SAOファントムバレット編見どころと氷のスナイパーシノンの魅力!

SAOファントムバレットはSAOシリーズの核!

それは茅場晶彦ですが、この後に続くシリーズのリアル世界との絡みの要となる…。ネタバレしそうでややこしいですがわかりやすい悪の存在を位置づける役目を担っています。

今回は表題で分かる通りキリト達の専売特許であるかのようなの世界ではなくに焦点を合わせています。

氷のスナイパー(狙撃手)と言われるヒロインシノンの魅力も十分に紹介しますので是非、ミステリー仕立ての本編を見る際の予備知識にしていただきたく思います。

ファントムバレット編概要

主人公なので当たり前なのかもしれませんが、キリトは本当にゲームにどっぷりですね♪

あらすじ

総務省の菊岡からGGO(ガンゲイルオンライン)というゲームでデスゲームでもないのにゲーム内で落ちると現実世界でも!という現象がデスガンなる人物によりなされているとのことでキリトに調査依頼がきます。

GGO内で銃というものに壮絶なトラウマを持つシノンと出会います。

キリトも殺人ギルドラフィンコフィン(ラフコフ)のメンバーとはいえ殺めてしまったという負い目からか見事予想的中。

デスガンの正体を突き止め、現実世界でのシノンも救い不可思議現象を解消しました。

登場キャラ

シノン

・GGO内トップクラススナイパー。女性プレイヤー

・浅田詩乃 リアル女子高生 11歳の時片親だった母を守るため強盗を射殺したことがトラウマになっている

沢城みゆきさんが声を担当していることから女性にも人気のキャラクター。

デスガン

・正体はラフコフ主要メンバー赤目のザザ

・レッドプレイヤー(PKをあえてするオレンジプレイヤー)

PK  player kill の略。文字通りデスゲームであるSAO内で他プレイヤーを落とす行為
オレンジプレイヤー PKをしたプレイヤーはカーソルがオレンジになることからこう呼ばれる
PKする理由 プレイヤーの持ち物が拾えば自分のものになるため

結末と見所

デスゲームではないからくりが判明します。ALOではなくGGOが舞台のここで当然ですが殺人ギルドラフコフの生存メンバーがまたもや仮想現実世界に侵入してきていることも明確に。

これは後のストーリーの重要な伏線になっています。

シノン的には自分を許すことができて新たな出会いもありながらやっと一歩未来へ踏み出せた感のある結末でした。

GGOはやはりシノンが主役なので序盤のインパクトは相当なものでした。

見た目もセリフも動きもかっこよかったです。

そしてGGOのもう一人のヒロインキリト!

斬鉄剣持っているのか?と相変わらずのチートぶりで、しかもアバターも女子っぽい男子アバターとのことでどこまでもモテ路線を貫くキリトに脱帽です。

 

シノンの魅力

シノンがなぜ氷のスナイパーと呼ばれているかというと

「せめてゲームの中でくらい銃口に向かって死んでみせろ」

クールなセリフと容姿からが大きいでしょうね。

キリトの周りの女子はアスナがいるのにまったく!と思うくらいに積極的なキリトの前であまりにも無防備です。

とはいうものの他の女子キャラはメロメロになるところゲーム内とはいえ一昼夜共にし、膝枕までしたのにそして心ときめく救出まで体感したのにさすがはシノン!心が揺れはしたと思いますが、落ち切りませんでした。(笑)

ファンが黙ってませんよね。ファン評をあげてみます。

それは、えーと…。

https://twitter.com/gino_psychopass/status/1241095063268016128?s=20

女性キャラの中では断トツの人気を誇るシノン。

あまりでてこないところもいいのかもしれません。

 

まとめ

書き足すと王道のかわいらしさを持つアスナの対極にシノンはいる気がします。

人気キャラとは脇をかためる髪の色がクールな女子イメージです。

ちょっとすねた感じの影アリ風な子はなにかとちょっかいかけたくなりますよね。笑ってくれるとほっとするような。

最近公開されたSAOの新情報ではシノンがやっぱりいい感じで登場していたので期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です