ。

第12巻個人的感想と世間の反応

今回は刀鍛冶の里がメインとなり、鬼狩りを弱体化させるために上弦が2体も送り込まれてきました。甘露寺も到着しましたが、今はまだ無一郎は壺の中に入ったまま動けない状態が続いています。無一郎の心にも何かが変わろうとしていますね!

玄弥の心、実弥と玄弥の話が少しだけ明かされることになりました。この兄弟に待ち受ける結末はどんなものになるのでしょうか?鬼滅の刃らしい兄弟愛が描かれることになるのでしょうか?半天狗はこのまま倒すことができるのでしょうか?

世間の反応

 

 

 

 

まとめ

今回は【鬼滅の刃】13巻ネタバレと感想!107話から115話【最新】を紹介しました。

抜粋して書いてあるところもあるので、是非ご自身の目で確かめて鬼滅の刃の虜になって下さい。

半天狗は強いというよりも本当にやっかいな鬼ですよね。今まで語られることの少なかった玄弥の想いも伝わってきました。ここから本当に同期として、仲間としての日々が始まることになります!

今回も最後まで御愛読ありがとうございました。

【鬼滅の刃】12巻ネタバレ・感想!98話から106話【完全無料で読む】

2020年6月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です