コミックシーモアで『呪術廻戦』を70%で読む!

消えた初恋第31話のネタバレ!2度目のシンデレラ

2021年12月13日発売の別冊マーガレット1月号掲載の「消えた初恋」第31話についてネタバレをまとめました。

前回までのあらすじ

ついに本格的に付き合うことになった井田と青木。 青木は最初は自分がリードしていたはずなのに逆にリードされていることに焦りを感じ始めていた。 学校では模試の結果が返却される。
その結果を見てこのままでは井田と同じ学校に行けないことを知って画然とする青木。 井田はそれに気がついて一緒に勉強しないかと提案をした。

あわせて読みたい
消えた初恋第30話のネタバレ!受験勉強に励む2人 2021年11月13日発売の別冊マーガレット12月号掲載の「消えた初恋」第30話についてネタバレをまとめました。 前回までのあらすじ 高校最後の夏休みも終わって学校に登校...

「別冊マーガレット」を半額で見る方法

別冊マーガレット最新話を見るならebookjapanで半額になるのでかなりお得です。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

まだご覧になっていない方は半額で読む方法があります。

その方法はebookjapanの50%OFFクーポンを使うという事です。

手順①ebookjapanのサイトにいく

手順②見たい作品をクリック

手順③Yahoo!アカウントでログイン購入※50%OFFクーポンは残り5回分使えます

目次

消えた初恋31話ネタバレ

井田と青木は英単語の勉強をしています。

青木はストゥーピッドと言う英単語の意味がわからず問いかけます。

それは間抜けと言う意味でした。

井田からのメッセージだったと言うことに気がつく青木。

そんなことで喧嘩しながらもクラスメイト達から見てみればあいつらは仲直りしてよかったなぁと思える平和な出来事だったようでした。

そんな騒がしいことをやっていると・・・

教室に担任の先生がやってくる

今日のホームルームは学級委員長から何か話があるようです。

委員長はまずは受験勉強お疲れ様と声をかけています。

しかしその上で高校最後の文化祭を忘れてはいけないと。

どうやら学級委員長はシンデレラをもう一回やりたいと言うことを提案したかったようです。

クラスメイトたちからはなぜまた同じことをもう一回言わないといけないのかと言う当然の疑問がありました。

学級委員長は実はクラスメイトのみんなが去年のシンデレラで悔しい思いをした事はみんな知っていたのでした。

クラスメイトの中には悔しくて泣いていたものもいたようです。

しかし同じシンデレラを2回もやると言うことをやっていいのかと言う疑問も当然上がっています。

多数決を取ろうと言う

そうするとなんと満場一致でシンデレラをもう一回やろうと言うことになってしまったのでした。

そしてみんなは早速シンデレラの大道具を作りに取り掛かっています。

前回は主人公を演じていた青木も今回は大道具を担当しています。

青木くんはあっという間に馬の絵を仕上げてしまいました。

青木も2年目と言うことで自分の笑顔レベルアップしていることを自画自賛しています。

しかしそれは青木に限ったことではありませんでした。

他のクラスメイトも大道具や小道具、魂のこもった演技と完璧な照明や音響。

クラスメイトたちは最優秀賞を取りに全力を尽くすようです。

ここで文化祭の当日のシフトを交代制にしないかと言う提案がありました。

午前中は青木たちがやって、午後からはみおちゃんたちにすると。

青木は家に帰って文化祭のプログラムを見ながら当日どこに行こうか楽しみにしていました。

青木のお母さんも文化祭に行きたがっているようですが、青木は来なくていいと言っています。

お母さんは今更反抗期が始まったのかと言い返しました。

文化祭当日

青木のお母さんはあんなことを言いながらもLINEでこっそり来てしまったことを青木に報告しました。

青木の心配は井田と自分のお母さんがタイプ的に合わないんじゃないかと心配していたのでした。

絶対に根掘り葉掘り聞いてくるから、今日は絶対お母さんと顔を合わせないようにしないとと青木は決意する。

みおちゃん達はその頃写真部の展示を見ていました。

そこには去年の自分たちの写真が飾られていました。

みおちゃんは相多くんに何かを話しかけようとしています。

実はみおちゃんは推薦合格が昨日決まったのでそれを相多君に伝えたかったのでした。

しかし他のみんなは受験中と言うことで内緒になるべくしておきたかったのでした。

みおちゃんはこれで相多と同じ卒業しても地元の学校と言うことで喜んでいました。

相多はここで驚くべき発言をしました。

相多は地元の大学に行くのはやめて、夢である美容師になるための専門学校に行くと言い出したのです。

それでも東京と埼玉ならそんなに離れてないからすぐだろうと相多はあっけらかんとしています。

みおちゃんがこれでも遠距離恋愛になってしまうと泣き出しました。

相多はここで新郎は自分なりに決めたことをなのだと説明しました。

みおちゃんを見ていたら自分もちゃんとしないといけないと思っていたからです。

2人はちゃんと休みの日には会うようにするとお互いに約束をしました。

そしてこれからはお互いのことを名前で呼び合うと。

その頃青木は2人が交代の時間に来るのが遅いなぁと立ち尽くしていました。

相多だけが先に帰る

相多はみおちゃんは自分のおかげで泣かせてしまったのでトイレで休んでいると説明しました。

高校卒業したら自分の進むべき道をしっかり考えないといけないので、こうやって気軽に楽しんでいるのは今だけだと改めて相多は考えていたのでした。

青木もそれを聞いて考え込んでしまいました。

そんなことを考えながら歩いているとさらにびっくりするような光景が目の前に飛び込んできました。

なんと自分のお母さんと井田がベンチに座って並んで話しているではありませんか。

青木のお母さんは自分の息子の小さい頃の話を井田にしているようです。

当然と言えば当然ではありますが青木はそれを物陰からハラハラしながら見ていました。

青木は実は高校デビューを目指していたのだと。

そして今度は京都に行きたいとか言い出すしあの子は学校で大丈夫なのかなとお母さんは心配しているようです。

井田はそれを聞いて自分は青木と一緒にいると楽しいのだと伝えました。

消えた初恋31話感想

最初こういう漫画が別冊マーガレットに乗っていることに衝撃を受けたのですが、意外と普通にこういう学校生活を描いたかいもあるのだなぁと思いました。

2回目と言うこともあると思いますが文化祭なのに隙が中心じゃなくて裏方の大道具とかのシーンを描く漫画もそうないですね。

青木と井田は特殊すぎるカップルなので、またどこか違うところで改めてふれたいと思いますが、今回着目すべきはやはりみおちゃんと相多のカップルの事ですね。

相多はみおちゃんの進路のことを全く相談しないのはやっぱり間違ってるんじゃないかなぁ。

卒業した後お互いが一緒にいるって言う事は大切なことですからねえ。

正直みおちゃんと同じ学校へ行くとかそういうことでも良かったと思いますよ。

自分の知り合いのカップルは高校卒業した後同じ専門学校に行きました。

その後ちゃんと結婚して子供もいるので、間違ったことではなかったのかなあと思います。

ともあれ推薦が決まったとは言え、みおちゃんは油断しないでほしいですね。知り合いで推薦が決まって調子に乗った行為をして先生に厳重注意されていた人もいたのをいたしました。

あわせて読みたい
消えた初恋第30話のネタバレ!受験勉強に励む2人 2021年11月13日発売の別冊マーガレット12月号掲載の「消えた初恋」第30話についてネタバレをまとめました。 前回までのあらすじ 高校最後の夏休みも終わって学校に登校...

「別冊マーガレット」を半額で見る方法

別冊マーガレット最新話を見るならebookjapanで半額になるのでかなりお得です。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

まだご覧になっていない方は半額で読む方法があります。

その方法はebookjapanの50%OFFクーポンを使うという事です。

手順①ebookjapanのサイトにいく

手順②見たい作品をクリック

手順③Yahoo!アカウントでログイン購入※50%OFFクーポンは残り5回分使えます

「呪術廻戦」が読めるおすすめアプリ

\累計6,000万部突破/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる