【回覧注意】最終回ネタバレ

炭治郎・ねずこ・善逸・カナヲ
どんな未来が待っていた?

詳細はこちら

【アンサングシンデレラ】最終回の無料動画はある?【石原さとみドラマ】

見逃し配信
この記事は約19分で読めます。

この記事では石原さとみ主演のオリジナルドラマ【アンサングシンデレラ】の動画1話から最終回を無料で視聴する方法について紹介します。

【アンサングシンデレラ】はフジテレビ制作のオリジナルドラマとなっております。

フジテレビ制作ドラマという事は見逃した【アンサングシンデレラ】を観るにはFODプレミアムで観るのが1番お勧めです。

では石原さとみ主演のオリジナルドラマ【アンサングシンデレラ】を1話から最終回までを無料視聴する方法について紹介をしていきたいと思います。

また、FODプレミアム以外で観る方法なども含めて参考にして頂ければ幸いです。

ではみていきましょう

\2週間無料トライアル実施中/
無料期間申し込む

フジテレビ系独占配信
2週間以内の解約で0円

「アンサングシンデレラ」動画をフルで1話~最終話まで無料視聴するには?

まずは【アンサングシンデレラ】の動画をフルで楽しむ為にはFODプレミアムが1番とお勧めしましたが、念のためその他のVODサービスを調査し表にしましたのでご覧下さい

VOD
サービス
配信状況無料期間月額料金漫画配信数おすすめ度
14日間888円5,000本
以上
★★★★
×31日間1,990円90,000本
以上
★★★★★
×14日間1,026円×70,000本
以上
★★★★
×30日間500円10,000本
以上
★★★★
×14日間1,017円×非公開★★★
×31日間500円120,000本
以上
★★★
×14日間1,017円×非公開★★★

新型コロナの影響で2020年4月放送予定でしたが、2020年7月16日に変更になったので現時点ではどのVODサービスで観る事ができるのかわかりませんが、フジテレビ制作ドラマであれば、FODプレミアムで観れる事は間違いありません。

地上波放送のドラマであれば、 TVerでは放送週の期間はドラマ最新話が観れる可能性も高いです。更にTVerで観れるドラマはGYAOで観れる可能性も高いです。

全話一気に観たい人は「FODプレミアム」。放送日から一週間以内に観たい人は 「TVer」「GYAO 」それぞれの生活に合わせて観るのが1番だと思います。

FODプレミアム基本情報

ではFODプレミアムとはどんなVODサービスなのか?ご存知ない方もいらっしゃると思いますので簡単にサービス内容をお伝え致します。

FODプレミアムは、 フジテレビが運営する動画配信サービスです。

・ここでしか見られないフジテレビ作品が5000本以上見放題・FODでしか見ることができないオリジナル作品を配信中

・アニメや海外ドラマなど人気作品もFOD独占でラインナップ

・話題の新作映画もレンタルできる

・130誌以上の雑誌も読み放題

・最新マンガもお得に購入できる

上記のように日本のドラマで特にフジテレビ系列ドラマを観るには最もおすすめVODサービスになります。

まずは無料期間14日間でどんな配信作品があるのかお試しする事をおすすめします。

「アンサングシンデレラ」はDailymotionで観れる?

現在は放送前ですので観れるかわかりませんが、今後観れたとしても違法アップロードの可能性ありますので、違法アップロードを観た人も罪に問われる可能性やウイルス感染や詐欺のリスクを考えると、安心して観る事ができるVODサービスを利用するのが1番だと思います。

違法アップロードサイトは下記になります。

・YouTube
・pandora
・9tsu
・miomio

もし観れたとしてもフル動画まで観れるのか問題がありますし、リスクが高まります。

・ワンクリック詐欺
・フィッシング詐欺
・ウイルス感染

これらの被害にも気をつけないといけません。

\2週間無料トライアル実施中/
無料期間申し込む

フジテレビ系独占配信
2週間以内の解約で0円

「アンサングシンデレラ」ドラマ情報

月刊コミックセゾンで連載中の「アンサングシンデレラ」が木曜劇場で待望の実写化となりました。

病院がテーマのドラマといえば医師や看護師を扱う事が多かったですが、このドラマでは病院薬剤師が主人公となっております。薬剤師を主役のドラマは「アンサングシンデレラ」が史上初ですので凄く楽しみですね。

ドラマのタイトルにもある「アンサング」とは褒められない事を意味しています、医者や看護師は患者から頼られたり感謝されますが、薬剤師は特に患者から頼られる事はないような気がしますが、患者が退院してからの生活を気遣い、薬を処方する薬剤師は、間違いなく病院の縁の下の力持ちではないでしょうか。

病院の縁の下の力持ちである、薬剤師の役を大人気女優の石原さとみが主演で、今まであまり取り上げられなかった薬剤師をテーマにした、新しい病院ドラマをお楽しみください。

第1話あらすじ

病院の薬剤師として勤務している葵みどりは、薬剤師としてのキャリアは8年目で、日々患者1人1人と真摯に向き合って仕事に取り組んでいる。

みどりは薬剤師として何より大切なのは「薬は患者の今後の生活を支えるので、患者自身を知る必要がある!」という信念を持ち働いている。

病院の救急センターでの勤務中に、蜂に刺された患者が搬送されてくる。みどりは薬剤部副部長の瀬野省吾(田中圭)と共に患者への投薬のため医師のサポートをしていた。

医師、みどり達が患者の処置を行なっている所へ薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)をつれてくる。新人の相原はみどり達の処置を見ている時に、搬送された患者が日常服用している薬に原因がある事に気が付き、その事を医師に報告した事により、心肺停止の患者が回復し、薬剤師の言葉が患者を救った事に感動する。

しかし患者の家族達は薬剤師ではなく、医師や看護師に感謝の言葉をかけていた。薬剤師へ感謝の言葉が無い事を疑問に思った相原はみどりにその事をみどりに問いただすが、みどりは「感謝されたいなら薬剤師はむいてない」とバッサリ答える。

新人の相原は仕事がまだわからないので、みどりに付いて回るが、足早に患者の投薬状況を見回るみどりに相原は付いていくのがやっとである。

2人が調剤室に戻ると室内は、医師からの処方箋が次々と届いているので、薬の調剤に皆んな大忙しであり、新人の相原を皆んなに紹介するが誰も手を止めない。

みどりは医師からの処方箋を相原にも渡して調剤を始めた。調剤をしている時、みどりは林医師からの処方箋に疑問を抱き直ぐに林医師に対して、処方箋を出した医師への問い合わせとして「疑義照会」を出す。その疑義照会を出した事により、林医師との間に因縁ができてします。

第2話あらすじ

葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。困ったみどりは麻利絵に大宮の最近の体調を尋ねるが、麻利絵もわからない様子。みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、“父親”だと答えるが何か事情がありそう。

調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が走り込んで来て何やら慌てた様子。販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。刈谷は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。販田は他の保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出した。

そんな中、病室の外が騒がしくなる。みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は重篤に陥る。

一方、麻薬管理室を調べていた販田たちは、薬剤の数が足りない事に気づく・・・。

第3話あらすじ

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、新田は大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。

第4話あらすじ

葵みどり(石原さとみ)が『娘娘亭』で食事をしていると、辰川秀三(迫田孝也)の娘、樹里(久保田紗友)が帰って来た。みどりは具合が悪そうな樹里を気にするが、辰川は客に挨拶もしない樹里を叱り、最近は自分と口も聞かないと嘆く。それでも、樹里を心配するみどり。一緒にいた小野塚綾(成田凌)はお節介と評した。

翌日、みどりは相原くるみ(西野七瀬)に樹里の話をする。だが、くるみは樹里よりもみどりが小野塚と食事をしていたことが羨ましい。話しながら廊下を歩いていると、年配の患者、龍一(菅原大吉)がうずくまっていた。介助しようとするみどりに、龍一は自分は医者だ、薬剤師より自分の体のことはよく分かっていると無碍に言い放つ。そこに妻の志帆(宮田早苗)が来て、龍一を病室に戻した。

調剤室に戻ると、販田聡子(真矢ミキ)も手伝うほどの忙しさ。一方、羽倉龍之介(井之脇海)は電話で疑義照会しているが医者に押し切られてしまう。医者の言うことは絶対と諦めている羽倉に、みどりは納得出来ない。そこに志帆が羽倉を訪ねて来る。志帆は羽倉の母親、龍一は父親で病院を経営する医師だった。

みどりはくるみと龍一に服薬中の薬などを聞きに行く。龍一の態度は薬剤師が診察するのかと高飛車。そんな時、みどりに瀬野章吾(田中圭)から救急センターに来いと連絡が。樹里が搬送されたのだ。付き添いの小野塚は、樹里が自分の店で倒れていたと言う。駆けつけた辰川は医師から樹里が摂食障害だと告げられる。樹里の環境変化を気にかけるみどりに、辰川は祖父の太一(伊武雅刀)が末期がんで入院していることを教えた。家族の絆は壊れかけていた。

第5話あらすじ

萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。幸い安定したものの、葵みどり(石原さとみ)は辰川家を心配していた。太一は末期がんだが、秀三は本人に告知をしていない。そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていた。太一が倒れた後も、秀三と樹里の溝は埋まらない。樹里に助けを求められたみどりは、秀三と話に行く。

みどりの説得で、秀三は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げる。太一の妻が抗がん剤で苦しんだ時よりは薬も改善されてきてはいるが、それでも辛いことになるかもしれないと話す秀三に樹里は頷いた。
医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3ヶ月と言われた太一は治療の必要はないと思っていると言う。秀三と樹里は反対するが、太一は入院せずに家族と過ごしたいらしい。みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案した。

太一は家族との話し合いで治療を決めた。樹里は太一と一緒に、これからやりたいことのリストを作る。そんな中、みどりは相原くるみ(西野七瀬)とケモ室(抗がん剤調剤室)へ。くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキ)の仕事に興味を示す。調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を看たいと販田聡子(真矢ミキ)に申し出た。くるみにはまだ早いと不安視する販田だが、みどりは了承する。
命の現場で薬剤師がみた現実は−

第6話あらすじ

葵みどり(石原さとみ)は小野塚綾(成田凌)も誘い、相原くるみ(西野七瀬)たちと区民センターで高齢者を対象とした服薬指導教室を行う。指導を終えたみどりたちが廊下に出ると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れた。早苗は萬津総合病院救急センターで豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けるが、体調不良の原因がハッキリしないため入院することに。みどりが現在服用している薬を尋ねると、早苗は飲んでいないと答えた。

翌日、刈谷奈緒子(桜井ユキ)が外来患者に服薬指導。的確な指導を行う刈谷を見ていたくるみは、どこからあの自信が来るのかと不思議がる。すると、工藤虹子(金澤美穂)は、刈谷がかつて大手の調剤薬局で働き、幹部候補にもなる優秀な人材だったとくるみに話す。しかし、優秀な刈谷がなぜ病院薬剤師に転職したのかは謎。くるみはみどりにも聞くが知らない様子だ。戻って来た刈谷は、くるみには初めてとなる一人での服薬指導に行くよう告げ、みどりも了承する。くるみが任されたのは月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)。上手く服薬指導が出来たと調剤室に帰って来たくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。

七尾拓(池田鉄洋)は早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑った。みどりは多剤耐性菌について調べていると瀬野章吾(田中圭)に患者を見ろと言われ、早苗が本当に服薬していなかったかを調べることに。一方、くるみは遠野から薬が効いていないとの電話を受けるが、みどりに伝えず…。

第7話あらすじ

葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。

結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。

 特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。左尺骨のヒビでの入院だ。だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れ蓑。そのため、病院長と整形外科医、大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには古賀の素性が伏せられた。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。また、みどりは苦しそうに胸を抑えた古賀が気になる。

翌日、心春が手紙を書いていると古賀が現れた。しばらく話をしていると、古賀が胸を抑えてしゃがみ込んでしまう。助けを求めに走る心春は、出くわしたみどりとくるみに報告。みどりたちは古賀のもとへ向かう。その時、心春も体の変調を覚えていた。

第8話あらすじ

葵みどり(石原さとみ)たちが“調剤の魔術師”と称える荒神寛治(でんでん)が、休暇を取る事になった。手品を練習するためと言う販田聡子(真矢ミキ)に、みどりたちは納得出来ない。ただでさえ忙しい薬剤部に人員の余裕はないのだ。販田は荒神の仕事は自分が兼務すると言うが、薬剤部から一名を調剤薬局の研修に出す事になったとも伝える。みどりが名乗り出るが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は猛反対。だが、みどりの代わりに瀬野章吾(田中圭)が薬剤部に張り付き、救急センターへは必要な時に行くよう販田は手配していた。

みどりが研修するのは在宅医療に特化した『笹の葉薬局』。みどりが笹の葉薬局を探していると小野塚綾(成田凌)に声をかけられる。小野塚も在宅医療を学ぶよう『ナカノドラッグ』の店長に指示されていた。二人が薬局を見つけると、店から代表の仁科敦夫(東根作寿英)が飛び出して来て、挨拶もそこそこに二人を患者の家へと連れて行く。仁科は様々な患者の家を回りながら、みどりたちに仕事を説明。高齢者の患者が多いため、仁科たちは薬の管理の他に、食べ物や副作用のチェックなども行っていた。そんな時、末期がん患者の家へ行ったみどりたちを荒神が出迎える。患者は荒神の妻、泰子(大塚良重)だった。

一方、相原くるみ(西野七瀬)はアレルギー性鼻炎の増田航平(田中幸太朗)に服薬指導。くるみは服薬量が多い事が気になるが、増田は意に介さず帰ってしまう。そんなやり取りを見ていた瀬野は、航平と一緒に来ていた息子の翔太(川原瑛都)が気にかかる。

第9話あらすじ

 瀬野章吾(田中圭)が葵みどり(石原さとみ)の目の前で倒れた。救急センターに運ばれ豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けた瀬野は、すぐに意識を取り戻す。詳しい検査を受ける事になった瀬野は付き添って来たみどりに、仕事に戻るよう指示した。

 翌朝、萬津総合病院には瀬野が倒れたという噂が広がり、調剤室にも伝わる。が、いつものように顔を出した瀬野は逆流性食道炎だったと仲間たちを安心させる。そんな瀬野に刈谷奈緒子(桜井ユキ)は静養した方が良いと忠告。同意した瀬野は、みどりに救急センターの手伝いを頼む。その後、瀬野は販田聡子(真矢ミキ)に,瑠衣から肺に腫瘍の疑いがあると指摘されたため精密検査を受けると報告。そんな時、瀬野に救急センターから急患の呼び出しが入る。

搬送されて来たのは若月陽菜(徳永えり)。みどりと陽菜の所持品から薬を探した瀬野は抗不安薬の大量の殻を見つけ、オーバードーズ(薬の多量摂取)を疑う。処置にあたっていた瑠衣は、みどりに薬袋の調剤薬局に連絡して陽菜への処方歴を確認するよう頼んだ。すると、やはり陽菜は複数の医療機関から同じ病気の処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていた事が判明。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と病室へ服薬指導に行くが陽菜は反抗的。みどりは陽菜にからかわれてしまう。

瀬野は精密検査の結果を消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)から知らされる。それは瀬野にとって受け入れ難いものだった。一方、みどりは小野塚綾(成田凌)から、意外なことを頼まれる。

第10話あらすじ

葵みどり(石原さとみ)は瀬野章吾(田中圭)の担当薬剤師となる。瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)だ。瀬野の重複がんで問題となるのは、標準治療が確立されていない副腎がん。効果が期待できる既存薬の投与が始まるが、数週間後も改善しなかった。

みどりは副腎がんを調べるが有効な手立てが見つからない。そんなみどりに、七尾拓(池田鉄洋)が海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると教える。しかし、治験薬を萬津総合病院で使用するには問題が多い。七尾は治験薬の承認を得るための3つの関門を伝える。畑中に治験責任医師になってもらうこと、病院内の治験審査委員会の承認を得ること、何より瀬野の同意を取得すること。その全てをみどりの責任でクリアすることを条件とした。

そんな時、瀬野は救急搬送される患者を見かけて後を追う。患者は心筋梗塞で倒れた丸岡はじめ(近藤公園)。瀬野は付き添って来た妻の彩乃(宮澤佐江)に丸岡の常用薬を医師か看護師に伝えるようアドバイス。彩乃がすぐに看護師に教えたため丸岡は難を逃れた。そして、丸岡は瀬野の隣のベッドに入院する。

 みどりは瀬野への治験薬投与について薬剤部の仲間に話す。相原くるみ(西野七瀬)は希望を抱くが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)たちは承認へのハードルの高さに難色を示す。それでも治験の実現を目指したいと言うみどりに、刈谷は他の患者へ迷惑をかけるようなことは許さないと釘をさした。

最終回あらすじ

葵みどり(石原さとみ)が瀬野章吾(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。

その頃、みどりは萬津産婦人科医院で働いていた。そこに小野塚綾(成田凌)が訪ねて来る。喫茶店に行くと、小野塚は萬津総合病院薬剤部に簑島心春(穂志もえか)が研修に来ていることからみどりに話し出す。心春の指導担当が相原くるみ(西野七瀬)と聞いたみどりは嬉しそう。だが、瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に、みどりの顔が曇る。みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていた。小野塚は萬津総合病院に戻って来るよう促すが、みどりは今の仕事が大事だと断る。そんな時、みどりは産婦人科から呼び出された。

みどりが病院に戻ると、妊娠35周目の向坂千歳(土村芳)が家でお腹を打って倒れたと、母の世津子(朝加真由美)に連れて来られていた。幸い母子ともに大事はなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。千歳と世津子は服用していたと答えた。

 そんな萬津産婦人科医院の常勤医師は、道場健太郎(前原滉)。まだ研修を終えたばかりの道場は、てんかん合併の妊婦を小さな産婦人科で診ることに自信がない。みどりは、スタッフは道場を信じていると励ます。

 入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てた。それを同室の星名優(入山法子)が見てしまう。しかし、服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいると嘘をついて…。

【アンサングシンデレラ】キャスト陣

★葵みどり(石原さとみ)薬剤師8年目。

1人でも多くの患者を救いたいの思いから、患者へ深入りして時間を掛けてしまい、他の薬剤師から効率的にするべきだと叱られる事もある。患者の当たり前の毎日を取り戻すために患者1人1人に真摯に向き合う。

★相原くるみ(西野七瀬)新人薬剤師。

「医師は無理だか薬剤師ならできそうだし、医師程責任もないだろう。」という気持ちで薬剤師になったが、医師ともぶつかりながら懸命に働くみどりを見て意識が変わっていく。

★販田聡子(真矢ミキ)薬剤部部長。

新人の相原にも優しく接するが、優しいだけではなく計算高さや、ある種のズル賢さも持つ。

★瀬野省吾(田中圭)薬剤部副部長。

ぶっきらぼうな性格で愛想が無いように見えるが、実は優しく患者思い。みどりに対して冷たい態度を取る事もあるが、心の中ではみどりを認めている。

【アンサングシンデレラ】動画1話から最終回を無料視聴【石原さとみドラマ】まとめ

【アンサングシンデレラ】動画1話から最終回を無料視聴するには、全話一気見したい人はFODプレミアムで、最新話から一週間以内に観たい人は TVerかGYAOで観るのがベストだと思います。

違法アップロードされたサイトなどのリスクを考えると安心して観れるVODサービスを利用した方が後々後悔しないで済むと思います。

\2週間無料トライアル実施中/
無料期間申し込む

フジテレビ系独占配信
2週間以内の解約で0円

コメント

タイトルとURLをコピーしました