戦場の絆タンク戦術において最適護衛機体は何か?役割と期待すること

戦場の絆は戦略型アーケードゲームですがその戦略・戦術の主だったものにタンクによる拠点撃破のダメージに重きを置いたタンク戦術があります。

効率的な戦術であるとともに基本中の基本戦術ともいえます。

タンク以外の機体は何をするかというと敵のタンクを落としにいくアンチと味方タンクを守りぬいて拠点撃破を助ける護衛があります。

タンクやその時々の編成、セッティングにもよりますが最適な護衛機体を紹介します。

護衛の役割とタンク側からもみた期待する動きなどもあくまでもゆるく挙げていくので今後の戦闘の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

タンク戦術がなぜ主流なのか

戦場の絆では拠点と乗る機体にはコストが存在します。

拠点は拠点にいて拠点を動かすプレイヤーはいないので無防備でそして拠点ゆえに高コストです。

それと弱っている機体を回復することができます。

拠点を落とすということは敵機体を数体落とすのと同じ効果があるのです。

動かず高コストなら狙わない手はないですよね。

そこは味方もそうですが落とされてたまるかと敵タンクを落としにいくアンチがいます。その攻防がタンク戦術の相図ですね。

単純にタンク戦術が面白いし絆を感じやすいと個人的には思っています。

護衛の必要性

タンクと書いていますが正しくは遠距離砲撃型の拠点攻撃に特化した機体のことをいいます。

これをメリットとみるならデメリットは何かといいますと

移動が遅い

格闘が弱い

速く砲撃ポイントに到達するため速い、もしくはアンチの攻撃に耐えうる装甲などのセッティングで備えるのです。

それにしても単独で動くのは非常に危険です。

砲撃による硬直もあります。

だから護衛が必要なのですね。

もちろん戦況により単独で砲撃できるなら護衛につかず拠点防衛に向かいます。

護衛の役割

簡単にタンクを守ることが役割です。

具体的には以下です。

  1. 砲撃ポイントまでのラインどり
  2. タンクに敵アンチを近づけない斬らせない撃たせない←無理なので極力(笑)

1はタンクより前に出るということです。砲撃ポイントまで案内する感じですね。一度でもタンクに乗ったことがあるプレイヤーなら必ず自分タンクより前に1体は護衛にいてほしいはずです。

露払い的な仕事です。

2は味方タンクが一発も敵の攻撃を受けないことはほぼないので撃たせないようにけん制する、斬られても連撃まではさせないでカットする、ダメージを減らすのはもちろんですし、自分に引き付けることで護るということもあります。

敵攻撃の盾となり拠点を落とすまではタンクも自分も落ちずに生還する!

理想です。

主だった役割は以上ですがさらに、落ちなかった場合は状況判断が必要になります。

  1. タンクを一定時間(敵拠点修復まで)放置して拠点防衛の応援にまわる
  2. セカンドアタックのためにタンクをガチ守りする

1は拠点防衛の枚数や戦況によります。

2はマップによります。戻る時間のロスと体力を見て判断します。タンクの体力がもう全然なのにわざと生かされて修復してから落としにこられると大幅な時間のロスになるからです。

これらのことを判断するのにチャットが必要になりますね。

おとりになる!セカンドアタック!ここはまかせろ!敵機撃破!

この敵機撃破!などは何を自慢している?ではなくて再出撃してくる敵がいるよと知らせることになるのです。

関連記事 戦場の絆ボイスチャットを活用して情報共有しよう!

 

護衛の注意点

個人的にはもう9割方護衛しにいきます(笑)

忘れられない戦闘が仲間の格闘機のガチ護衛からなるものだったからです。自分は珍しくタンクに乗りましたが格乗りとはこういうものなのだと感動しました。

いまだにあんなにかっこいい護衛はできません。

まわりの諸先輩プレイヤーからの助言(暴言?)をもとに注意点というか気を付けたいこと守りたいことをあげておきますね。

・タンクを餌にしない

・ポイントにこだわらない

・護るなら護りきる(離脱しない)

タンクより後ろにいるなんてありえません。

みんなで勝ちたいのです。

途中離脱は護ったことにはなりません。援護する!意思はどこいった?拠点を落とすまでタンク護衛ともに落ちないと書いたのは逃げて落ちないということではないのです。

離脱はさすがにありませんが(笑)回り込んできた敵に後ろから攻撃されるのが嫌でタンクの後ろに下がった時の仲間の罵声ったらなかったです(笑)

↑「言い訳するな!」とも言われました(笑笑)

そんなこと言われても人には色々事情とか都合があります。誤解されないように気をつけたいところです。

 

護衛最適機体

護衛、タンク戦略、護衛機体についてプレイヤーのみなさんはどう思っているのかを先にあげてみます。

そんなことはないと思っています。

一番ひどいパターンです。戦場出てからする人もいますよね。

トラウマになりそうです。

こちらも最悪パターンですね。尉官戦は別の楽しみもありますが残念ながらこういう傾向も強いです。

タンク側も色々考えなければならないのです。

あげるときりがないのでこのへんにしておきます。

独断偏見で護衛機体は近距離機、格闘機がメインです。稀にマップによって射撃で護衛上手な方とかお見掛けしますがあくまで稀です。

近距離機だけでは敵格闘機に間を詰められるとタンク共々落ちてしまったり、

格闘機だけではやはり遠くから射撃に撃たれて斬れずに落ちる。

格闘機より下がった近距離機はお話にならないしラインあげをして敵射撃がきたらある程度追いかけてつってもらいたいです。(つられないように)

タンクへの格闘攻撃を格闘機にはカットしていただく。

以上のことからジオンでは使い勝手のよいマシンガンを持ち、クラッカーが投げられて量産型(?)ザクⅡ改が護衛最適近距離機だとしておきます。

格闘機では射撃力があるグフカスです。

ただ好きな機体をあげただけじゃないかという声が聞こえてきそうですが、違いますよ!

護衛ができるから好きに決まっているじゃないですか(笑)

関連記事 戦場の絆連携の基本!お勧めのマンセル組み合わせ!注意点とコツ

関連記事 戦場の絆ジオン軍最高使い勝手機体ザクⅱ改!魅力と立ち回りについて

関連記事 戦場の絆ジオン軍エース機B3グフ!グフ・カスタムの魅力と使い方 

連邦では陸ガン、ジムとなんといってもユニコーン

理由は量産型なこととユニコーンがいると嫌だからです(笑)

まとめ

よくよく考えてみるとタンクを守り切れなかった時が一番諸先輩方に責められた気がします。

あまりの剣幕に周りの同胞に

「上手くなってほしいんだよ」

「言葉が激しいだけだよ」

とフォローされる始末。

あまり気にしなかったので今に至るわけですが(笑)

それでもタンク戦でなければつまらない戦闘だと大好きな絆でも思い続けています。

逆をいうとタンク戦を楽しめれば絆を感じ、忘れられないような感動的な戦闘を体験できるのかもしれないですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です