コミックシーモアで『呪術廻戦』を70%で読む!

秘密の授業第1話のネタバレ!おばさんの授業がついにスタート

「秘密の授業」第1話についてネタバレをまとめました。

秘密の授業のあらすじ

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

目次

秘密の授業1話ネタバレ

朝起きておばさんが家族みんなを朝食の時間に起こそうとしています。

しかし子供たちはいつものようにみんななかなか起きて来ませんでした。

この家には1人の男の子がいます。

真中俊太

俊太は今年で19歳になりました。

俊太はおばさんが下から呼んでるのが聞こえるとすぐに着替えて階段を駆け降りて行きます。

俊太の本当のお父さんとお母さんは7年前の12歳の時にドライブ中に交通事故にあってなくなっていたのでした。

俊太はその時は泣くことしか出来なくて絶望をしていました。

俊太は施設に送られる予定だったのですがお父さんの友人だったこの結城家にひき取られることになりました。

こうやって俊太は新しい家族と出会うことになったのでした。

長女はあすか姉さん。

あすか姉さんは22歳の大学生です。

見た目は強そうですがすごく優しくて面倒見の良い自慢のお姉さんだと俊太は思っていました。

1階につくとテーブルには正おじさんが座っていました。

ひとりになってしまった自分を引き取ってくれた恩人です。

朝食を作ってくれていた女性は真理子おばさん。

いつも笑顔で優しく接してくれます。

次女の葉月はなかなか起きようとしていませんでした。

おばさんに言われたので俊太が葉月の部屋まで起こしに行きます。

葉月姉さんは20歳、部屋の中に入ってみるとズボンも履かずにいまだに寝転がっているのでした。

葉月に部屋の中には入らないように言っていたはずだと言われて俊太は慌てて部屋の外にかけ出します。

俊太はすっかりこの家族の溶け込んだように思いますが、実はいまだに葉月とだけは仲良くしていなかったのでした。

葉月は常に一定の距離を置いているようです。

そんなこともありますがトータルしてみると俊太にとってこれが自分のクラス最高の家族のように思いました。

俊太が公園に行くと親友の三浦洋とベンチに座って話をしています。

洋は高校の時同じクラスだったのですがこうやって卒業した後もよく遊ぶ親友なのでした。

司さんと言うお姉さんの存在

洋は半ば強引にこれは自分からのプレゼントだと言って、お姉さんの身に付けている衣服の一部を渡すのでした。

家に帰るともらったプレゼントを改めて取り出して眺めてみる俊太。

ただの布切りなのになんでこんなにドキドキするのだろうと自分で思っていました。

あまりにもドキドキして心拍数が上がってしまったので水でも飲もうかと台所におります。

そうすると1階の部屋の奥から何か声が聞こえてきたので近づいてみます。

部屋のドアが少し空いていたのでそこから様子を見てみます。

そこにはおばさんの腹の中に手を突っ込むおじさんの姿がいました。

俊太には目の前で一体何が起こっているのか理解することができませんでした。

いったいおじさんとおばさんはどういう意味があってこういうことをやっているのかと。

そしておばあさんがこういう表示を押すのは今までに全く見たことがありませんでした。

お子さんの表情を見ると余計に心拍数が高くなっていくのを心から感じるのでした。

俊太も心の中ではこういうことをしている2人を見てはいけないと思っていたのに、自分の足がこの馬から離れることを許してくれませんでした。

目がはなすことのできない光景は一体何なのか?

そしておばさんが今度は犬のように四つん這いになっていくではありませんか。

一体何が起きているのか理解できないにもかかわらず自分の下半身はどんどん硬くなっていくのでした。

ここでわかる事はおそらくおばさんは今気持ち良くなっているのではないと言うことでした。

これ以上みてはいけないと思った俊太は静かに自分の部屋に戻っていきます。

そして布団の中で自分で分析してみました。

もしかしてあれが学校の授業とかでも習った男と女が愛し合うと言うことなのかと。

俊太はそうやって考えながら眠りにつきます。

俊太が朝起きるとまたしても下半身が大きくなっているの発見しました。

そして自分のズボンが湿っているのを発見します。

誰にも見られないようにそっと洗濯カゴの中に入れておく俊太。

いつものように1階のリビングには朝食に家族が集まってきます。

俊太は昨日はああいうことがあったので、和さんの顔をまともに見ることが出来ませんでした。

俊太は友人の洋と遊んだあと家に帰ってきてもまだ機能の光景が目に焼き付いて離れません。

そうするとおばさんが何か気になったことがあるようで俊太の部屋を訪ねてきました。

おばさんが気になっていたことというのは、俊太が自分1人で処理をしたことがないのではないかと言うことでした。

おばさんが気づく

おばさんは洗濯物カゴの中身を見てそれに気がついたのです。

俊太がそういう知識がないと言うことを知ったおばさんは、自分が手伝ってあげることにしました。

まずは好きな女の子のことを考えてするとやりやすいとおばさんが教えてあげます。

そして俊太のズボンを脱がせていくおばさん。

ここからが本番、おばさんは俊太の下半身を自分の手で直接握り締めるのでした。

ある程度気持ちよくなってはいるものの初めてなので手では刺激が強すぎると思ったおばさん。

おばさんは今度は自分の口を使って俊太が自分でするのを手伝ってあげるのでした。

秘密の授業1話感想

後の展開を知ってるからそう言えるのですが、1話だけ見たら俊太はものすごくかわいそうな男の子なのに、最新話まで読んでみると全くそう思うことができないと言う面白さがありますね。

それと第一話ですが軽く人物紹介とかありましたけど、おじさんの名前、正、はこの後ほとんど出てくることをもなかったんじゃないかなぁ。

おじさん自体の出番は結構あるんですけどね、名前もあまり出てこないし立場的にも一番かわいそうになってくるキャラクターなのではないかと思います。

「呪術廻戦」が読めるおすすめアプリ

\累計6,000万部突破/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる