鬼灯の冷徹の白澤はなぜ人気?その理由を解説します!

白澤は、鬼灯の冷徹に出てくるキャラクター。

文字を入れる極度の女好き・絵や美術やファッションセンスがひどい・漢方薬局を営む、この3つの特徴があります。

 

googleで「鬼灯の冷徹」と検索すると、決まって「白澤」と検索候補が出てくるほど白澤が人気です。

白澤が好きな人は「なんで白澤は素敵なんだろう」、そうでもない人は「なんで白澤が人気なんだろう」と思っていませんか?

今回は、鬼灯の冷徹の白澤が人気である理由、魅力について解説していきます。

鬼灯の冷徹の白澤の魅力ポイント4つ!

引用元:PAKUTASO

さて、鬼灯の冷徹の白澤の魅力を私なりにまとめてみました。

  • 人当たりがよく優しい
  • 博識
  • 女性にもてる遊び人
  • ポンコツ・ダメなところ

の4点になります。

人当たりがよく優しい

白澤の画像を見ればわかると思うのですが、白澤はいつもにこにこ・穏やかな性格。

内面も、宿敵である鬼灯が絡まなければ、女だけではなく男にも優しいという善人ぶり。

鬼灯以外の悪口を言うシーンはありません。

周りから「いい人」と言われているのか、鬼灯とケンカしているところを衆合地獄の獄卒がみると「・・・白澤様が怒ってる・・・」と驚くほど。

 

こういう優しいところが、白澤の一番の魅力だと思います。

現実世界でも、冷たい人よりも優しい人の方が好きになれますよね。

これと一緒だと、私は思います。

博識

白澤は、漢方薬局「極楽満月」を営んでいます。

漢方の権威であり、生薬に精通しています。

 

それもそのはず、白澤は吉兆の印であるとともに「知識を司る」とも言われています。

白澤から出る、生薬などの知識は「へぇ~」と頷くばかり。

現実でも、雑学などに精通している人はモテますよね。

これと一緒、博識なところも白澤の魅力です。

女性にモテる遊び人

そして鬼灯の冷徹の白澤と言えば「極度の女好き」

毎回毎回、連れ帰る女性が違うほど。

ただ誰彼構わず女に手を出すかというとそうではなく、白澤本人によれば

僕は女のコに一度でも「結婚しよう」なんて無責任発言したことはない

ひっぱたかれても正面きって「僕と遊んでください」って言う

それが誠実ってことだと思う

引用元:鬼灯の冷徹5巻/46ページ/江口夏実著/講談社出版

とのこと。

遊びについては自分なりの一線を引いているようで、家庭持ちだったり彼氏がいる女性に手を出したりしたことはないです。

こういう、自分なりのケジメをつけているところも魅力だと思います。

ポンコツ・ダメなところ

絵がものすごく下手。

ファッションセンスもダサい。

白澤は、美術的センスが欠落しています。

それも、本人は全くの無自覚。

 

白澤は神獣であるため、絵に描いたものを実体化させる「剪紙成兵術」を使いこなせるのですが、

白澤がこの技術を使って猫の絵を描いたら、猫ならざる怪物(周囲によれば「呪われた猫」とのこと)を生み出してしまいます。

 

こういう、抜けているところもどこかかわいくて、魅力的に見えると思います。

完璧にできる人よりもどこか抜けているポンコツの方が好き、なんて人もいますからね。

そもそも鬼灯の冷徹の白澤って?

引用元:PAKUTASO

ここで、鬼灯の冷徹の白澤とはどういうキャラクターなのかを説明します。

 

白澤は、漢方薬局『うさぎ漢方 極楽満月』を経営している、漢方の権威。

そして、中国の神獣・吉兆の印としても知られています。

漢方の権威であるため、生薬については膨大な知識を持っています。

 

1話に出てくる桃太郎が、鬼灯に負けてから鬼灯の紹介により働くことになる職場、その上司にあたる人物が白澤なのです。

それ以降、桃太郎と一緒にいるシーンが多いです。

女好き

白澤と言えば、極度の女好き・極度の浮気性。

桃太郎が桃源郷で働くようになってから白澤の初登場までの短い間、なんと9人の女性に投げ飛ばされているほど。

そんなだから、鬼灯に「あなた、いつか奈落に落ちますよ」と言われます。

 

生薬に精通している理由も「女遊びばっかりしていて体がもたないから、元気になる薬を作った」という、ダメダメっぷりを見せてくれます。

白澤の正体は「9つの目・6つの角を持つ牛みたいな姿」なのですが、

その姿だと女の子と遊べないからと言って、いつも人の姿をしています。

 

そんなダメ人間っぷりを見せてくれる白澤ですが、女遊びにはケジメをつけており

  • 彼氏がいる女性や人妻に手を出さない
  • 無責任な発言をしないようにしている

に気を付けています。

 

ちなみに異性なら何でもいいというわけではなく、鬼灯に牛頭馬頭(地獄の番人)を推されたときは拒絶しており、

天探女(鬼灯の冷徹2期18話Aパートに出てくる、意地悪でブサイクでぶりっ子女神)を目にしたときは「女の子じゃなく何かそういう化け物」と、白澤にしては珍しく悪口を言います。

その他、地獄で服役中の亡者にも手を出しません。

鬼灯は宿敵

白澤と言えば「女好き」とともに連想するのが「鬼灯との仲の悪さ」。

本来は心優しく人当たりがよい善人なのですが、鬼灯を目にしたときだけは悪口や暴言を吐きまくり、顔を合わせればいつもケンカ。

鬼灯からこれでもかというほど嫌がらせを受けます。

 

ちなみに、鬼灯と白澤の顔つきは非常によく似ており、内面もよく似ております。

似ている人同士は仲が悪いとはよく言いますが・・・。

 

ちなみになぜ仲が悪くなったのかというと

鬼灯と内面も外見も似ているゆえ、似ているなら浮気性がない鬼灯の方がいい、と女性にフラれ続けたのが始まり。

逆恨みにと、地獄での鬼灯の就任記念を兼ねた記念式典で盛大な嫌がらせをし、この地点で鬼灯に敵視されます。

そして、和漢親善競技大会で白澤が「次に出てくる女性の胸囲が二尺八寸以上か以下か」という賭けに鬼灯が応じ、

その結果男性か女性か微妙な鬼(後にこの鬼がニューハーフだということが判明)が出てきたときに言い争いをしたのがきっかけ。

それ以降、顔を合わせればケンカという仲の悪さになったのです。

美的センス0

白澤は、とてつもなく絵が下手です。

猫の絵を描いたときは、足が線・目は黒目しかない・不気味に笑っている奇怪な生物になったほど。

しかも本人はこれで絵がうまいつもりらしいです。

まとめ

白澤は、鬼灯の冷徹に出てくるキャラクター。

女好き・鬼灯と仲が悪い・絵が下手という個性があるキャラクターです。

人当たりがよく優しい、博識、女性によくモテる、そしてダメなところもあるのが、白澤が人気である理由なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です