抹茶パフェアイスバー

9月29日以降がお得!
マツコの知らない世界で放送決定
1,000円引き

詳細はこちら

二村知子は結婚している?年齢や子供を調査!元シンクロ代表時の画像あり

二村知子は結婚している?年齢や子供を調査!元シンクロ代表時の画像ありおすすめ

二村知子さんとは?

元シンクロ日本代表選手でその後、父親の経営していた書店を引き継ぎ現在は広さ13坪の書店ながら大型書店やAmazonの書籍別の売上を越える事もある地元では人気の高い書店を営んでいます。

書店名は「隆祥館書店」(りゅうしょうかんしょてん)と言います。大阪市内にある創業71年になる老舗書店です。

地元の方は一度は行った事があるのではないでしょうか?

 

今回はそんな老舗書店を営む二村知子さんについて「結婚しているか?年齢は?子供は?などについて紹介したいと思います。

また、元シンクロ代表と聞いて当時はどんな風貌だったのか?気になる方もいると思いますので現役時代の画像を掲載しておりますので是非最後までご覧頂ければ幸いです。

【鬼滅の刃】電子書籍で読む最安3社を紹介【最大50%oFF】
【鬼滅の刃】マンガ全巻を最安で買える厳選3社を紹介【最大50%oFF】というテーマで進めていきたいと思います。

二村知子さんのプロフィール【年齢】

まずは二村さんのプロフィールについてみていきましょう。

[box class=”pink_box” title=”プロフィール”]名前:二村智子ふたむらともこ
生年月日:1960年(2020年時点60歳)
出身地:大阪府
経歴:元シンクロ日本代表選手
現在:書店経営者「隆祥館書店」[/box]

二村さんの生年月日から2020年時点で60歳になる年だという事が判明しました。

画像等を見て頂ければ分かる通り、還暦とは思えないとても綺麗な方です。

2020年9月1日放送予定の「セブンルール」にも出演されるようです。

結婚はしているのか?元夫の噂は?

結論から申しますと、結婚はされてお子さんもいる可能性が高いです。

現在は旦那さんがいるのか?または離婚をされたのか?についての確定的な情報はありませんでした。

検索すると「元夫」と出てきますが正しい情報とは思いません。

 

結婚とお子さんがいるという情報は、二村さん自身がコーチとして指導していた時に語っていた事から判明した情報です。

二村さんについての高校時代や大学時代についての情報は少ないようです。

また詳細が分かり次第追記したいと思います。

元シンクロ日本代表時の画像や実績

環太平洋パンパシフィック大会において連続世界3位に入賞した経歴を持ち、その後はコーチ指導者としてシンクロ界に貢献をされた人でもあります。

書店業界のハンディに直取引を訴えて堂々と勝負を

二村は店に来た常連客たちが、父が亡くなったことを知り、号泣する姿を何度も見ている。「私はあのおっちゃんと本の話をするのが、好きやったんです」

本を一冊売った場合、書店の利益は約2割しかない。薄利の上、ネット書店やコンビニの参入により、リアル書店はこの20年で約1万件減少している。それでも父は本が人生をも変えてしまう文化的価値のある商品であることを信じ、それを販売することを誇りに思っていた。その意志の継続として、元日本代表はたった13坪の店ながら、顧客の一人ひとりと本を通じて繋がることで、地域にとってかけがえのない本屋を目指している。

アスリート故に恩師の井村監督よろしくフェアな競争は望むところではあるが、本の流通の仕組みは極めて不平等である。かつては、本を取次ぎに返品した際、大型チェーン店は翌日にすべて電子決済で返金されるのに、一般の書店は20日以降の返品分は翌月とされて、資金繰りが厳しくなっていた。これを解決したのも善明であった。2009年に「大手書店と扱いが違うのは不当だ」として公正取引委員会に直訴し、長い闘いの末に6年後に是正されたのである。それは組合書店が感謝した大きな進化であった。

他方、仕入れについては相変わらず理不尽な問題が続いている。まず利益率が大手書店と街の本屋では異なる。街の書店は低く抑えられているのである。またどんなに売っても小さな書店には取次ぎが本を入れてくれないという「ランク配本」という現象がある。かつて「動物占い」が爆発的に売れたとき、大手書店では平積みになっているにもかかわらず、取次ぎは隆祥館にはほとんど入荷してくれなかった。

二村は、幼い頃の夢を叶えるためにNASAに渡った小野雅裕の「宇宙を目指して海を渡る」の内容に惚れ込み、2014年に同書を売りまくった。結果、「宇宙を…」を売ったのは一番がAmazonで二番目が隆祥館だった。13坪の書店が、リアル書店では最も多く販売したのである。ところが、それだけの実績があるにもかかわらず、小野の二作目の「宇宙に命はあるのか」の配本はたったの一冊だった。同様にサントリーを育んだ二人の人物の友情を描いたノンフィクション「佐治敬三と開高健 最強のふたり」(北康利著)も日本で一番売ったにも関わらず、文庫になったときに取次ぎから入荷されたのは、何とゼロだった。結果を出しても評価がされない。心が折れても無理のない仕打ちである。同じ条件の元でライバルたちと戦ってきたアスリートゆえにその口惜しさは、推して知ることができる。せめて平等なルールの中での競争ができないものか。

しかし、苦境での限界を自分で決めてしまわないことを井村から、座して待つのではなく闘うことを父から、それぞれ学んだ二村は、挫けない。ときに小さな書店が泣かされていることを自身のツイッターで告発し、ときに取次ぎを通さずに版元に直談判して部数を確保していく。

出典元 https://news.yahoo.co.jp/byline/kimurayukihiko/20180619-00086693/より引用

上記で語っているように、経営者として勝負師としての勢いが感じられる書店業界に飛び込む姿勢が人気のあるお店づくりの原点になるのでしょうか?

「隆祥館書店」の詳細情報

~読書は心の森林浴~

冒頭にもお伝えしましたが大阪市内では老舗書店でもあり、人気の高い「隆祥館書店」ですがどんな書店なのか?について詳細情報を少し紹介したいと思います。

本好きには必見ですね?

隆祥館書店詳細情報

 

店名:隆祥館書店
住所:大阪市中央区安堂寺町1-3-4 安堂寺Rタワー1F
公式URL:https://atta2.weblogs.jp/ryushokan/
TEL:06-6768-1023
FAX:06-6768-1024
営業日・営業時間:月~土8:30~22:00 日・祝祭日 10:30~20:00
定休日:第3日曜日

インターネット注文もできるようです。

e-hon加盟店となっており、e- hon の隆祥館のサイトで注文して店頭、または配達が可能という事です。 まずは無料の会員登録をこちらから

まとめ

二村知子さんについて紹介をさせて頂きました。

小学生2年生から始めたシンクロという出会いから自分自身が向き合ってきた経験を元に父親の残した老舗書店を引き継ぎ大人気店となった「隆祥館書店」はこれからもお客様目線の書店販売を続けてくれる世間から愛されるお店なんだなぁ!と筆者は感じました。

是非、自粛期間中が続きますが本を読む機会があれば皆さんも一度「隆祥館書店」をご利用してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました