U-NEXTの無料期間終了した方

まんが王国が激アツ!
今なら22巻が無料で読める!
Twitterアカウント3分で完了!

まんが王国公式

戦場の絆連邦軍最強機体ユニコーンの魅力徹底解剖!対抗策はある!?

戦場の絆
この記事は約4分で読めます。

 

戦場の絆連邦軍機体で最強と言われるユニコーンガンダム!

本編でもそうですが連邦ガンダムは一体がジオンのそれの何体にも匹敵する力があるのです。

ジオン兵は量産型MSでそれに対抗すべくステージでガンダムに出会うと反射的に向かって行ってしまうものです。ガンダムを落とすと貢献度が高いからですね。

 

それでもユニコーンは別です(笑)

 

見た目もそうですが最強機体としてのユニコーンの魅力を徹底解剖します。

その上で我がジオン軍に対抗策はあるのか!?探っていきます。

 

戦場の絆ユニコーンガンダム

戦場の絆におけるユニコーンガンダムの仕様から紹介します。

基本仕様

カテゴリー格闘型
ステージどこでも
コスト350・360
武器ビーム・ガトリングガンビーム・マグナム
格闘武器ビーム・サーベルビーム・トンファ
サブ頭部バルカン砲ハイパーバズーカ

 

この辺りまではガンダムにありがち武装ですがNT-D(ニュータイプデストロイ)という恐ろしいモードを備えています。

 

ユニコーンガンダム最強の所以

連邦、ジオン両軍合わせても最強機体と言われるユニコーンガンダムについて最強の所以をあげていきます。

 

申請

大佐以上でなければMS申請ができなかったのが大尉からできるようになりました。みんなこぞってユニコーンに乗るわけです。(そうでもないかな)

 

銃撃

格闘型カテゴリーにありながらビーム・マグナムの威力がすごすぎる。

特に先に書きましたNT-D時ですね。

 

速度

ユニコーンと並んでジオン軍対抗機体はシナンジュですが高機動モードに匹敵する速度をやはりNT-D時に出し、しかも最速!

具体的にいうと、なんか撃たれてる?ユニコーン大の字になってるし!となったらNT-D発動で気がついたらシリーズは違いますが逆襲のシャアのギュネイ・ガスよろしく目の前にガンダムが!

という状態になっています。気付いた時には近すぎるガンダム!くらいに速いです。おまけに2回くらい絡まれたらすぐ落ちます。

 

高コスト機だけに斬らせてもらっても中々落ちないですし、もちろん落としたら拠点クラスのダメージを負うので乗り手も必死のはずです。

つまりは相当腕に自信のあるプレイヤーでないと選べない、乗れないということですね。

 

戦場で逢ったら「最強きた!」と言う感じで嫌な予感がしてしまうのです。

プレイヤーのみなさんの声をあげておきます。

https://twitter.com/poiu_greet/status/1198830438636118016

戦場の絆ユニコーンガンダム対策

先に述べた様な最強機体ユニコーンと対峙した時どう対抗したらいいのか?

ジオンの対抗機体シナンジュを出せばいいかといえばそれだけではありません。

ユニコーンは中距離銃器がぬきんでて威力を発揮するので気がついたら撃たれているということをなくすのがまず一番最初の距離のとり方です。

一機でいることはお互いあまりないはずですが1対1で戦うのはさすがに難しいので連携を大切に!これはどの機体にも言えることですよね。。

 

無敵のNT-Dに入ったら近距離射程に変わるので気をつけたいところですが、間合いも詰めたいところです。そしてユニコーンは忘れちゃいけない格闘型ですのでこちらのダメージも相当なリスクがあります。

落ちてもいいから連携で1回落とす!

落ちた時のダメージはユニコーンの方が戦闘的にもメンタル的にも大きいからです。

ここでもプレイヤーの意見をあげておきます。

 

 

 

諦めムードが漂っていますが、NT-Dは時間制限があるので乗り手も使うタイミングを見計らっています。あまり隙はみられないですが戦場では何が起こるかわかりませんよね(笑)

まとめ

戦場の絆をある程度プレイしたことがある人なら知らない人はいないといわれるくらい有名な伝説のプレイヤーに連邦軍最強機体は?と聞いたところ間髪入れず圧倒的にユニコーンだと答えてくれました。

理由も単純スピードとパワー!だと言っていました。

もちろんジオン機体にも乗りますし常に撃墜数、通算勝利数ではトップを走るプレイヤーが言っていたので本当にすごい機体なのだとわかります。

 

原作から登場する変形する前の白い機体が綺麗でかっこいいです。

最強機体と合間見えていきたいですし、対抗して絆を感じていきたいですよね。

強いから熱いのです。

 

ポッドに入ってユニコーンを敵でも味方でも体感してほしいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました