【鬼滅の刃】鱗滝左近次の正体を考察【最新情報】

今回は【鬼滅の刃】鱗滝左近次の正体を考察【最新情報】 について検証 していきたいと思います。

なんといっても炭治郎・義勇の育手としても、元最強水柱としても大活躍ですね。そのお面も気になるところです。

この内容はジャンプ最新刊までの内容を含みますのでネタバレに注意して下さい。

この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。

では【鬼滅の刃】鱗滝左近次の正体を考察【最新情報】 に ついてみていきましょう。

鱗滝左近次とは?

鱗滝左近次がお面をつけてる理由はなぜ?素顔や正体の予想まとめ ...
引用元https://images.app.goo.gl/MNjKiRYKvaTR2bbu8

炭治郎たちを育てた元水柱

鱗滝は鬼殺隊の元水柱で、炭治郎を鬼殺隊へ入隊させるために、育手として戦い方を教えてくれた師匠です。現役の時から常に天狗のお面をつけているのが特徴。また炭治郎と同じく鼻が効き、匂いから相手の感情を理解できる能力をもっています。

鱗滝は過去にも錆兎や真菰など13人の弟子を持っていましたが、鬼殺隊入隊試験の最終選別にて、全員手鬼に喰われてしまったことから、心を悔やんでいました。二度と同じ過ちを繰り返さないために、炭治郎が死覚悟するほど厳しい修行を行い、剣士にとっての刀の大切さを「刀を折った場合はお前の骨を折る」と説きました。

情に厚く、人の命を大切にする鱗滝ですが、一貫して面を外さないのにはどんな理由があるのでしょうか。

お面をつけている理由

Amazon | 鬼滅の刃ウエハース 016 錆兎&真菰【ビジュアルカード ...
引用元
https://images.app.goo.gl/mP3dUSn2HW6oqQaQ9

鱗滝がお面を外さない理由は、公式ファンブックによると「顔が優しすぎて鬼になめられるから」となっています。しかし鬼がなめてかかって油断してくれた方が、むしろ有利に働くような気もします。何かほかに理由があるのではないでしょうか?

鱗谷は育手として多くに子供たちを育ててきました。修行のためとはいえ、ワナだらけの山に置き去りにするなど、子供に過酷な試練を与えています。

そうしてk度もたちが苦しみ、努力を重ねる姿に、鱗滝はお面の下で苦悩や慈愛に満ちた表情を浮かべているのではないでしょうか。

しかし強い剣士に育てるためには非常に徹する必要があります。天狗のお面は。剣士を育てるうえで、優しさを隠し、厳しさを見せるための必要なアイテムなのかもしれませんね。

鱗滝のお面に託された想い

鬼滅の刃の鱗滝の正体が気になる!仮面に隠された素顔や能力をまとめて ...
引用元
https://images.app.goo.gl/m7Fh4JKchJu1egPs9

師匠である鱗滝は天狗のお面をつけ、弟子には白い狐のお面をつけさせています。これには深い意味がありました。水の呼吸は呼吸法の中でも初心者向けの呼吸法であり、使い手が一番多い呼吸法です。

柔軟な技が多い事により相手に合わせて幅広い対応能力があります。 水の呼吸の育手として鱗滝が登場しくるのですが、鱗滝は元水柱で天狗のお面がとても特徴的です。

弟子としては義勇・錆兎・真菰・に炭治郎がいますが、教えられるのは鱗滝さんではないようです。村田さんが水の呼吸の使い手として登場することからもそれは伺えます。教え手が多数いる中で鱗滝さんから呼吸法を教わった弟子達にはどんな特徴があるのでしょうか。

義勇は炭治郎の頼れる兄弟子ポジションで炭治郎が鬼殺隊に入るきっかけを作ってくれた人でもあります。義勇は自分は柱に相応しくないと話していました。ですが炭治郎との会話がきっかけとなり、自らが水柱的なセリフが出てきて感情面もどんどん出てくるようになりました。

随時更新】TVアニメ「鬼滅の刃」各話感想【画像多め】
引用元
https://images.app.goo.gl/iMd2xxZgRVkMEcfaA

鯖兎はとても印象深いです。圧倒的な強さを持ちながらも炭治郎や義勇に己の死すら託すという真っ直ぐな性格です。名前の漢字の意味の如く性格に惹かれます。錆兎の漢字に兎が入っています。錆兎の顔には痣のような傷があります。この痣のような傷は「因藩の白兎」が兎がワニに噛みつかれて傷ついた事を意味していて、錆兎の髪の色からしても日本古来の「因藩の白兎」ではないかと思います。

炭治郎は鬼にされた妹を助ける為に鬼殺隊に入り、無慘を探す事になるのですが成長ぶりがかなり早く感じます。妹の為なら何でもする的な鬼神めいた所が魅力なのでしょうが、優しすぎる性格と鬼に対する憎悪に矛盾すら感じます。
真菰は錆兎と同じく炭十郎を鍛えてくれました。身体の小ささを活かした身軽な動きが特徴的です。戦い方は若干しのぶさんに近いのかもしれません。

鱗滝が弟子に御守りとして持たせているお面。手鬼に殺された弟子が全員白い狐のお面をつけています。なのに鱗滝さん本人は赤い天狗のお面をつけています。ここで天狗と狐の関係性に触れてみたいと思います。

鬼滅の刃】鱗滝左近次は炭治郎の師匠!強さの理由と死亡説を考察 ...
引用元
https://images.app.goo.gl/reAcVgJLMpRGJ4iW9

天狗は天の犬で、元は日本古来の伝説ではないようです。 稲荷神社にご周知の通り、狐は式神や守り神。九尾などと、神様や妖怪のイメージが強いですよね。 白い狐は信仰の対象にされる事が多く、白をいう色そのもの自体が神聖なものだったわけです。

古く日本書紀によると天狗と書いてあまつぎつねと読むそうで、犬・狐と言う意味で使われていたようです。

ここから考えると犬と狐は同一と考えられますが、天狗が白い狐を跨っている神様がいますがこれは勝利の神様として、上杉謙信や武田信玄に愛された神様であります。この神様は物に白い狐を宿す事で災いから護る事ができたとされているのです。

鱗滝が弟子達に白い狐のお面を渡すのには、お面が御守りとして持ち主、つまり弟子を護る事も意味が込められているのではないでしょうか?赤のお面の鱗滝さんがモデルの神様にあたり、呪術によって人を守り白い狐に宿らせていたのではないのではないでしょうか・・・。

世間の声

まとめ【鬼滅の刃】鱗滝左近次の正体を考察【最新情報】

今回は【鬼滅の刃】鱗滝左近次の正体を考察【最新情報】 について検証してみました。

義勇や炭治郎の育手というだけでなく、その温かい存在が需要だと思っています。これからもうひと活躍あるのではないかと個人的に思っています。

お面についても今回お話することができました。これ結構流されること多いんですけど、どれだけの想いが詰まっていて、どんな理由があるのかという事にも注目していただけたらと思います。

初期登場にも関わらず錆兎の人気が高い理由にも関係していると思っています。

今回も最後まで御愛読ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です