【テセウスの船】犯人ネタバレは?第6話の世間の感想!

冬ドラマの中でも人気の高い位置に定着した「テセウスの船」ですが第6話が2020年2月23日に放送されました。

主演は竹内涼真さんで原作東元俊哉「テセウスの船」を実写化したドラマになります。

知っている方も知らない方もテセウスの船を気になっている方は第6話の放送ネタバレとあらすじ、世間の反応(感想)をお伝え出来ればと思います。

ではまずはテセウスの船(ドラマ)を知らないという方に向けて基本情報からお伝えしたいと思います。

既にご存知の方はネタバレや世間の反応などにお進み下さい。

テセウスの船とはどんなドラマ?

原作が東元俊哉「テセウスの船」で今回脚本を行ったのが高橋麻紀さんになります。
プロデューサー/渡辺良介、八木亜未

演出/石井康晴、松木 彩、山室大輔

主題歌/Uru 「あなたがいることで」

出演者

・田村心 – 竹内涼真
・佐野和子 – 榮倉奈々
・車椅子の男 – 安藤政信
・田村鈴 – 貫地谷しほり
・佐々木紀子 – 芦名星
・長谷川翼 – 竜星涼
・田中正志 – せいや(霜降り明星)
・徳本卓也 – 今野浩喜
・佐野鈴 – 白鳥玉季
・佐野慎吾 – 番家天嵩
・田村由紀 – 上野樹里(特別出演)
・金丸茂雄 – ユースケ・サンタマリア
・石坂 秀夫 – 笹野高史
・井沢 健次 – 六平直政
・木村 さつき – 麻生祐未
・佐野 文吾 – 鈴木亮平

「テセウスの船」ストーリー

泣けるドラマが日曜劇場で放送中です。

田村心役の竹内涼真さんがTBS日曜劇場では初主演に挑みます。テセウスの船とは?「泣ける本格ミステリー」となっております。

舞台は平成元年である連続毒殺事件は発生する。犯人は心の実の父親に!?そして心は事件直前にタイムスリップする内容となっております。

どうにか父親の罪を避けたい心の行動を映した物語です。

事件をきっかけに家族が崩壊してしまった家族をどうにか取り戻したいという思いの中、真犯人を見つける事が心は出来るのか? 

時代を越えて父と子の絆の深さを知れる感動のストーリーとなっています。

これは涙しますね・・・

是非、途中からでも分かりやすい内容となっておりますので最後まで見て頂けますと幸いです。

では第5話のあらすじをおさらいしましょう。

ご覧になった方は確認でまだご覧になってない方はネタバレになってしまいます。その点ご了承下さい。

第5話あらすじおさらい

第5話あらすじ

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。 その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。果たして、さつきの魂胆とは何なのか?
そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

引用元 https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/ep5.html

 

第5話感想

第5話では岸田由紀(上野樹里)さんの役柄が高評価だったのではないでしょうか?

さつき先生は真犯人ではない!?

さつき先生を家に招いている事が分かったので真犯人ではなさそうという事が予想されます。

そして、鈴さんが謎に包まれる。疑問点としてさつき先生(義母)の言いなりになる必要があるのか?という事です。幼少期に心に覆った傷があれどあそこまで言いなりになるのが少し疑問ですね?

事件との関わりがあるのか?考察された方も多いようです。

真犯人?と思わせる木村さつきの行動や言動は恐らくドラマを盛り上げる為の策では?と感じてしまいます。 

更に佐々木紀子はまだ生きている!?などの声もありました。木村さつきは実は殺していない!?なんて事も可能性としてはありそうですね?

そして第5話では上野樹里演じる由紀が心と惹かれ合う場面が沢山ありましたね?この第5話で由紀の株は大分上がったように思えます。

今後の二人の関係性もとても気になる点になりそうです。

以上が第5話を簡単にまとめた感想になります。

そして第6話はどうなってしまうのか?

第6話予告動画

第6話のネタバレとあらすじ

では第6話のネタバレとあらすじをみていきましょう。

ご覧になった方は確認でまだご覧になってない方はネタバレになってしまいます。その点ご了承下さい。

第6話ポイント

1.オレンジジュースは一体誰が?

2.真犯人に繋がる後半戦がスタート!

3.真犯人は10話完結だが6話含め残り3話(8話)ぐらいで判明するのでは?(予想)

以上が第6話のポイントになります。ではまずは第6話のあらすじを見ていきましょう。

第6話あらすじ

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!

それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

引用元 https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/ep5.html

 

第6話を終えての世間の反応(感想)

 

 

 

 

 

第7話あらすじ

いよいよ終盤になりますね?

犯人はみきおだと言う事が分かりましたが・・・過去に戻ってしまった為、また違う展開に・・

7話あらすじ

田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。音臼小事件まであと二日。心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。
 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。
 そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

引用元 https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/ep5.html

 

まとめ

いよいよ後半戦に突入をした「テセウスの船」ですが、真犯人の考察はドラマの楽しみでもありますよね?

今後の心と由紀の関係も個人的にはとても気になります。

かおりん
ラブシーンに期待!

もし見逃してしまったという方は第7話からでも見てみて下さい。冬ドラマの中では結構盛り上がっているドラマの一つです。

関連記事 春ドラマ2020一覧/あらすじとキャストを一挙見せ!最新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です