【回覧注意】最終回ネタバレ

炭治郎・ねずこ・善逸・カナヲ
どんな未来が待っていた?

詳細はこちら

【ピノキオ】ピュア韓国ドラマのキャストあらすじから結末感想

楽しむ
この記事は約6分で読めます。

ゼペットじいさんが生んだ最高の奇跡にして傑作の「ピノキオ」をタイトルにするドラマ作品。

どのような内容なのかとても気になりました。

なんてことはなく主演のイ・ジョンソクが見たくて観ました。

パク・シネちゃんも現代風に可愛らしくてよかったです。

関係はよくあるパターンではありますが恋は落ちモノとは真逆の、

時を経た恋心シチュエーションが韓国ではウケるのかと思われます。

少し変わった設定ではあります。あらすじはもちろん結末感想と絶対に外せないシーンを独り思い出に酔いながら紹介します。

「わかるー!」と共感していただければ嬉しいです。

ピノキオキャスト

キャストは粒ぞろい!

主役二人はもちろん今回は脇を固める役柄ですが主役を張るくらいの俳優さんが多く出演されています。

イ・ジョンソク

チェ・ダルポ/キ・ハミョン役

俳優にしてモデルです。立ち姿がかっこいい。性格が悪くてもかっこいい。見たドラマがよかっただけですが素直じゃないだけなのです!多分

ただただ素敵でした。

パク・シネ

チェ・イナ役

女優さんです。彼女はなんと「天国の階段」で冬ソナに代表されるチェ・ジゥの子役を務めていたのです!

キャリア女優でいらっしゃるのですね。最近の韓流ドラマの傾向で序盤なんのとりえもない顔立ちの女優さんが(多分わざと)終盤とても綺麗になっていくのが見受けられますがそのハシリともいえなくありません。

考えてみれば日本でもそうですよね、芦田愛菜ちゃんとか。

キム・ヨングァン

ソ・ポムジョ役

モデルにして俳優さんです。好みじゃありませんがスタイル抜群です。私の好みはどうでもよいのですが、彼もまた他の作品では主役を張る俳優さんです。

イ・ユビ

ユン・ユレ役

可愛い♪素も(?)役柄もとにかく可愛い♪

タレント一家です。主役もやる女優さんです。

ピノキオあらすじ

メディアに家族を殺されたハミョンは老人に助けられ同時に叔父と同い年のイナという従兄弟ができてダルポとして家族を得る。

イナは嘘をつくとしゃっくりをしてしまうピノキオ症候群でありながら母の影を追うように報道の道を目指す。

仇でもある報道の道へダルポも並んで進むことになる。

実は親の仇であった人の娘であるイナと恋に落ちるダルポ。

兄とイナの間で苦しんだ先に見える未来は…。

ダルポのお兄ちゃんはなんて素晴らしい熱を持っていることか。悪いことなど全然ありません。

ピノキオ症候群とは、タイトルのピノキオとはこういうことかと合点がいきますがいっそ原作通り鼻が伸びれば面白かったのにとおもいます。(ふざけすぎ)

ピノキオの見所

作品中も様々な人間関係があります。それぞれの悩みや思いがどう解決をみるのか見所をいくつか紹介します。

ダルポとイナ

メインの関係です。

血のつながらない家族の距離で芽生えた恋愛感情を抑えきれなくなってからダルポにしてみれば仇の娘に恋をしてしまう。

イナにしてみれば母にも思慕がありもちろんダルポも大切に思っています。

イナはダルポのボタンなんて大切に持っていたりしてなんていじらしいのかしら。と思いつつもつれないダルポの素振りにドM心を刺激された視聴者は多かったと思っています。

ソン・チャオクVSキ兄弟

イナのママと父親を死んでまで侮辱されたと復習に燃えるキ兄弟の結末。

あまりにも壮絶で凄惨な心情を思うとイナママちょっとやりすぎ…。

と思う反面。ジャーナリスト根性も経験値もあるママは潔すぎてかっこいいと思ったり。

平和に収まってほしいと強く思う関係です。

ソ・ボムジョ絡み

ボムジョはただのおぼっちゃまではなくてとてもスマートなみんなの同期です。

女帝であるママから離脱できるか、ママと戦えるかも見所ですし、イナを純粋に好きなところも切ない。

どうして上手くいかない方の相手はこんなにいつもいいやつなのだろうと思わされます。

ユレとキャップ

ユレはとにかく可愛いのでどんな勘違いも許せます(笑)

それでもキャップの優しいところに途中から気付くのですが遅っっ!

顔はまぁまぁですが素行はキャップかっこいいですよ。

もうキャップでいいじゃん!と何度思ったことか。

絶対見逃せないシーン

ある程度年齢を重ねるとダイレクトさを生臭く、目に見えないものに官能を感じるようになってきます。

本当はピノキオを10代後半でみたかったなぁぁぁ。と思わされたシーンです。

8話

ダルポとイナのキスシーンです。

本当はキスしてしまいたいイナがいけないっっ!と手で口元を隠すのです。

もうね本気で

ないわーっ!

叫びました。

疲れる見方はやめようと常々思ってるんだからほんとやめてほしいけどやめられないのが韓流(笑)

多分普通に受け入れキスでは物足りないはずなので結果的に正解です。

雪も降っていて

最高のシチュエーションの中当然のように怯まず切なく手のひらにキスするダルポ

最高にスイートです。

上手くいくのは見ててわかるのだけれど

お互いの気持ちを確認しきれてないくらいの時期が一番楽しい♪

8話 裏

綺麗にまとめようと思ったのですがどうしても気になって紹介してしまいます。

本筋には全く関係ありません。

イナが髪型もみなりもどうしようもなくてなんとかしようとするのですが、もちろん直接的に出ているわけではありませんがトイレの水を使用して髪を洗ったというくだりがあります。

ありえない…。

むしろそのままでいってくれと思ってしまいました。

あまりにも美しいシーンと対照的なのでどうしてもひっかかります。

でも美しさが勝ってあまり話題にされていません。

まとめ

イ・ジョンソクは思えば『シークレットガーデン』にちょこっと出ていたときに比べ、呆れたようにため息をつくだけの演技(韓流ありがち)からも激しく成長したなと思います。(偉そう)

キスシーンがうますぎて好きでやっていますがあらぬ妄想心を掻き立ててくれるじゃないかととにかくまたドラマで姿を見れる日を楽しみにしております。

イナママも『チャングムの誓い』のチェ尚宮以来の個性顔で大好きです。

あまりみかけないので探してしまうくらい中毒性が高い。

それは韓流ドラマ全体にも言えることでピノキオは拍車をかける作品と言えます。

是非試聴してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました