【戦場の絆】カテゴリー別機体特性と役割一覧【基本編】

戦場の絆のイメージ

アーケードゲーム戦場の絆はアミューズメント店舗で大きさからかなりの場所をとりますし、一人一人入り込むので何かな?と興味深々の方も多くいるかと思われます。

ガンダム関係のゲームは他にもたくさんありましたし、今もありますがこれほどアクティブで楽しいゲームはないと勝手に思っています。

戦場の絆は機体を操作して仲間と勝利に向かう戦略型ゲームですが、操作する機体がカテゴリー別になっています。

それぞれ機体の特性と役割、基本のキを一覧で紹介します。

是非、一度ポッドの扉を開けてみてください。

 

戦場の絆機体カテゴリーと特性

機体のイメージ

まず最初の楽しみが機体選びです。万遍なく色々乗るのもいいですし、これだ!という機体を乗りつぶしてもいいと思います。

操作する機体についてそれぞれ特性を紹介しますね。

格闘型

その名の通りで敵陣に切り込み活路を開く機体です。

最も攻撃力が高く、格闘型にしかできない技もあります。

近距離型

最も操作しやすく初心者が一番最初に乗るべき機体です。

ライン形成がその役割で戦闘の要になる動きが求められます。

基本ということですね。

遠距離砲撃型

敵の拠点への有力な攻撃をします。

対MSにはほとんど無力なのと速度が遅いのが特徴です。

射撃型

戦場の絆が始まった頃の中距離型に類するカテゴリです。

距離をおいた攻撃から威力を発する援護系の機体です。

支援型

射撃武器で後方から味方を援護します。

 

本当に最初は全ての機体の基本を押さえた動きができる近距離型から操作してみることをおすすめします。

少し慣れたら好きな機体に乗ってかまわないですが色々乗ってみるのも楽しいですし、そこから見えてくるものもたくさんあります。

 

戦場の絆機体編成と役割

戦略のイメージ

戦場の絆は地上や宇宙などステージだけでもたくさんあります。

対戦も4対4から、6対6、8対8、5対5と時期や時間によて参加人数も様々です。

基本の戦略はタンクを守りながら拠点を落とす。その間自拠点も守るというマップ二手に別れる戦略です。

それにはタンク1体、護衛近距離1体、護衛格闘機1体、拠点防衛に射撃型等1体

4対4だとこんな感じでしょうか。

参加人数が増えるにつれ、護衛や防御機体を増やしていきます。

タンクが2体、3体となって拠点を落としに行くこともあれば、フルアンチといって全員が前線に!という編成もあります。

編成を組んだら、各機体の役割は

近距離は最前線でラインをあげ、格闘機の補佐をします。

タンクは2回拠点を落とすことを目標に立ち回り、射撃、支援は時間を稼いで敵タンクを落として拠点防衛をする。

基本この動きが役割です。

もちろん全員格闘機、全員近距離機、さらには同じMSでいわゆる祭り編成で遊びで出るのも全然ありです。

編成、役割はありますがあくまで好きな機体にのることをおすすめします。

 

まとめ

仲間のイメージ

本当に最近になってステージも機体も増えて、それだけに適性なども細かく設定されています。

色々勉強も大切ですがまずは自分が楽しめる機体を見つけて同じ時間を満喫して絆を確かめてみてほしいです。

上手くいかないことも負けることもあって悔しいこともあるでしょうけれども必ず絆を感じられる瞬間があります。

とにかく試してみてほしいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です