コミックシーモアで『呪術廻戦』を70%で読む!

【呪術廻戦】五条悟の学生時代とは?懐玉編が五条最強のはじまり!?

今回は五条悟の学生時代とは?懐玉編が五条最強のはじまり!?について紹介したいと思います。

この中では私の考察を含みますのでご了承ください。

最強の呪術師である五条悟はどんな学生時代を送っていたのでしょうか。

五条の夏油の別れ道が学生時代の任務になるのですが、これを読めば全てが分かる!!!

では五条悟の学生時代とは?懐玉編が五条最強のはじまり!?につてみていきましょう。

呪術廻戦を6冊半額で読む方法

ebookjapanで6冊半額で読む手順

ebookjapanにいく
②呪術廻戦の読みたい巻を選ぶ
③「購入へ進む」をクリック
④Yahoo!アカウントでログイン
⑤電子書籍で読み始める

\6冊半額クーポンがもらえる!/

目次

五条悟の学生時代とは?

懐玉編は第65話~第75話までのストーリーです。

五条と夏油の関係性に変化が訪れる

懐玉編では、五条と夏油の過去が明らかになりました。当時呪術高専の2年生であった2人。

誰もが知る無下限呪術の使い手で、呪術界の御三家・五条家出身の五条と、非呪術師の家系に生まれながらも呪霊操術という極めて珍しい術式の持ち主の夏油は、ウマが合うようでいつも一緒にいました。

そんな2人に、呪術界の崩壊を目論む呪詛師集団”Q”と天元を信仰する宗教団体・盤星教”時の器の会”から星漿体・天内理子を天元の同化当日まで守り抜く任務が与えられます。

星漿体とは、天元に捧られる人柱のような人のことで、天元と同化すると記憶や意識がなくなり、天元の老化を抑える役割があります。

非術師の集団である盤星教よりも”Q”を警戒すべきと主張する夏油に対し、

「まぁ 大丈夫でしょ 俺達最強だし」

とあまり深く考えていない様子の五条。護衛初日にQからの襲撃を受けてしまいますが、五条は「泣いて謝れば殺さないでやるよ」とQの戦闘員を煽り、余裕で撃退します。

しかしその直後、匿名掲示板で同化当日昼までの期限付きで、天内理子の首に3000万円もの賞金が掛けられていることが判明。

いつもどおり中学校で過ごしている天内に迫る魔の手から守るべく、五条と夏油が動き、2人の呪詛師の撃退に成功します、ところが、その際の天内理子の召使である黒井が何者かに拉致されてしまいました。

黒井の拉致犯が指定した取引場所は沖縄県でした。本来であれば、沖縄で黒いを引き取った五条たちは、そのまま天内理子を天元のもとに送り届ける予定でしたが、彼女の思い出作りために沖縄での滞在時間を延長し観光を開始します。

その間、那覇空港の護衛として、後輩の七海と灰原を配置しました。五条、夏油、天内理子たちは、沖縄で過ごし、親交を深めていきました。

そして天元との同化当日。天内に賭けられていた懸賞金の期限も切れ、彼女を狙う者もいなくなりました。

沖縄から都立呪術高専に到着し、結界の中に入り3日間発動していた術式を解除した五条に何者かが襲い掛かります。

五条の身体を貫いたのは”術師殺し”の異名を持つ殺し屋・伏黒甚爾でした。

実は天内に懸賞金をかけてたのは伏黒甚爾、天内暗殺を依頼された彼は、五条に3日間術式を発動させ続けて疲労させることを考えたのです。

伏黒甚爾の思惑どおり3日間術式を稼働させ続けた五条は、結果的に伏黒甚爾の攻撃を許してしまいます。

夏油に任せた五条は一人で伏黒甚爾の相手をし、時間稼ぎを試みますが、伏黒甚爾の超人的な身体能力に追い込まれ「蒼」を発動し無限を創り出す守りにはいってしまいます。

その瞬間伏黒甚爾が持っていた特級呪具”天逆鉾”によって無限を無効化されてしまった五条は、死亡しました。

夏油と行動をともにする天内は天元の膝元にあたる薨星宮に到着します。

同化に対して不安そうな天元の様子を察した夏油は「理子ちゃんがどんな選択をしようと 君の未来は私達が保証する」と、まだ引き返す道があることを話します。

「もっと皆と・・・一緒ににいたい」と涙ながらに本心を口にし天内に、優しく手を差し伸べる夏油でしたが、次の瞬間、銃声が響き、天内はその場に崩れ落ちました。

夏油の視線の先にいたのは、親友である五条を殺した伏黒甚爾でした。

五条や天内を殺され、激怒した夏油は呪霊を操り伏黒甚爾に挑みます。しかし簡易領域を操る呪霊もことごとく撃破され、夏油は敗北してしまいます。

盤星教の役目に天内の遺体を引き渡し、依頼を完遂した伏黒甚爾が帰路に向かっていると、目の前に先程殺したはずの五条が現れます。

五条は死ぬ間際に今まで使いこなせなかった”反転術式”が使えるようになり、傷を塞ぐことに成功したようですが、さすがの伏黒甚爾もこれには驚きを隠せないようでした。

ハイになって自分語りが止まらない五条に天逆鉾で斬りかかる伏黒甚爾は回避した五条に”赫”で吹き飛ばされてしまいます。

離れた距離を利用し、天逆鉾に鎖をつけて再び攻撃する伏黒甚爾でしたが、五条家でもごく一部しか知らない”茈”で体をえぐり取られては敗北してしまいました。

天内の一件以降覚醒し”最強”となった五条は単独で任務につくことが増えてきます。

しかし、その一方で”非術師を守る”と考えていた夏油は、天内を殺すように依頼した盤星教の非術師たちを見たこちょで、自らの考え方に疑問を抱くようになっていきました。

まとめ:五条悟の学生時代とは?懐玉編が五条最強のはじまり!?

今回は五条悟の学生時代とは?懐玉編が五条最強のはじまり!?について紹介しました。

五条が最強となる学生時代!しかし過酷なものでした。

親友との別れも切ないですよね。

最後までご愛読ありがとうございました^^

「呪術廻戦」が読めるおすすめアプリ

\累計6,000万部突破/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる