宇治抹茶スイーツお試しセット

<期間限定>
1,000円引き
10月10日(土)まで

詳細はこちら

【半沢直樹エピソードゼロ】あらすじ・出演者・相関図まとめ

半沢直樹2

今回は半沢直樹エピソードゼロについて書いていこうと思います。

この半沢直樹エピソードゼロとは2020年の4月より放送予定の半沢直樹続編に向けてのスピンオフ作品になります。

今回はそんな半沢直樹のエピソードゼロのあらすじや出演者、相関図ついて書いていこうと思います。

あらすじや出演者以外の基本情報、見所などもまとめて書いていこうと思います!

半沢直樹エピソードゼロ基本情報と出演者は?【相関図】

 

まずは半沢直樹エピソードゼロの基本情報を書いていきましょう。

基本情報

・企画協力:池井戸潤

・監修:福澤克雄

・チーフプロデュース:伊與田英徳

・プロデュース:宮崎陽平

・演出:松木 彩

・製作著作:TBS

原作者である池井戸潤さんが企画協力をしているというのも魅力的ですね。

出演者情報

高坂圭(吉沢亮)【敏腕プログラマー】

・行き場を失っていた高坂だったがIT企業の「スパイラル」へ入社し、堺雅人演じる東京セントラル証券とのコンペの中の一つの企業でプロジェクト獲得を目指し大金を手にする事が出来たのか?

浜村瞳(今田美桜)【東京セントラル証券の新入社員】

・情報システム部に所属し、証券トレーディングシステムをリニューアルするという一大プロジェクトの担当者となり、高坂との関係も次第に進む

若本健人(吉沢悠)

・高坂の「スパイラル」企業の開発部リーダー

加納一成(井上芳雄)

・スパイラルの戦略担当兼専務

府川義則(栗原英雄)

・浜村瞳の直属の上司でシステム部の部長

黒木亮介(北村匠海)

・プログラミングを通して高坂と大学時代からの友人

瀬名洋介(尾上松也)

・「スパイラル」の社長

城崎勝也(緒形直人)

・浜村瞳の上司でシステム部の主任。瞳と同じで、証券トレーディングシステムをリニューアルするという一大プロジェクトの窓口となる人物

来栖誠也(玉置玲央)

鈴木莉乃(吹越ともみ)

佐藤耕太(磯﨑義知)

相関図

引用元 https://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/story/

以上のようにとても豪華なキャストとなっております。

また若手人気俳優を起用すること今までみたことのない人にも親しみやすい内容かと思います。

さらには半沢直樹(堺雅人)も出てくるとか来ないとか・・・

半沢直樹エピソードゼロのあらすじ

 

続いてあらすじを書いていこうと思います。

あらすじ

半沢直樹が出向した東京中央銀行の関連会社 「東京セントラル証券」 では、証券トレーディングシステムの大規模リニューアルを予定していた。
一方、検索エンジンサービスの開発・運用で勢力を伸ばしていた新興 IT 企業 「スパイラル」 の新人プログラマー・高坂圭 (吉沢亮) は、あまり目立たない社員だったが、ある日、突如発生したシステムダウンのピンチを凄まじいプログラミング能力で乗り切り、周囲を驚かせる。彼の実力を認めた加納専務 (井上芳雄) からコンペのプロジェクトリーダーに任命された高坂は、オリエンテーションの会場で 「東京セントラル証券」 のリニューアルの担当者である城崎勝也 (緒形直人) や新入社員の浜村瞳 (今田美桜) と知り合う。

そんな中、ある一人の男が 「スパイラル」 を訪ねてくる。彼の名前は黒木亮介 (北村匠海) といい、高坂の古い友人らしい。黒木を前にした高坂は脳裏に過去のある苦い記憶がよみがえる…。
成功すれば数億の売り上げに繋がる重要なプロジェクト。「スパイラル」 にとって社運を賭けたこの一大プロジェクトが進行する裏で、人知れず “ある陰謀” が同時にうごめいていたことを、まだ誰一人も知らなかった――。

公式HPより

舞台は前作の主人公半沢直樹の出向先なのですね。

前作が好きだったという方にもおすすめです。

半沢直樹エピソードゼロの見所

 

続いて本作品の見どころについて書いていこうと思います。

見所は?

・高坂(吉沢亮)、浜村(今田美桜)の両新人の活躍は!?

・東京セントラル証券へのログインミスの頻発の狙いは!?

・高坂(吉沢亮)の旧友、黒木(北村匠海)は過去にどんな因縁があるのか・・

・浜村(今田美桜)へ送金がされる。果たして浜村は犯人なのか!?

・そして真犯人は誰なのか・・

以上がこの作品の見所となっております。

過去の因縁、半沢直樹との関係など見所たっぷりとなっております。

まとめ

 

ではこの作品についてのまとめをしていこうと思います。

[box class=”blue_box” title=”まとめ” type=”simple”]

①、原作者の池井戸潤さんの企画協力がとても魅力的。

②、豪華なキャスト陣による迫真の演技は必見。

③、今回はサイバー的な要素が強く現代的で勉強にもなります。

[/box]

以上3点になります。

本編は春から放送予定なのでその前にしっかりと予習しておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました