藤の花が鬼の弱点?無惨がさがせなかった理由を考察【最新】

鬼滅の刃

この記事では【鬼滅の刃】藤の花が鬼の弱点となっているのはなぜ?無惨がさがせなかった理由を考察!していきたいと思います。

藤の花は作中を通してのキーワードともなっている言葉ですよね。藤の花が至るところに描写されています。

今回はそんな美しい藤の花が何故鬼たちには有毒なのかを検証してみたいと思います。

ではこの記事では【鬼滅の刃】藤の花が鬼の弱点となっているのはなぜ?無惨がさがせなかった理由を考察!についてみていきましょう。

藤の花が鬼の弱点として描写されている理由

どうして鬼は「藤の花」が苦手だったのか?鬼伝説を元に考察して...
引用元:https://images.app.goo.gl/8ZEWUmaPYNLQoDcj7

藤の花には日光を好む性質があった!

【鬼滅の刃】に登場する鬼は日の光を弱点としていますが、その他に「藤の花」も苦手としています。

最終選抜が行われる藤襲山では鬼たちを閉じ込める役割を果たし、無限城での戦いでは、しのぶが体内に取り込んでいた藤の花の毒が童磨を倒す決めてとなりました。

人間が藤の花を大量に摂取すると吐き気を催したり、下痢や食中毒を引き起こす恐れがありますが、その程度であれば鬼にとって脅威とはならないはずです。

なぜ【鬼滅の刃】では、藤の花が鬼に対して有効な植物として描かれることになったのでしょうか?

要因①

大きな要因として考えられるのは、藤の花が好日性植物で、日光の当たる場所を好む特性があることです。

日輪刀は日光を多量に吸収しているため鉄石を素材にして作られているため、鬼を着るとダメージを与えることができます。

それと同じように、藤の花も日光を多く含んでいるため、鬼が摂取すると強力な毒として作用するのではないでしょうか。

要因②

また藤の花がマメ科に属していることも要因の日とつに挙げられるかもしれません。

マメは「魔滅」という文字が当たられることがあり、節分では鬼を追い払う道具として使われています。

節分で使われるのは基本的に大豆ですが、大豆の花は地味なので、より見栄えする藤の花が使用されたのではないでしょうか。

花言葉

ちなみにですが、藤の花の花言葉には「優しさ」というものがあります。

鬼になると人間らしい心が失われて邪悪に染まってしまいますが、そんな鬼たちが「優しさ」の花言葉をもつ藤の花を忌み嫌うするのは、何か意味があるように思えますよね。

心を亡くしてしまった鬼たちが、心の在りどころを探そうとするのを阻止する役目もあるのかもしれません。

無惨が青い彼岸花を探せなった理由

鬼滅の刃」全ての元凶“鬼舞辻”って?「年号がァ!」がタイムリーすぎ!? インパクト大な強敵を振り返ってみた【“鬼”特集vol.2】 | アニメ!アニメ!
引用元:https://images.app.goo.gl/j63UWCk8WUQbnVWE9

現代で発見されて珍しい特性が明らかに!

鬼の始祖となり、ほぼ不老不死の存在となった無惨。彼は平安時代から厄1000年にわたって生き続けましあが、そのほとんどを「青い彼岸花」の捜索に時間をかけました。

彼(鬼)にとって唯一の弱点である日光を克服するために必要なものが、青い彼岸花だったためです。しかし無惨は最後まで、青い彼岸花をてに入れることはなく、炭治郎たちによって倒されました。

その青い彼岸花は最終回の現代編にて意外な形で作中に登場します。現代の東京で善逸と禰豆子との子孫と思われる、我妻燈子、善照姉弟が登校しているとき、スマホのニュースを見て、

我妻燈子が「なんか新しく発見された青い彼岸花のやつでしょ?1年で2日か3日とか?昼間だげ咲く花」第205話

と話しています。

伊之助の子孫として思われる嘴平青葉が、派遣された青い彼岸花を研究中にうっかり枯らしてしまい、謝罪している姿が描写されました。

この説明から日中に行動できない無惨、およに他の鬼たちでは、青い彼岸花を発見することはほぼ不可能だった。

ということがわかります。

ちなみにですが、現実にも1年のうち一晩しか咲かないと言われるサボテン科の「月下美人」という花が存在しており(うまく育てることができたら年に数回咲かせることも可能)、全くありええないという話ではありません。

1000年前、無惨を鬼へと変える原因となってしまった青い彼岸花。

関連【鬼滅の刃】青い彼岸花について考察【最新情報】

しかし現代で青葉が枯らしてしまったため、今後新たな鬼が生まれる可能性はほぼなくなったと言えるのではないでしょうか。

まとめ:【鬼滅の刃】藤の花が鬼の弱点となっているのはなぜ?無惨がさがせなかった理由を考察!

今回は【鬼滅の刃】藤の花が鬼の弱点となっているのはなぜ?無惨がさがせなかった理由を考察!について考察してみました。

鬼が今後いなくなるというのは、物語の中の話しで現実はどうなんでしょう。昔から様々な伝記が残っているのも、その可能性としてぬぐいきれないですよね。

最後まで御愛読頂きましてありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました