宇治抹茶スイーツお試しセット

<期間限定>
1,000円引き
10月10日(土)まで

詳細はこちら

【堺雅人】主演ドラマ一覧!半沢直樹・リーガルハイ【厳選15選】

堺雅人
[voice icon=”https://shumi-katu.net/wp-content/uploads/2020/04/youngwoman_42.png” name=”かおりん” type=”l”]この記事では堺雅人さん主演の過去ドラマについて厳選15作品を紹介しますね![/voice]

堺雅人さんが主演をつとめ、平成の高視聴率ドラマの一つである『半沢直樹2』が令和になり帰ってきますね。

今までも数々の有名映画やドラマ作品に出演し、強烈な印象を与える演技に見入ってしまう方も多いかと思います。コミカルな役からシリアスな役、そして裏の顔がある謎めいた役まで幅広く演じることができる演技派俳優ですね。

今回は堺雅人さんにスポットを当て、今まで主演したドラマのを一覧にして紹介していきたいと思います。

【堺雅人】主演ドラマ一覧!半沢直樹・リーガルハイ【厳選15選】というテーマで紹介致します。

[kanren postid=”23856″]

堺雅人/人物像を紹介

堺雅人プロフィール

堺雅人は、1973年10月14日生まれ、宮崎県宮崎市出身の俳優です。本名も同じく堺雅人さん。

早稲田大学在学中に演劇研究所を母体にした劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加し、劇団の看板俳優として活躍していました。「早稲田のプリンス」と呼ばれ人気を博していたそうです。現在も劇団の名誉団員です。

早稲田大学卒業後は現在もいる田辺エージェンシーに所属し、舞台やテレビ・映画でも活躍しています。

初めて出演したテレビドラマは、1995年の『ハートにS』という深夜のショートドラマのようですね。

無名だったころは声優業も行っていたそうで、現在も出演している数は少ないですが声優としての仕事もしているようです。実はウィキペディアにも、職業の欄は俳優・声優と書かれているんです!

[voice icon=”https://shumi-katu.net/wp-content/uploads/2020/04/youngwoman_37.png” name=”女性” type=”l”]声優の仕事もしていたなんて意外![/voice]

私生活では2012年の映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉編]』で初共演した女優・菅野美穂さんと2013年に結婚していますね。現在は2児の父になっています。結婚した当初は”格差婚”と言われたりしたようですが、今となっては人気演技派俳優として有名となっているので、”格差婚”ではないと思います。

美男美女夫婦なので、この両親を持つ子供たちは自慢の両親でしょうね。羨ましいです(笑)

堺雅人主演ドラマ一覧

ここで、堺雅人が主演を演じたドラマ作品を紹介していきたいと思います。無名時代の作品から紹介しますので、実はこんな作品にも出演していたの?というものもあるかと思います。

世にも奇妙な物語/春の特別編『フラッシュバック』2008年

この、『世にも奇妙な物語』内の単発ドラマ「フラッシュバック」で、ドラマ初主演を果たしたようです。

実は、あの有名番組『世にも奇妙な物語』に出演していたようですね。しかも意外にもこれが初主演ドラマだったそうです。この番組、実は出たての俳優が出演していることが結構あるので、実は登竜門的な存在だったりするのかもしれませんね。

『あるがままの君でいて』2008年

TBSのパナソニックドラマスペシャル。プライベート部分以外は実話が基になっており、TBSが「涙の出る思い出」を募集したところ、1通のメールがきっかけとなって出来たドラマです。

ともに伴侶に先立たれてしまった過去を持つ二人が運命的に出会い結ばれ、2人の子宝にも恵まれ幸せに暮らしていたところ、苦労して建てた新居が火災に遭ってしまいます。それをきっかけに妻が解離性健忘症という病気を患い、治療法もなく、自分の名前すら忘れてしまう妻と向き合っていく様を描いたドラマです。

夫の微妙な心情を表現するところや壁を乗り越えて妻と向き合う姿など、とても難しい内容のドラマだと思います。

『ジョーカー 許されざる捜査官』2010年

昼間は温厚かつ、お人好しな刑事ですが、夜になると凶悪犯に正義の鉄槌を下す冷酷な制裁者になるといい2つの顔をもつ刑事・伊達一義の活躍を描いた刑事ドラマです。

このドラマは、堺雅人が主演するドラマの中で印象的なドラマです。どうやら、このドラマで連続ドラマデビューを果たしたようですね。主人公である捜査官の優しい笑顔とは違う、冷酷な裏の顔を見たときのギャップが忘れられません。

『ニセ医者と呼ばれて~沖縄・最後の医介輔』2010年

日本テレビ系で放送されたヒューマンドラマスペシャル。戦後間もない、アメリカの統治下であった頃の沖縄が舞台となったドラマです。当時、沖縄は深刻な医師不足で、その状況を打破するためにアメリカ政府は、衛生兵などの経験・経歴を持った人物を医師免許を持たない代用医師として認定し、医療行為に当たらせていたそうです。これが“医介輔”の始りとも言われていまして、2008年10月まで医介輔として実在していた宮里善昌がモデルとなったドラマです。

第66回文化庁芸術祭参加作品、ドラマ部門で優秀賞を受賞した作品のようです。実在した医介輔のドラマということもあり、実在した人物を表現することは難しいかと思いますが、優秀賞を受賞するほど良い作品だったことは分かりますね。

『塚原ト伝』2011年

戦国時代に剣の聖地・鹿島に生まれ、幼少より鹿島の中古流の太刀を学び17歳で武者修行の旅に出て、障害数多の真剣勝負や合戦に臨んで一度も負傷しなかったという伝説的な剣豪・塚原卜伝を堺雅人が演じます。有名ではありますが、実はあまり映像化されたことがない、塚原ト伝の青年期を中心にその実写に迫るドラマです。

この頃から、実在する役のドラマを演じることが多くなっていますね。きっと、演技力の高さが評価されはじめた証拠ですね。ドラマの内容に対しては賛否両論あるようですが…。

『リーガル・ハイ』2012年

偏屈で毒舌で最低な性格ですが、訴訟で一度も負けたことのない敏腕弁護士である主人公・古美門研介(堺雅人)と、まじめで正義感が強いが融通が利かない新人弁護士・黛真知子(新垣結衣)のぶつかり合いながら法廷で共闘していく様を描いたドラマです。「弁護士ドラマ」史上笑えるコメディドラマです。

このドラマは、堺雅人の代表的なドラマの一つと言えるくらい、続編も放送されていますね。新垣結衣とのやり取りが面白いですよね。弁護士ドラマですがとても面白くて、必ず勝訴する古美門弁護士にイライラしながらも何故かスカッとしてしまいます。

『大奥~誕生[有功・家光編]』2012年

よしながふみによるマンガ『大奥』の実写映像化シリーズ第二弾。原作は、手塚治虫文化賞マンガ大賞・講談社漫画大賞などの名賞を総なめにし、累計発行部数300万部を突破した大人気連載中の作品です。将軍・家光の時代・疫病の為男子の人口が激減し、「将軍は女、仕えるのは美男子3000人」の”男女逆転大奥”が誕生する…という、他の大奥をテーマとした諸作品と違い、歴史上実在した人物は一部性別が逆転して登場する物語です。

この『大奥』も、『リーガル・ハイ』や『半沢直樹』と同じく、堺雅人主演で続編も放送されているドラマですね。連続ドラマ後、即、映画公開という異例の試みで行われた一大プロジェクトだったようです。この『大奥』で今の奥さんである菅野美穂と出会い結婚に至りましたよね。

『リーガル・ハイ スペシャル』2013年

2012年に放送されたドラマ『リーガル・ハイ』の特別企画 スペシャルドラマ第1弾です。法廷では相手側の北大路欣也演じる勅使河原勲と主人公である古美門健介(堺雅人)との戦いですが、蓋を開けてみると、広末涼子が演じる裁判長・別府敏子と、古美門(堺雅人)との戦いのようです。畳みかけて話す古美門をバッサリ切る別府のやり取りも面白いです。果たしてこの裁判でも古美門は勝訴することが出来るのか?!

『リーガルハイ』2013年

今回は、連続ドラマ第2期で、この回から実は真ん中の点がなくなり、『リーガルハイ』というドラマ名に変わっております。この作品から、新垣結衣演じる黛真知子だけでなく、岡田将生演じる羽生晴樹という新しい世代の弁護士が加わりさらにパワーアップします。

この話は、視聴者の方からの熱狂的な支持と続編を切望する声に応える形で凱旋したようです。司法ドラマにしてはコミカルな内容なのでとても面白かったですが、視聴者が熱望したために続編を放送するなんて、すごい人気だったことが分かりますね。

『半沢直樹』2013年

原作は池井戸潤が書き下ろした「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」です。堺雅人演じる主人公・半沢直樹が務める東京中央銀行のなかで繰り広げられるカネと権力争い、そして不正を正すために戦う様を描いたドラマです。

皆さんご存じの、堺雅人が主演するドラマの中で一番といっていいほど有名なドラマですね。平成で最高視聴率を叩き上げ、最終回の視聴率がなんと40%超えだったようです。あの名セリフ「倍返しだ」も流行りましたよね。

ドラマWスペシャル『パンドラ~永遠の命~』2014年

WOWOWで放送されたテレビドラマで、”パンドラの箱”を開いた人々の運命を描くシリーズの一つ。クローン技術をテーマにしたスペシャルドラマです。革新的な発明によりクローン人間が誕生し、命の尊厳や、クローン人間をつくったその先の未来とはどんなものなのか?心を揺さぶるサスペンスドラマです。

手を出してはいけない世界で、クローン人間をつくるという話です。話の内容に対しては賛否両論あるようですが。。。難しい題材のドラマだと思います。

『リーガル・ハイ スペシャル』2014年

スペシャルドラマ第2弾である、『リーガルハイ・スペシャル』。この回のテーマは医療過誤問題という、今までとは少し違った難しい案件ですね。主人公である古美門弁護士(堺雅人)と戦うのが、大森南朋演じる九條和馬が”たかり弁護士”で、法廷で苦戦を強いらえることになるようです。果たして総理を納めることが出来るのか―?!

ここまで続編が続くと本人たちも思わなかったでしょうね。でも、それくらい人気があるドラマであるということがこれで伺えますね。

『Dr.倫太郎』2015年

堺雅人演じる日野倫太郎という、精神科医の物語です。日野は。大学病院に勤め、傷ついた人々の心にとことん寄り添い、その痛めた心を解きほぐしていくという、書籍やテレビにも出演するくらい有名な精神科医です。でも、恋愛に関しては全くの不得意。そんな日野が、蒼井優演じる夢乃と出会ってから人生を狂わせていく姿を描いたドラマです。

実は日本テレビの連続ドラマ初主演のドラマ作品だったようです。意外ですが、でも、何気にTBSのドラマに出演することが多いような…。このドラマの時は未婚者だった蒼井優が、今は既婚者…ということに筆者は感慨深くなりました(笑)。

NHK大河ドラマ『真田丸』2016年

脚本が三谷幸喜であったことでも有名な『真田丸』です。原作なしのオリジナル作品で、主人公である真田信繁(幸村)を、堺雅人さん演じました。

戦国時代最後の名将である真田幸村ですが、本名は実は真田源次郎信繁といいます。好奇心旺盛で冒険好きな信繁は、いつしか徳川家康までも脅かすような武将に成長しました。

ドラマの初めは真田幸村は天才の父や秀才の兄の背を追いかけながら、故郷に住む家族と共に乱世を生き延びていくために、迷い、悩み、苦しみながら成長していく、家族愛にあふれた次男坊・信繁の物語です。後半は大坂の陣において真田信繁が、戦国時代最後にして最強の砦「真田丸」を作りあげるまでの人生は、戦国の荒波に揉まれ続けた小さな家族船「真田丸」での長い長い航海の道程でした。

真田幸村は最期8ヶ月の子活躍によって後世にまで語り継がれる歴史的人物となりましたが、実はその8か月以前のエピソードは少なく、それを今回、脚本の三谷幸喜が作り上げたことでも話題になりましたね。三谷幸喜らしいドラマ内容になっているためか、もともとの大河ドラマファンにはイロイロと意見があったようですが、結果的にはめちゃめちゃ人気だったようですね。

『半沢直樹2』2020年

2020年4月に、『半沢直樹2』放送されますね。原作は池井戸潤の「ロスジャネの逆襲」と「銀翼のイカロス」です。今回は、出向先である東京セントラル証券でのトラブルですが、今回も目が離せない展開が待っているようです。楽しみですね。

コロナの影響で放送日が少し遅くなるようですが、無事に放送されることを願っております。

まとめ

出典元 半沢直樹公式ホームページより引用

今回は、堺雅人が主演をつとめるドラマについて紹介しました。ザっと紹介したため、もっと詳しいあらすじを読みたいと思ったかたもいたかもしれません。

甘いルックスを生かした、優しい役などが多い印象ですが優しい笑顔の反面、冷酷な表情をする二面性のある役をとても自然に演じるため、その演技のうまさに、ドラマを観ている側もゾッとしてしてしまう程です。

また、『リーガル・ハイ』や『半沢直樹』のように迫力のある演技も、引き付けられますね。

こうして主演ドラマをまとめてみると、続編が放送されているものが多いですね。演技もさることながら、主演するドラマもヒットするため、”高視聴率男”と呼ばれているようです(笑)

『半沢直樹2』も令和でヒットすること間違いなし?!

“高視聴率男”が令和でどう「倍返し」するのか、注目ですね。

[kanren postid=”23856,23847″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました