ナラティブガンダムABC装備の目的と使用経緯について大調査!

ガンダムシリーズの劇場版の「閃光のハサウェイ」が公開時期が延びてさかのぼること2年前になってしまいますが、「ナラティブ」を期待マックスで観に行きました。

ナラティブとは「語られるもの」というナレーションの意味を考えると納得な意味を持っています。

ガンダムと名が付くので主役級のこのMSにはABC装備がそれぞれ搭載されています。

その目的と使用経緯について大調査しました!

私自身も流してみていたので調べてみてそんな働きが!そのためか!と思いました。

改めて観る参考にしていただいてもこれから観ようという方の予備知識としても覚えていただけたら嬉しいです。

ナラティブガンダム

作品的には3機目のユニコーンということでフェネクスが主役だと思いますがタイトルの名がつけられ、パイロットの作中での立場的なことからナラティブガンダムも注目すべき機体であります。

特徴

アナハイム製のガンダム

νガンダムよりも前にサイコフレームを試験的に用いられた

ヤクト・ドーガの技術継承

アナハイム・エレクトロニクス MSから戦艦さらにはコロニーなど軍産複合企業  
νガンダム ニュータイプであるアムロ・レイが設計に携わったガンダム
ヤクト・ドーガ ニュータイプ、強化人間用に作られた機体

装備がバルカンのみだったり何より恐ろしいことにコックピットの装甲がないのです。

これは全く独断ですが生粋のニュータイプではないいわゆる強化人間タイプのパイロットには神経や意識により近いところに操作システムをもってくる傾向というか考え方が根強いからな気がしてなりません。

鉄血のオルフェンズサンダーボルトに登場するパイロット達に用いられたシステムです。

阿頼耶識システム 脊髄に接続機器を埋め込むことによってより感覚的にMSを操縦できる
RPD実験 リユースサイコデバイスの略。義手義足とコックピットを接続することでより感覚的にMSを動かせる

A装備

顔が装備に埋もれていますね(笑)

重装備かつ高機動

高機動であるということは負荷が相当かかるのでサイコフレーム付きスーツであるサイコスーツなるものを着用します。

ごついですがフェネクス捕獲のための装備です。サイコフィールドを相殺するサイコミュ兵器でもあります。

B装備

フェネクス捕獲の大本命的装備。

A装備に比べ大分すっきりしていますが運動性は逆に低いです。

ファンネルがありますがナラティブには時代遅れ的でゾルタンにも「似非ファンネル」などと大分言われました。

ただし人智を超えるスペックの大部分を封殺できるということで、どこまでもフェネクス捕獲に保険をかけた形になっています。

秘匿機能としてNT-Dが搭載されています。

NT-D ニュータイプデストロイ 文字通りニュータイプを殲滅させるべく始動するシステム

関連記事 戦場の絆連邦軍最強機体ユニコーンの魅力徹底解剖!対抗策はある!?

C装備

最もシンプルな装備ですが、多量にサイコフレームを搭載することができる言わば全身装備です。

こちらもNT-Dが併用されていてNT専用機と戦闘時赤く発光する姿からユニコーンを思わせます。

ナラティブガンダム使用経緯

奇跡の子供たちと呼ばれた3人の人間の縁から本物とバックアップする者と負う者とがフェネクス、ナラティブガンダムを使用して人の可能性を探り間違った道を選んではならないというような内容を追っています。

鮮烈な登場をしたフェネクスをナラティブガンダムは追うのですが結構いいとこまでいくのでこれは!と思わせるのがA装備です。

B装備で思いがけずNT-Dが発動がしてしまい、危うくⅡネオ・ジオングと合体しかけました。

なんのためにでてきたの?感が強すぎましたが難を逃れて安心しました。本物とはやっぱり違うなと思うのです。いつだって本物はらくらくでいるのに偽物は苦しんでいる気がします。

C装備で赤く光った時はいよいよ来たか!と思いましたがやっぱり不発でそしてやっぱり誰かに助けられる(笑)

大抵の人はこのパターンなので落ち込まないでヨナ

ここで注目しておきたいのがネオ・ジオングです。

ネオ・ジオング

MSとは違うモビルアーマーで明らかに本人ではありませんが理想のためならシャア・アズナブルにもなると言ったフル・フロンタルが乗る機体です。

明らかに違うとしたのはシャアはジオングを嫌っていたので。(その割には意気揚々乗ってた気がします)

内部はシナンジュですがモビルアーマーはとにかく大きいのでその機能性は全く継承されていません。

最大の特徴はサイコシャードというサイコフレームを搭載していないにも関わらず増大させることでサイコフィールドを再現できるということです。

さらにはサイコミュシステムで乗り手がなくても動かせるという特徴があります。

ゆえに本来この世にあってはならないものと評されるのです。

ナラティブでゾルタンが乗っているのは同型のⅡネオ・ジオングです。コア・ユニットはシナンジュ・シュタインになります。

まとめ

フェネクスがとにかく綺麗で音もよかったです。途中でそうだろうなとは思いましたがやっぱりオカルトでした(笑)

オカルト好きなのでそれはいいですし、なにもナラティブに始まったことではありません。

それでもどうしても、人の意思でMSは動かせてもこの世にいない人の意思で動かせるとうのはやりすぎな気がします。

面白いし好きなのでよしとしておきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です