炭治郎と義勇の運命や共通点について考察!【連携技紹介】

鬼滅の刃
この記事は約4分で読めます。

今回は【鬼滅の刃】炭治郎(たんじろう)×義勇(ぎゆう)運命や共通点について考察!共闘や連携技なども紹介!したいと思います。

この中では私の考察と感想を含み紹介しますので、最後までお付き合い宜しくお願いいたします。

今回から少し趣向を変えて2人づつの紹介をしていきたいと思います。共闘した敵や連携技なども紹介したいと思います。

では【鬼滅の刃】炭治郎(たんじろう)×義勇(ぎゆう)運命や共通点について考察!共闘や連携技なども紹介!ついてみていきましょう!

運命:お互いにとっての”恩人”人生の転機をもたらしてくれた相手

引用元:https://images.app.goo.gl/rcKqs2CX2WKtrpXD7

炭治郎と義勇は、お互いにとっての恩人であるといえるでしょう。

【鬼滅の刃】は、炭治郎が鬼になっつた妹を戻すため、鬼殺隊に入隊して始まる物語です。

もしも禰豆子が炭治郎を襲う現場に義勇が駆けつけていなければ、竈門兄妹のその後の人生はまったく違うものであったハズ。

炭治郎は誰にも頼れず、禰豆子を人間に戻す方法も分からないまま、一人途方に暮れていたかもしれませんね

あの日義勇とのとの出会いがあったからこそ、炭治郎は非常な運命と戦う勇気を得られたと言えます。

義勇も同様に炭治郎の言葉によって人生に大きな変化が生じています。

「義勇さんは錆兎から託されたものを繋いでいかないのですか?」

という炭治郎のひとことがきっかけで、生き残った自分を責めるのをやめ、前向きに人生と向き合うようになりました。

兄弟子として陰ながら成長を見守ってきたことに加え、個人的に感謝の念も抱いている

だからこそ義勇は、炭治郎が鬼化した際には迷いなく”討伐”を選んだのでしょう。

もちろん、伊之助のように炭治郎を殺したくないという気持ちもあったハズです。

ただそれ以上に、人の命を奪う鬼に堕ちてほしくないという気持ちのほうが大きかったのです。

尊敬:人にすぐ懐く炭治郎と距離をとる義勇・正反対の性格だが情の厚さは共通

引用元:https://images.app.goo.gl/iKHts1nWqUf597Mg6

炭治郎の圧倒的コミュニケーション能力の根底にあるのは、他者への深い情です。

この”情”というキーワードは義勇にも当てはまるといえます。

本来は憎むべき鬼の禰豆子を助け、妹を人間に戻したいという炭治郎に道筋を示す

2人が処分されそうになれば、自らの命をかけて説得を試みる・・・。

これはまさに竈門兄妹への情あってこその行動だといえます。

言葉足らずゆえに真意が汲み取りにくい義勇の言動は、他者への配慮が足りない印象を与えがちです。

刀鍛冶の里で無一郎に注意したように、本来の炭治郎は他人を慮ない人間を許せないはずです。

それでも義勇に腹を立てたことがないのは、義勇は不器用なだけで本当は情に厚い人間だと知っているからなのでしょう。

妹を傷つける奴は許さないマンの炭治郎!実は尊敬する兄弟子・義勇は過去に・・・

引用元:https://images.app.goo.gl/aAFeXjzpAB8daTVL6

過去に禰豆子を傷つけた人間といえば、真っ先に思い浮かぶのは実弥です。

後に炭治郎は実弥と再会した際に礼儀正しく受け応えしつつも「俺も認めてないので!禰豆子刺したんで!」としっかりアピールも忘れていませんでした。

実はこの他にも鬼殺隊にはもうひとり、禰豆子に刃を向けた人物が存在します。・・・そう義勇です。

鬼になったばかりの禰豆子に刃を突きたてています。

とはいえ、この義勇の行動は炭治郎を助けようとした結果であり、見せしめのために禰豆子を刺した実弥とは目的が異なるため、炭治郎の仲ではノーカウントなのでしょう。

共闘し相対した敵

累、猗窩座、無惨

連携必殺技

同時攻撃:隊無限城のザコ鬼

水の呼吸・陸ノ型 ねじれ渦+水の呼吸・参ノ型 流流舞い

連続攻撃:対猗窩座戦

水の呼吸・拾壱ノ型 凪→ヒノカミ神楽・烈日紅鏡

まとめ:【鬼滅の刃】炭治郎(たんじろう)×義勇(ぎゆう)運命や共通点について考察!共闘や連携技なども紹介!

今回は【鬼滅の刃】炭治郎(たんじろう)×義勇(ぎゆう)運命や共通点について考察!共闘や連携技なども紹介!について考察紹介させていただきました。

圧倒的人気があった義勇と優しすぎる炭治郎は兄弟子関係という場所に留まらず、義勇は炭治郎のことを本当に守りたかったんだと今になっても、その想いは消えないですね。

義勇もさまざまな名言を残していますが「炭治郎を殺したければまずはまず俺から倒せ・・・!!」の言葉に義勇の炭治郎への思いが溢れていると思います。

最後まで御愛読いただきましてありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました