【継国縁壱】名言から分かる孤高の剣士の性格や兄に対する気持ちを考察【最新情報】

今回は【継国縁壱】(つぎくによりいち)名言から分かる孤高の剣士の性格や兄に対する気持ちを考察【最新情報】について検証していきたいと思います。

今回の鬼滅の刃は少し趣向を変えて継国縁壱 の名言・名台詞から紐解く性格と真相心理についてネタバレ・感想をご紹介していきたいと思います。

鬼滅の刃は私たちに多くの感動を与えてくれました。その名言についてまとめてみたいと思います。

今もなお伝説として残っている、縁壱は剣士としても、人格者としても魅力があります。無惨を逃亡させてった為に鬼殺隊を除名されていたのです。

この内容はジャンプ最新刊(最終話)までのネタバレを含みますので注意して下さい。

この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。

では【継国縁壱】名言から分かる孤高の剣士の性格や兄に対する気持ちを考察【最新情報】について検証していきたいと思います。

【猗窩座あかざの名言】高みを目指す心理の裏側【最新ネタバレ】

2020年6月19日

【不死川実弥・さねみ】名言集!最終回で義勇交わした笑顔に感動

2020年5月31日

全ての呼吸の源流れである歴代最強剣士【継国縁壱】

鬼滅の刃 最新刊 第20巻 5月13日発売! グッズ付き特装版や21-23巻情報も!!

引用元 https://images.app.goo.gl/6zbRnyc2aNokYVB27

始まりの剣士・・・無惨にトラウマを与えた最強の男

生まれつき痣を発現させており、子供の頃から「透き通る世界」をみることができました。

全ての呼吸の源流である「日の呼吸」の使い手で、現在の鬼殺隊の基礎を築きあげた人物です。炭治郎の祖先。炭吉に日輪の耳飾りと「日の呼吸」を伝え、それは「ヒノカミ神楽」として伝えられています。

80歳まで生きてなお強さが健在だった剣豪

侍の家系の双子の弟として生まれたものの、当時縁起が悪いとされていた忌子であったこともあり、兄継国巌勝とは差別されて育ちました。しかし縁壱には抜きんでた剣術備わっていました。

母の死後、自ら家を出て兄と袖を分かつ形となります。その後再会した兄と鬼殺隊を牽引しますが、再び兄とわかれそして60年後、鬼になった兄と2度目の再会を果たすのです。

名言・名台詞から紐解く性格と深層心理

第99話より「私は大切なものを何ひとつ守れず 人生において為すべきことを為せなかった者だ 何の価値もない男なのだ」

気絶している炭治郎の心に現れた縁壱の言葉。

話を聞く炭治郎の祖父・炭吉は、命の恩人であり最強の剣士である縁壱が自分の無力さに、絶望している様子を哀しみます。

心傷ついた人間としての縁壱と恩人の心を癒したいと願う炭吉。縁壱は炭吉だけに弱みを見せることができたのかもしれないですね。

第174話より「お労しや 兄上」

鬼となった巌勝と六十年ぶりに遭遇した時のセリフです。60年もの間時が止まったかのような感覚に陥り、人を捨て鬼となってしまった兄 巌勝 を憂います。

第176話より「俺は この国で二番目に強い侍になります」

これが縁壱が人生で初めて話した言葉です。兄に憧れ、尊敬し、兄のことを愛していました。だから自分は兄の次でいい、次がいいという子供心からも、縁壱の仁徳ある言動が表れています。

 

第177話より「いただいたこの笛を兄上だと思い どれだけ離れていても挫けず 日々精進致します」

縁壱は兄 巌勝 を尊敬しており、 巌勝から貰った壊れた笛を大切にすると喜んだり、兄の次に強い剣士になると言っていました。

それに対して 巌勝 は弟縁壱に負けたくないというプライドがありました。剣術の基礎を教わっただけで、大人の剣士に勝ち、母の左半身が病に侵されていることを察して、支えていたり、日の呼吸の会得といい・・・

全てにおいて自分の手の届かない縁壱に、巌勝は憎悪を抱くようになります。その感情は実は憧れであったことを巌勝は何百年も経ってから知るのです。切なすぎる2人の感情に涙が止まりません。

第186話より「出会った瞬間に 私はこの男を倒すために生まれてきたのだとわかった」

家族と静かに暮らしたいという夢さえも無惨に奪われた縁壱。無惨を一瞬で切り刻みます。とどめは刺せなかったものの、今もなお残る強烈なトラウマを無惨に植え付けることになりました。

縁壱は生まれながらに持つ自分の身体能力や剣技の才能は、無惨を倒すために与えられたものだと本能的に悟ったのです。

透き通った世界にいち早く到着、皆を磨けあげた最強の男

日の呼吸の剣士縁壱(よりいち)とは?黒死牟との関係性は? | エンタ ...

引用元 https://images.app.goo.gl/vKQBSoLpYYAh37zq7

剣士としての才能だけではなく、優れた人格をも兼ね備えていた縁壱。「日の呼吸」を編み出した縁壱は、太陽のような存在であり、、それゆえに人を焼き尽くすほどの威力を持っていました。

実際に兄の巌勝は縁壱の存在によって、己の限界を知り、それゆえに鬼へと変貌したのです。

代々炎柱を務める煉獄家の先祖も、縁壱を鬼殺隊に招き入れたにもかかわらず、歴然とした実力の差に苛まれ、苦悩に陥ることになるのです。

世間の声

まとめ【鬼滅の刃】継国縁壱の名言集・ネタバレ考察・感想【最新情報】

今回は【継国縁壱】名言を深掘り!新たな真相を解説!【最新情報】について検証してみました。

作中では最強の剣士であり、幼き日から人格者でもありました。継国縁壱の世界へ戻ってまた鬼滅の刃がスタートしtらいいのに残念です。

最後まで最強であり続けた縁壱!今まで、色々支えてくれてありがとう!!!

今回も最後までご愛読ありがとうございました。

【猗窩座あかざの名言】高みを目指す心理の裏側【最新ネタバレ】

2020年6月19日

【童磨・どうま】感情欠落者の読めない思考・眠っている感情を名言から読み取る

2020年6月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です