【鬼滅の刃】悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の転生について考察!

鬼滅の刃転生

今回は【鬼滅の刃】子孫転生キャラ紹介!悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の転生について考察!していきたいと思います。

この中では私の考察と感想を含み紹介しますので、最後までお付き合い宜しくお願いいたします。

一番面白い転生だったかもしれません。ピンクのエプロンの悲鳴嶼行冥・・・想像するだけで(笑)

では【鬼滅の刃】子孫転生キャラ紹介!悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の転生について考察!についてみていきましょう。

保育園の保父さん

鬼滅の刃最終話ネタバレ&考察!輪廻転生の結果に炭治郎たちは...|大漫画時代
引用元:鬼滅の刃205話より

過去:悲鳴嶼行冥 出生:転生

転生後も引き継がれた、子供たちを慈しむ心

鬼殺隊最強とうたわれた悲鳴嶼の姿は保育園にありました。2メートルを優に超える巨躯にピンクのエプロンを身に着けたインパクト大の悲鳴嶼先生。

善照でなくとも思わず二度見してしまいそうです。

また他の転生キャラとは異なり悲鳴嶼の顔が描かれなかったのは”あえて”なのかもしれませんね。

前世では盲目だった悲鳴嶼は、目元の描写として、虹彩や瞳が描かれていませんでした。

今世では目が見えていて目元のデザインに変化が生じたのだとすれば、ひとコマも顔が出ていないのにも納得がいきますよね。

悲鳴嶼が転生後も子供たちと接する職業を選択したのは、寺の子供たちとの最後のやりとりがあったからこそ。

かつての悲鳴嶼行冥が子供を慈しむ心は、そのまま現代の悲鳴嶼先生に引き継がれたのでしょうね。

まとめ:【鬼滅の刃】子孫転生キャラ紹介!悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の転生について考察!

今回は【鬼滅の刃】子孫転生キャラ紹介!悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の転生について考察!してみました。

巨躯な体は健在で、優しい心も前世のまま。本当に心から子供たちのことが好きだったんでしょうね。悲鳴嶼の優しさに心が洗われるようです。

最後まで御愛読いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました