Amazonブラックフライデー開催

5日間限定の激安価格

詳細はこちら

【鬼滅の刃】産屋敷耀哉(かがや)について考察【最新情報】

鬼滅の刃
この記事は約5分で読めます。

今回は【鬼滅の刃】産屋敷耀哉について考察【最新情報】 について 検証 していきたいと思います。

お館様として全鬼殺隊の頂点に君臨し、「1/f」の持ち主としてみなをまとめあげている人格者です。墓参りもかかさず、隊士たちの事を子供たちと呼んで大切にしています。壮絶な自爆を遂げた心理にはどのようなものがあったのでしょか?

この内容はジャンプ最新刊までの内容を含みますのでネタバレに注意して下さい。

この中では私の考察などを交えて紹介したいと思います。

では【鬼滅の刃】 産屋敷耀哉について考察【最新情報】 に ついてみていきましょう。

産屋敷耀哉とは?

人柄と慈悲の心で鬼殺隊を率いる最高責任者

飛び抜けた力で鬼殺隊を支えるのが柱なら、慈悲に満ちた心で隊員たちを導くのが産屋敷耀哉だといえるでしょう。もちろん聴衆をひきつける特殊な性質や転生のカリスマ性も、隊を統率するうえで重要な役割を果たしています。けれども 産屋敷耀をお館様たらしめているのは、彼の人柄に負うところが大きいでしょう。

「あの方はいつもその時人が欲しくてやまない言葉をかけてくださった」という 悲鳴嶼行冥 の語句はくの通り、柱たちの回想シーンで一人ひとりの個性や人格を肯定して語りかけていたのが印象的です。

また柱だけにとどまらず怪我をした一般隊士を見舞い、墓参りに赴き、遺書に目を通します。こうした日々の積み重ねかrも、彼が心から隊員を愛し、大切に思っていることが伺えます。

鬼殺隊員たちを「こどもたち」と呼ぶのは、士気をあげるための戦略などではなく、心からの愛情表現のひとるなのだといえます。

「打倒無惨」の執念

「執念」という言葉は 産屋敷耀哉 には不釣り合いに思います。けれど彼もまた他の隊員と同じく鬼を憎む人物のひとりです。

無惨を排出したことにより呪われ、30年に満たない年月で命を落とす壱属に生まれた彼は、父や母などこれまで多くの親類縁者を亡くしてきているはずです。また 産屋敷家に生まれたゆえに、鬼討伐の宿命を背負わされる我が子への申し訳なさもあるでしょう。

無惨がいなければ家族と平穏な人生を歩めたのに・・・そんな恨みが彼の中にも存在していることは間違いありません。

隊員たちの前でみせる穏やかさも 産屋敷耀哉 その人ですが、「打倒無惨」への執念もまた彼を形成する感情のひとつだったといえるでしょう。

自害は産屋敷耀哉の計画

ついに産屋敷輝哉の目の前に表れた無惨。輝哉は無惨と会話を交わした後、無惨と自らの家族を巻き込み、屋敷ごと爆発し死亡します。

未来能力の力により、近いうちに無惨が自らの元に現れると予測していた輝哉。屋敷中に爆弾を仕掛け、自爆後に珠世と悲鳴嶼に無惨を討つよう伝えていたのです。 無惨を完全に油断させ、自身の命を囮にして散りゆく様は圧巻です。

産屋敷耀哉 の名言

人の想いこそが永遠であり不滅なんだよ」

産屋敷を襲撃しにきた無惨にかけた言葉です。禰豆子を吸収し太陽を克服することで、永遠を手に入れようとしていた無惨。 しかし輝哉は、永遠というものが本当は何であるか無惨に伝えるのです。永遠に続くものとは「人の想い」のこと。 病気によって人よりも短命である産屋敷一族。

しかしそれでも、1000年以上も無惨を追い続けることができました。短命だったからこそ、本当に永遠であるものの存在に気づけたのでしょう。 人の想いを最重視する輝哉の考えを、最大限に表した言葉だといえます。

「つらいことばかり君たちにさせてごめんね」

生まれつき体が病弱であり、10回も剣を振ることができない輝哉。

第一戦で戦おうとしても体が許してくれないことに、葛藤を抱えていました。 初めて輝哉と会った実弥は、輝哉が直接鬼と戦わず指示を出すだけであることに、不満があると伝えます。

輝哉は鬼殺隊の最高権力者であり、本来実弥の発言は許されないはず。しかし輝哉は決して実弥を責めず、心の底から謝罪の言葉を伝えるのです。

「鬼舞辻無惨、お前は必ず私たちが 私たちの代で倒す」

上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」を倒した際に輝哉が言い放った言葉。すでに呪いによるただれが上半身を覆っており、起き上がるのも困難な状態。

それでも輝哉は体を起こし、100年以上成し遂げられなかった上弦討伐を無惨討伐の兆しと捉え、吐血しながらも無惨を倒すという意思を露わにするのです。

輝哉の当主としての覚悟の強さが表れた屈指の名言といえるでしょう。

世間の声

まとめ【鬼滅の刃】産屋敷耀哉について考察【最新情報】

今回は【鬼滅の刃】産屋敷耀哉について考察【最新情報】について検証してみました。

お館様こと産屋敷耀哉は壮絶な自爆をしました。そして無惨の心にも焼きつく名言を残しました。それが炭治郎の鬼化にもつながってしまったことにもなるのですが、鬼殺隊はお館様に対いて特に柱は敬愛していました。

そんなお館様の死は鬼殺隊にとって非常に悲しいものだったでしょう。しかしその意思を引き継ぎ奮闘しました。

悲願であった無惨討伐をしのぶ・珠世・お館様・鬼殺隊全ての想いが無惨を殺すことに至ったのです。ただ炭治郎の鬼化を残して・・・。

今回も最後まで御愛読ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました