【鉄の骨】ドラマのキャストやあらすじを紹介!WOWOWで2020年春

春ドラマ

今回は連続ドラマWで話題の鉄の骨のあらすじやキャストについて書いていこうとおもいます。

連続ドラマWとはWOWOWで放送されているドラマです。

その中の大人気ドラマの一つ、鉄の骨について書いていこうと思います。

鉄の骨とは談合の窓口が舞台になっています。

その独特なストーリーだけでなく豪華なキャスト陣が魅力の一つです。

神木隆之介さんを主演に様々なキャストが揃っています。

この記事ではあらすじやキャストなど鉄の骨の魅力をしっかりと紹介していこうと思います。

鉄の骨の概要

まずは鉄の骨の概要について書いていきましょう。

鉄の骨の外枠を知りましょう!

前回,NHK版放送では2010年7月から鉄の骨が放送されていました。

今回はWOWOWにて放送が決まっており、豪華キャスト陣の出演が決定しております。まずは鉄の骨についての放送概要等を紹介致します。

鉄の骨の概要

放送開始日:2020年4月18日からスタート予定
放送局:WOWOW「連続ドラマW」
放送回数:全5回
原作:池井戸潤「鉄の骨」(講談社文庫)
脚本:前川洋一(「連続ドラマW アキラとあきら」、「連続ドラマW 沈まぬ太陽」)
監督:鈴木浩介(「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」、「連続ドラマW アキラとあきら」)北野 隆(「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」)
音楽:羽岡 佳(「連続ドラマW アキラとあきら」、「連続ドラマW トップリーグ」)

以上が鉄の骨の概要になります。

原作者はあの半沢直樹を書いている池井戸潤さんです。

これは人気が出そうですね!

原作者池井戸潤さんのプロフィール

原作者の池井戸潤さんの紹介していきましょう!

【池井戸潤さん】

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。’98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』で直木賞を受賞。主な著書に「半沢直樹」シリーズ、「下町ロケット」シリーズ、「花咲舞」シリーズ、『空飛ぶタイヤ』『鉄の骨』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『民王』『アキラとあきら』『ノーサイド・ゲーム』などがある。

引用元:https://www.wowow.co.jp/dramaw/tetsunohone/

ここ最近ドラマ化されている人気作品ばかりですね。

まさにヒットメーカーです!

鉄の骨キャスト紹介

続いて、鉄の骨のキャストについて書いていきます。

豪華な俳優が勢ぞろいです!!

天才と称される神木隆之介さんが主演!

・富島平太役/神木隆之介さん

・西田吾郎役/中村獅童さん

・野村萌役/土屋太鳳さん

・柴田理彩役/小雪さん

・三橋萬造役/柴田恭兵さん

・園田俊一役/向井理さん

・内藤肇役/石丸幹二さん

・尾形総司役/内野聖陽さん

以上が鉄の骨の主なキャストになります。

このほかにも豪華なキャストが続々出演してきます。

追加キャストなども発表されているので期待が高まりますね!

鉄の骨のあらすじ

ではメインのあらすじをざっくりと紹介していきましょう。

舞台はどのようなドラマなのでしょうか?

舞台は中堅建設会社

鉄の骨の舞台は中堅の建設会社になります。

そして主人公は神木隆之介さん演じる富島平太。

富島は建設現場を愛する愛する実直な青年。

しかし、突然『業務部』への異動を命じられる。

そこは大口の案件を担当する、通称『談合部』であった。

業務部にいる様々な仲間たちと共に2000億円という大規模な公共工事を受注することを目指していく。

そして談合を取り仕切る業界の不フィクサーと交流を深めていく中で欲望やしがらみに巻き込まれていく。

果たして談合は必要悪なのか。

平太は理想と現実の間でもがきながらも仕事にやりがいを見つけていく。

入札を進めていく中でライバルや検察など様々な障壁が出てくる。

果たして平太と池松組の運命はどうなるのか。

 

以上が鉄の骨のあらすじです。

舞台が建設会社というなかなか珍しい題材になっています。

さすが池井戸潤さんですね。

まとめ

ではまとめていきましょう。

[box class=”blue_box” title=”まとめ” type=”simple”]

①、原作は半沢直樹シリーズの池井戸潤さん。

②、鉄の骨、主人公は神木隆之介さん。

③、舞台は中堅の建設会社で談合をテーマにしている。

[/box]

以上三点が鉄の骨のポイントになります。

次回は鉄の骨をもっと深掘りしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました