U-NEXTの無料期間終了した方

まんが王国が激アツ!
今なら22巻が無料で読める!
Twitterアカウント3分で完了!

まんが王国公式

【鬼滅の刃】9巻ネタバレとあらすじ!71話から79話内容を解説【無料】

鬼滅の刃コミック
この記事は約15分で読めます。

今回は【鬼滅の刃】9巻ネタバレとあらすじ!71話から79話内容を解説【無料】を紹介しようと思います。

第9巻は「遊郭潜入大作戦」吉原遊郭に巣くう鬼うぃあぶり出すため音柱・宇髄天元が送り込んだ3人の嫁が消息を絶った。

天元とともに遊郭に潜入した炭治郎は藪姫という花魁の周囲で奇妙な事件が起こっている事を知る。鬼との戦いが再び始まった・・・。

それでは8巻に引き続き【鬼滅の刃】9巻ネタバレとあらすじ!71話から79話内容を解説【無料】についてみていきましょう。

第71話 「遊郭潜入大作戦」

鬼滅の刃 第71話「遊郭潜入大作戦」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

宇髄は自分のことを神だといっている。自分は神でお前らはゴミだ。そしてもう一度言う、俺は神だと・・・。善逸は思ったヤベェ奴だと。炭治郎が具体的には何を司る神ですか?と質問し、善逸はとんでもねぇ奴だと心の中でかんがえていた。宇髄は真剣に派手を司る神・・祭りの神だと言うのだが、善逸はアホを司どっていると判断した。

すると伊之助は自己紹介と思ったのか、「俺は山の王だ」よろしくな祭りの神と言ったが、宇髄は何言ってんだ 気持ち悪いと言ってのける。客観的に見ている善逸は同じような次元に住んでいる奴に対しては嫌悪感があるんだなと思った。

花町までの道のりの途中に藤の家があるからそこで準備を整える。そういうと宇髄は嘘のような速さで移動していた。藤の家紋の家につくと宇髄は何やら準備をさせているようだった。

遊郭に潜入したら嫁を探せと指示する宇髄に、善逸が激怒した!自分の個人的な嫁探しに部下をつかうな!しかし宇髄は単なる嫁探しではなく、遊郭にスパイとして送り込んだ定期連絡が途絶えたから、自分の行くのだという。

男と女の見栄と欲の愛憎渦巻く夜の街

届いた手紙があまりにも多いので、長期潜入ですか?と問う炭治郎に対して宇髄は嫁が3人いるからとサラリと言ってしまったので、善逸が激怒した瞬間に善逸は殴られ気絶した。目立たないようにと念押しされているので、ある方法で潜入することになった。

鬼滅の刃 第71話「遊郭潜入大作戦」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

すでに怪しい店は絞っているのでそこに侵入して、嫁を探し情報を得るということだった。「ときとや」に須磨。「萩本屋」のまきを。「京極屋」の雛鶴である。伊之助が嫁もう死んでるんじゃと言ったら伊之助の派手になぐられた。用意されたものが運ばれてきて、男と女の見栄と欲の愛憎渦巻く夜の街に、女装して潜入することになって炭治郎たち。。。

善逸葉女装させられたことに怒っていたわけではなかった。宇髄の顔が普通に男前だったことに嫌悪感を抱いていたのである。途中で花魁と遭遇することになった。一番位の高い遊女が客を、迎えに行くことを花魁道中という。善逸は嫁と勘違いして、また宇髄に殴られることになった。

そこへ伊之助を預かりたいという女性が声をかけてきて、善逸だけが売れ残ってしまった。

鬼滅の刃 第71話「遊郭潜入大作戦」感想 | マンガモア【2020】 | 刃 ...
引用元 鬼殺の刃9巻より

第72話 「お嫁さんを探せ」

その頃化粧を落とされた伊之助は顔が綺麗なために、売れっ子にするとはしゃぐ女将たちであった。その頃善逸は三味線をものすごい勢いで引いていた。

絶対音感の持ち主である善逸はいちど聞けば三味線の事もなんでもひけてしまう。しかしあまりの不細工に、よく店に入れたという女中の言葉を遮って、女将が自分を捨てた男を見返そうという気概を感じるという。

足抜け

鬼滅の刃 第72話「お嫁さんを探せ」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

売れ残った善逸は宇髄への復讐を糧に「見返してやる アタイ絶対吉原一の花魁になる!(なれません)と思ってい巻いた。そのころ炭子と名乗り真面目に働いていた。鯉夏花魁の部屋に荷物を運んだ時に、足抜けという言葉を耳にした。

足抜けとは借金を返さずに逃げ出すことで、好きな人と逃げ切れることも、そして須磨の名前がでてきたところで花魁が登場し、須磨の事を聞くとどうしてそんなこと聞くの?とぎゃくに追い詰めたられてしまった炭治郎は苦肉の策で、須磨が自分の姉だという節制にした。

炭治郎は嘘がつけないタイプなので、表情が凄いことになっていました。

須磨

宇髄天元(うずいてんげん)の嫁は3人いる!命より大切な妻たち【鬼滅の刃】
引用元 鬼殺の刃9巻より

手紙のやり取りをしていたと嘘をつき、足抜けするような人ではないと炭子がかたると花魁もしっかりした子だったからというのだった。しかし日記に足抜けするというかきのこしがあったとされる。人がいなくなっても遊郭からの逃亡と思われるだけで、日記を偽造だろうと判断した。

宇髄は屋根から様子を伺っていたが、鬼はなかなか尻尾をださずにいた。気配すら巧妙に巻かれていることで上弦の鬼と宇髄はすぐに察知した。上弦の鬼ともなるとド派でな戦闘モードに入ることは必須である。

まきを

鬼滅の刃】宇髄の嫁まきをは実は強い?須磨・雛鶴と合わせて解説 ...
引用元 鬼殺の刃9巻より

まきをは部屋のとじこもってできてないという、具合が悪いだけで姿を消すというのは妙だ、そう思う伊之助だが、建物の中で暮らすこと、着物をきるというのは伊之助にとっては拷問に近いものがあった。

帯でぐるぐる巻きにされたまきをの姿があつた。

【第73話 】追跡

まきをは情報を伝えようと、何とかそとに出て宇髄のこのことを知らせようとしている。見張っていた伊之助は嫌な空気を感じとりまきをの部屋へと向かった。部屋に入った伊之助だが、部屋の中はズタボロで窓も開いていないのに風が吹いている。天井裏から音がすると思っ伊之助はそこにあったうどんの皿を天井にぶつけた。

激しい地響きが天井裏から伝わってくるので伊之助は、天井から壁を伝っている方向につけて拳をつきさした。しかしそれは遊郭に来ていた一般人だった。そのせいで正確な位置を把握できないでいた。

蕨姫花魁

鬼滅の刃 第74話「堕姫」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

一方の善逸は我に帰り、三味線と琴の腕前あげてどうするんだ・・・宇髄の嫁探しをするのだったと、聞き耳を立てていた。そこへ女の子の泣き声が聞こえてきた。「一大事だ 女の子が泣いている」とちょっとカッコつけてみた。

部屋に入ると部屋の中はズタボロになっており、喧嘩したの?という善逸の背後に鬼が現れた。善逸も直感で上弦の鬼だということを察知。

善逸のことを庇おうと、昨日入ってきたばかりなので許して欲しいと懇願しますが、蕨姫は傲慢な態度をとり、善逸は自分が勝手に入ったこと、部屋がめちゃめちゃで女の子がないていたことを説明した。すると藪姫花魁は善逸のことを、不細工だといい、死んだ方がマシだといった。そして泣いていた女の子の耳をひっぱり早く片付けろを命令した。

善逸は茨姫花魁の手をとり、女の子を引っ張っている手を離して下さいといった。

第74話 「堕姫」

鬼滅の刃 第74話「堕姫」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

炭治郎たちが到着する2日前のことだった。京極やの女将が茨姫を呼びつけ説教していた。けが人や足抜け自殺した子はみんな茨姫がしたようなものであると、今まで目を瞑ってきたけど、限度を超しているからもう庇いきれない。しかし茨姫は誰の稼ぎでこの店がこれだけ大きくなったと思ってんだ婆と口にした。

女将は話を始めた・・・「もの凄い別嬪だったけど、もの凄い性悪で、その花魁は姫とつく名を好んで使っていて、気に喰わないことがあると頸を傾けて睨めつけてくる」そしておかみは気付いてしまった人間ではないということを。

隠しておくべき事だったと気付いたところで黙っておくのが賢い生き方だと、今まで皆そうして生きていたと。

鬼滅の刃 第74話「堕姫」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

怯えなくても年寄りの肉は不味いといい絶対に食べたりしないというと、空中から女将であるお三津を落として転落死させてしまった。美しいものにしか食べない 堕姫 。

無惨再び

鬼滅の刃 第74話「堕姫」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

堕姫が部屋に帰ると無惨が姿を現していた。随分人を喰らって鬼の力が増したことを褒めている。油断するな、うまくことが進んでいる時こそ足元をすくわれやすい、鬼殺隊の中でも柱などはすぐに鬼だと看破されてしまう。しかし柱意外の人間は見た目では判断できない。無惨は 堕姫 にして期待していると告げ、誰よりも美しい、柱を7人葬り、これからももっと強く残酷になる特別な鬼とつけくあえた。

そのころ蕨姫花魁が善逸を殴り、躾が必要だというが、そこへ旦那が駆けつけてきて、店の時間になるから顔を立ててくれと土下座した。すると 堕姫 は最近癪にさわることが多くてごめんなさい。と、一応謝った。支度をするから出ていけといい、善逸は失神しているけれど軽傷だと受け身をとったことから鬼殺隊だということがバレてしまった。

少し時間がかかったけれど、鬼殺隊が釣れてきていることに喜ぶ 堕姫 。炭治郎は夜空を見上げ、この街の夜は濁った匂いがすると感じとっていた。

第75話 「それぞれの思い」

善逸が突然姿を消してしまったことを旦那に報告にきていた女性だが、旦那は蕨姫の気に障るようなことをしたからとはねのけてしまった。屋根の上では炭治郎と伊之助が話してした。伊之助のところに鬼が出たこと、身振り素振りで伝えようとするが、まったくわからない・・・そこへ宇髄が現れ善逸はこないと静かにいった。

善逸が来ないわけを聞く炭治郎に、自分が嫁を助けたいために、判断ミスをしたこと、善逸は行方不明で連絡が途切れていること、炭治郎たちにここ花街から出るように命令した。ここに巣くう鬼が上弦だった場合対処ができないからである。炭治郎が抵抗しようとしたが生きている奴が勝ちだから機会を見誤るるんじゃない。と告げていなくなってしまった。

階級を示せ

鬼滅の刃の階級制度という忘れられた設定 : あにまんch
引用元 鬼殺の刃9巻より

自分たちの階級が一番下だから信用されなかったのかと、落ち込む炭治郎だったが、伊之助は階級が上がっていることを教えてくれた。言葉と筋肉の膨張によって浮き出る文字は藤花掘りという特殊な技術で鬼殺隊の印であった。

藤の山で手をこちょこ緒された時につけられたものらしいが、炭治郎は覚えていなかった。知らなかったことに落ち込む治郎だが、伊之助から元気出せといわれ、こんな場合じゃないと素早くたちなおり、夜になったら伊之助の元に向かうから、夜までまってくれと頼んだ。

鬼が自分のところに居るからさっさと来いという伊之助に、炭治郎は夜は宇髄が見張り善逸は姿がきえ、今も身を隠しているから建物の中に通路があるのではないかと提案した。店に出入りしてない限り鬼は内部のものの可能性が高い、ここは夜の街だから鬼にも都合がいいが、夜は仕事をしなければならないから、不都合もしょうじる。

炭治郎は善逸のことも奥さんたちも生きているという、そのつもりで動く、だから伊之助もそのつもりで行動してほしい、絶対に死なないでほしいと伝えた。すると伊之助はそれは全部今俺言おうとしたことだと告げた。炭治郎は恋夏花魁のところへ鬼殺隊として姿をあらわした。お世話になったお礼を旦那さんたちに渡してくれと頼んだ。

鬼滅の刃 第75話「それぞれの思い」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

訳があって女装の姿でしたが、実は男なんです。と告げた炭治郎に対して、男だということはとっくにバレていて、事情があるのだと思っていたという。

明日この街をでていくという鯉夏花魁だからみんなの事が心配で、嫌な感じのする出来ごとがあっても自分には調べる術がないと言った。笑顔でいて下さいと言い残し、炭治郎は席をあとにした。

炭治郎がいなくなつてから、またひとり部屋に入ってきたのが 堕姫 であった。忘れないように喰らっておかないと今夜までしかいないからね。という 堕姫 だが、鬼の気配を察知した炭治郎が部屋に戻ってきた。

第76話 「それぞれの場所で」

夜になっても現れない炭治郎にイライラしていた伊之助は、天井裏に隠しておいた刀をもってくるように、宇髄の忍獣であるムキムキねずみに命令した。そして猪突猛進と進みだした。

善逸と雛鶴がいなくなった京極屋に宇髄が忍び込んでいた。善子(善逸)と雛鶴の居場所と怪しい者の名前を聞きだしていた。

仇をとってやるから信用して言え と宇髄に言われた亭主は蕨姫という花魁である、日の光の当たらない北側の部屋にいることを告げた。亭主が振り返った時には宇髄の姿はなく、 堕姫 の姿もまたなかった。宇髄は鬼の気配をさぐりつつ、雛鶴の元へとむかった。

堕姫の異能

鬼滅の刃】堕姫の強さと血鬼術の能力は?過去・生い立ちや鬼になった ...
引用元 鬼殺の刃9巻より

炭治郎が 堕姫 の元へ到着したときには 恋夏花魁 は 堕姫 の帯で顔しかない状態になっていた。出血もしていない、血の匂いもしない、そう思った瞬間に炭治郎は隣の壁に吹き飛ばされていた。炭治郎は攻撃をうけパニックになっていた。体が反応できているから今生きている。

手足に力が入らないのは自分が怯えているかRであり。体が痺れているのは背中を強く打っているから当たり前だ。 堕姫 の武器は帯であり異能がある。人間を帯びの中に閉じ込めることができる。建物の中をいくらさがしても抜け道がなかった理由が今わかった。帯が通れる隙間さえあれば人をさらうことができる。

堕姫 は美しいものしか食べない。炭治郎の目だけほじくりだし喰らってあげるといった。禰豆子の箱は壊れていなかったが、背負って戦えないとした炭治郎は、禰豆子に自分の命が危ない時以外は箱からでるなと。

そして 堕姫 と炭治郎の戦いは始まった。炭治郎は 堕姫 の帯に捕らわれていた鯉夏を救いだすことに成功したが。死にかけのネズミのようで愛着が湧言った 。

第77話 「轟く」

鬼滅の刃 第77話「轟く」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

客がつかなくなつたたり、病気になったりしたら送られる場所、それが切見世という場所だった。宇髄はそこで嫁の一人である雛鶴を発見した。

雛鶴は蕨姫が鬼だということに気付いたが、 堕姫 も怪しいと勘づき毒を飲んで病気のふりをしていたのです。京極屋を出ようとしたときに 堕姫 から帯を渡された。監視及び殺害目的として、何かあった場合即座に殺害できるためである。

解毒剤がきいたら吉原を出るように言い残して、宇髄は地面の下か戦いの音を嗅ぎつけるがそこは幼児しかはいれないようなスペースしかなかった。宇髄は背中に背負っていた日輪刀を取り出し、轟という技で地面をえぐりだした。

鬼滅の刃 第77話「轟く」感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

二刀流の宇髄天元の日輪刀のその太刀は爆発する、桁違いの威力である。喰らって生き延びたものがいないので、今のところ仕組みは不明である。何人で来たかと問われてももちろん炭治郎は言わない。

正直に言えば命だけは助けてくれるという 堕姫 。そして既に炭治郎の刀が刃こぼれしていること。その刀を打ったのが碌な刀鍛冶出ないと言え荒れ、炭治郎は刃こぼれするのが使い手が悪い、そして自分が水の呼吸に適した体でないことを確信していた。

心を燃やせ

心を燃やせ! | 自分マンガの描き方〜マンガの世界から見る ...
引用元 鬼殺の刃9巻より

炭治郎の場合は一撃の威力はどうぢてもヒノカミ神楽の方が強く体に合っていること、しかしその強力さゆえに連発が出来なかった。しかし炭治郎はそのために練習をしてきた。燃やせ「心を燃やせ」!!煉獄の言葉に勇気をもらった炭治郎は帯をきることができ、炎舞を繰り出した。

大したことないと油断している堕姫に幻日紅が炸裂した。高速の捻りと回転による躱し特化の舞、視覚の優れたものほどよりくっきりと残像を取られてしまう隙の糸が見えた瞬間炭治郎は堕姫に向かって火車を発動させた。

第78話 「ぐねぐね」

炭治郎の攻撃はあっさりと交わされてしまった。突き飛ばされた炭治郎は、ヒノカミ神楽を連発してしまったせいで、倒れてしまった。隙の糸が見えてもすぐに斬られてしまう。炭治郎の攻撃が遅いと思った炭治郎が体温をあげることに。

以前炭治郎は高熱が続いていたことがあった。熱があるにもかかわらず、いや熱があるほうが調子が良いと、ヒノカミ神楽を連続してつかえて強くなれるというやりとりを、蝶屋敷の3人娘のうちおひとり、きよちゃんと話していた。

炭治郎は上弦の鬼と戦えている、ヒノカミ神楽なら通用すると思い、ただ通世するだけではなく、自分のもてるもの全てをだしきってかとうと思っていた。二度と理不尽に奪わせ無い、誰も、俺達と悲しい想いをさせない。

人帯

鬼滅の刃 第78話「ぐねぐね」感想 | マンガモア | 滅
引用元 鬼殺の刃9巻より

少し時をさかのぼって伊之助の侵入していた荻本家では大変な騒ぎになっていた。猪の化け物が天井とか床とか壊しまくっていると。正体は伊之助でやっっと鬼の気配のする穴にたどり着いた。

そして入ろうとしたら顔しかはいれないことに気付き、体中N関節を外し猪突猛進を繰り返しながら進んだ。

伊之助が辿りついた先には、帯に身を拘束されたひとたりがたくさんいたのである。伊之助が考えていると帯にかわまっている善逸を発見した。完全に寝ているようである。すると帯のようなミミズのような化け物が現れた。

第79話 「風穴」

伊之助はうまく人をよけてきり、勘の鋭さで前後左右どこからの攻撃にもさっつぃて殺す。食糧貯蔵庫にまで鬼狩りがはいってくることを想定していなかった。しかし堕姫の反応は伊之助は美しいから生け捕りにしろというものだった。布がグネグネして刀が通らない

本体を斬らないと意味ないんだけど、というみみず帯人をまもりながら戦わなければいけないという不利な状況の中で、捕まっていた宇髄の妻たちが戦場に復帰しました。

これが本体でないつぃたら戦いが終わらないと考えていた、伊之助の前に霹靂一閃六連を放つ善逸が現れた。伊之助は思った。ずっと寝てたほうがいいんじゃないかと・・・

鬼滅の刃 第79話「風穴」感想【2020】 | 滅, 刃, 感想
引用元 鬼殺の刃9巻より

落雷

帯は考えていた、3つ落雷のような音がしたこと、善逸の放つ技から2つ聞こえもう1つは上からだった。煙の中から出ていたのは宇髄だった。宇髄は遅れてすまなかったと謝った。そしてここからはド派手にいくぜ!!と言うのでした。

第9巻個人的感想や世間の反応

こんかいは個人的にすきな遊郭編になります、音(派手)柱が性格も顔も男性女性どちらの立場からみてもイケメンすぎですよね。

この巻は作者の面白く書きたいところが遺憾なく発揮されて書かれた巻なのでは?無限列車編では相当泣かされてしまいましたので、この巻はギャグようそも含んでいたので少し気持ちが楽になったような気はしますが、鬼との戦闘は続きます。気を引き締め直して読みすすんでいきたいですね!

世間の反応

鬼滅の刃 #22 宇髄天元まとめ+予告

https://twitter.com/sameoradio/status/1259459547850137600

鬼滅の刃を無料で読む方法【おまけ】

結論から申し上げますと無料で読む方法は2つあります。

≫≫U-NEXTで1巻を無料で読む

≫≫FODプレミアムで4巻を無料で読む

上記のように最初の無料期間であればポイントを使って無料で読む事ができます。それぞれの会社には無料期間があり期間内に解約をすれば料金は一切かかりません。

サービス名無料期間無料漫画
U-NEXT31日間1巻
FODプレミアム2週間4巻

U-NEXTに関しては業界NO1とも言われており、配信される漫画数や動画数が多いのが特徴です。一方FODプレミアムは漫画はもちろんフジテレビ系の動画配信を独占で配信している特徴があり両社共おすすめのサービスです。

何といっても毎月貰えるポイントを使って漫画や動画配信が観れるというのが特徴の一つです。

詳しい内容は下記に記載しております。是非一緒にご覧下さい。

あわせて読みたい [kanren postid=”26147,25746″]

まとめ

今回は【鬼滅の刃】9巻ネタバレとあらすじ!71話から79話内容を解説【無料】について紹介しました。

抜粋して書いてあるところもあるので、是非ご自身の目で確かめて鬼滅の刃の虜になって下さい。

今回も音柱に同行という重要な役目を果たすことになった炭治郎たちですが、今回のおにもそう簡単には倒すことができそうにはありません。

それは上弦の鬼だからです。そして鬼滅の世界で重要視されている兄弟の絆をこの鬼たちはもっているのです。

今回も最後まで御愛読ありがとうございました。

 

 

 

コメント

  1. より:

    わかりやすくて良かったでふ

タイトルとURLをコピーしました